2017年01月04日

『GUNTAI』に思う「アート」と「アート的な魅力」

人間の感情を、たとえば喜怒哀楽の中で「怒り」を、絵で表現したとする。

人が怒っている表情をそのまま絵で表現するだけでなく、口や目をを大きくつり上げるなど現実ではあり得ない形で描く人もいる。これがデフォルメで、マンガやアニメでも可能な手法。
でも、それでは表現しきれないと、人間の形に見えないほど崩したり、人間ではなく燃えさかる炎など全く別のものを使う手法や、図形や色だけで表現する人もいる。ここまで抽象的に描かれるとアートの領域。

つまり、アートとは人間の認識にとらわれず、むしろその概念を外して人の感覚に直接訴えかける、「見えないものを魅せようとする」もの。だから一見訳が分からなくても「よく分からないけど面白い」「何か凄い」って思えるものに出会うこともあるし、そこから作者は何の意図を持っているかを探る。
これは人によっては考え方が違うと思うが、それがアートの味わい方で楽しみ方だと思っている。

スマートフォン向けに配信されているゲーム『GUNTAI』は、そんなアートの考えを持ったものとして紹介する。

20170104-01.jpg
GUNTAI(公式サイト)
tha ltd.(制作元)

『GUNTAI』レビュー 無限に続く荒野を「手軽に深く」飛ぶ鳥になる
(AUTOMATON)

昨年11月に掲載されたAUTOMATONのレビューは私が執筆させてもらったが、ここでは映像・操作・プレイ感覚で感じ取る、それが「アート的な見せ方」で魅力と言えるが、ゲームとしての難易度が高くて深く味わうことができなくて非常に残念、と書いた。
だが、このゲームが先日バージョンアップされ、「TRANING」「NOVICE」のゲームモード追加など大幅に改善された。前バージョンは「VETERAN」という高難易度モードと位置づけられている。

続きを読む...
タグ:GUNTAI

posted by 司隆 at 17:10 | Comment(0) | Game

2016年12月30日

2016年のゲームについてまとめ

今年ももうあとわずか、という事で、今年1年のまとめを書いてみようと思う。

今年購入したゲームについて

私にとっての2016年ゲームについて振り返ってみたい。
ここで挙げるのは、2016年に「私が入手したゲーム」なので、その以前発売のものも含んでいる。

続きを読む...

posted by 司隆 at 10:04 | Comment(0) | Game

2016年11月19日

iPhone用日本語キーボード作成

iPhoneのキーボードで、私が所有しているのはこれ。

20161119-01.jpg
iPhone、iPadに最適なワイヤレスキーボード E6300(rapoo)

コンパクトな本体やホットキー搭載など、iPhone向けとしての機能が充実したキーボードだが、私がこれを使うときは大きな問題がある。私はワープロを「かな」で入力しているため、英語キーボードを使ったローマ字入力は困難なのだ。
しかし、iOSは設定によって英語キーボードでも日本語かな入力も可能になっている。あとはキートップに日本語かなが書かれていれば、どれを押せばいいのか迷うことなく使用できるはず。

20161119-02.jpg
iOS10の設定方法は、
「設定 → 一般 → キーボード → ハードウェアキーボード(Bluetoothキーボード認識で表示) → 日本語−かな」で「かな入力」を選択する。
ということで、iPhone用日本語キーボードを製作するため、キートップラベルを作成してみた。

続きを読む...
タグ:iPhone

posted by 司隆 at 10:33 | Comment(0) | Computer

2016年10月23日

Nintendo Switchに見る「任天堂らしさ」

先日、10/20に初公開された任天堂の新型ゲーム機『Nintendo Switch』。


Nintendo Switch(任天堂公式サイト)

任天堂,「NX」こと次世代ゲーム機「Nintendo Switch」を
2017年3月に発売
(4Gamer.net)

任天堂だけに、発表されてからあらゆるゲーム系サイトで話題となったが、現在出ている情報は、このニュースサイトで書かれていることと、任天堂公式プロモーション映像くらい。

これについて、私個人が初めて見た素直な第一印象は、ワクワクした。今回はそれについて書いてみようと思う。

続きを読む...

posted by 司隆 at 12:59 | Comment(0) | Game

2016年10月01日

『TIME LOCKER』で実感した、ゲームを「人が繋げる」こと

この度、ビデオゲームWebメディア『AUTOMATON』にて、スマートフォンで楽しめるシューティングゲーム『TIME LOCKER』のレビュー記事を執筆いたしました。

20161001-02.jpg
『TIME LOCKER』レビュー
指一本で味わう、シューティングゲームの「手応え」
(AUTOMATON)

TIME LOCKER - Shooter Game(公式サイト)

画像は、何枚か制作していたタイトル候補の一つ。
スマートフォン向けに制作された、画面のスライドのみで操作するスクロールSTG。現在はiPhoneなどiOS端末のみ対応している。
ゲームの概要についてはそちらを参照ということで、こちらでは私自身のエピソードというか、このゲームに触れたきっかけや感じたことを書いてみたい。

続きを読む...

posted by 司隆 at 20:16 | Comment(0) | Game