2018年11月10日

『DECO GADGET SYSTEM - デコガジェ -』スマホで蘇る「デコゲー」と、その中に見る「DECOの遺伝子」

バンダイナムコエンターテイメントが、2015年4月より企業やクリエイター向けに始めた「カタログIPオープン化プロジェクト」。
過去に発売されたゲームのキャラクターや音楽などを使って、新しいゲームやネットコンテンツを作る、いわゆる二次創作が可能となるプロジェクトで、ナムコ・DECO・ジャレコの39タイトルが解放されている。
ここ数年は、80〜90年代に発売されたゲームが新たに移植・リメイク・再発売されるケースが多く見られるが、これとまた別の方向性で、過去のゲームに触れる機会となっている。

そのプロジェンとによって発売されたゲームの一つが、今回紹介する『デコガジェ』である。

DECO GADGET SYSTEM - デコガジェ -
‎App Store / Google Play

20181110-01.jpg20181110-02.jpg
本作は、iPhoneやAndroidなどの携帯端末向け配信されたアプリ。価格は基本無料で、ゲーム画面に表示される広告や、少額で販売されるキャラクターなどの追加コンテンツが収入源となっている。
内容は、80〜90年代に活躍したゲームメーカー「データイースト」のアーケードゲームをモチーフにしたミニゲーム集で、現在は第1弾『ねこ・ザ・パンチ』のみ遊ぶことができる。
このゲームは、いたるところに「デコゲー」の要素が見える、それが大きな魅力と言える。

デコゲーとは?
データイーストは、「Data East Corporation」の略称「DECO(デコ)」の呼び名で知られるゲームメーカー。DECOが制作したゲーム、中でもアーケードゲームは、やたらと男臭いキャラクターや独特の世界を描いたものが多く、熱烈なファンの間では、その独特さを語る意味で「デコゲー」と呼ばれていた。
その中で、今回の『ねこ・ザ・パンチ』は、1990年にアーケードで発売された『トリオ・ザ・パンチ』がモチーフとなっている。このゲームはキャラクターやゲームの世界が異常とも言えるもので、デコゲーが見せた「独特の世界」を語るタイトルの一つとなっている。

ストアページの情報によると、今後アップデートによってゲームが追加予定とのことで、そのタイトルとして、
  • 羊の工場(トリオ・ザ・パンチ)
  • イライラ・クウガ(空牙)
  • スピンニンジャ(ダークシール)
が挙げられている。
ただし、バンダイナムコの「カタログIPオープン化プロジェクト」によって制作されたゲームは、配信期間が2020年3月までと定められている。つまり、本作もあと1年ほどしか遊ぶことができないので、デコゲー好きならすぐストアページに行ってダウンロードをお勧めする。

これを、デコゲーで使われたセリフを借りて言うならば、

「分かったか!?分かったらさっさと行け!!」

である。

続きを読む...

posted by 司隆 at 21:19 | Comment(0) | Game

2018年10月14日

『Solid Aether』STGで「弾幕を、アートする」

今回紹介するのは、縦スクロールタイプのSTG、中でも、画面いっぱいに撒かれる弾を避けることがメインの、いわゆる「弾幕STG」と呼ばれるゲーム。

Solid Aether
20181014-01.jpg
だがこのゲームで、武器はノーマルショットのみでパワーアップが無い、更にボムも無い。それどころか、プレイヤーも敵もボスもキャラクターは全て四角形のみ、映像はモノクロで、ゲーム中はスコアや残機など情報の表示も一切無し。

20181014-02.jpg
画面に見えるのは、白い背景の中でうごめく四角形のキャラクター達、その「動き」のみで全てを作り出すという、究極なまでにストイックなゲーム。
それだけで作り出されたものはSTGと言えるのか、そこで楽しむ要素はあるのだろうか。

続きを読む...

posted by 司隆 at 19:08 | Comment(0) | Game

2018年09月16日

『Dig Dog』ディグダグ?いえ、違います。「掘り進む」ゲームです

Dig Dog
20180916-00.jpg
タイトルは『Dig Dog(掘る犬)』内容は読んで字のごとく、犬を操作して穴を掘っていくアクションゲームだ。また、このタイトルは80年代のアーケードゲーム『ディグダグ(Dig Dug)』をもじっているようだが、それとは全く異なる。

続きを読む...
タグ:review Dig Dog Steam

posted by 司隆 at 13:27 | Comment(0) | Game

2018年09月02日

『Space Elite Force』プレイして言いたくなる「分かるよ、君はあのSTGが好きだろ!俺も大好きだ!」

私はSTGが好きなので、Steamでもよく購入してプレイするが、海外デベロッパー制作のSTGでは結構、日本のゲーム、中でも特定のメーカーやタイトルに大きな影響を受けたと思われるもの目にする。

例えば『Super Galaxy Squadron EX Turbo』はセイブ開発の『ライデンファイターズ』に、『Redux: Dark Matters』はアイレムの『R-TYPE』、『AngerForce: Reloaded』は『ストライカーズ1945』など彩京のSTG、また『Nandeyanen!?』はPCエンジンの『はなたーかだか』がモチーフなど、各作品の特徴を再現したような作り方が見える。

これらは、私が書いたブログ記事「Steamゲーム紹介『シューティング』」で紹介しているので、詳しくはそちらを読んでいただきたいが、今回紹介するゲームも、特定のゲームから大きな影響を受けたと思われるので、書いてみたい。

Space Elite Force
20180902-05.jpg
宇宙を舞台にした横スクロールSTG。ショットとサブウエポンで敵を破壊していくと、スコアとは別にポイントを取得できて、貯めると武器の購入やパワーアップができる。
プレイ時間は1プレイでクリアなら10分程度。定価は100円と、小規模で軽く遊ぶ程度のボリュームである。

続きを読む...

posted by 司隆 at 11:15 | Comment(0) | Game

2018年08月26日

『Opai Puzzle』発売開始から停止までの経緯と、Steamにおける「負の可能性」

先日、Steam上でこのようなゲームが配信され、少し騒動とも言える動きを見せていた。その経緯を記すと共に、私が感じた「可能性」について書いてみたいと思う。

Opai Puzzle
20180826-01.jpg
タイトルの『Opai Puzzle』は、日本語の「おっぱい」の意味と思われるが「Oppai」ではない。単なる間違いか、意図的かは不明だが、ここから想像できるように「性的な絵を見ることが目的のパズルゲーム」と考えていいと思う。
発売日は「2018年6月19日」となっているが、ユーザーによるレビューや掲示板の書き込み時期などから、実質の発売は8月中旬。デベロッパー・パブリッシャーは「OPai Game」だが、ゲームでは中国語のメッセージが表示される。価格は定価205円、発売当初はセールで123円と低価格だった。

このゲームに限らず、Steamで「hentai」のキーワードで検索すると、同様の趣旨と思われるゲームが大量に表示される。このようなゲームを低価格で入手できることは、ある種の魅力とも言えるが、『Opai Puzzle』はその中でも少し特殊な経緯を見せていた。

続きを読む...
タグ:Steam Opai Puzzle

posted by 司隆 at 09:24 | Comment(0) | Game