2016年07月18日

foobar2000・音楽ファイルのタグ編集

Windows用のオーディオプレイヤーとしてフリーで配信され、長年にわたって定評のあるソフト、「foobar2000」

foobar2000(海外公式サイト)
foobar2000 Wiki(日本語版Wiki・日本語科や基本操作の情報など)

外観や機能の追加などカスタマイズが自由で、全て無料で楽しめる反面、海外製で基本的に英語であることや、最初はカスタマイズの方法などで戸惑うことも多い。

20160717-01.png
私のfoobar2000レイアウト。アルバムリストとジャケット画像をウィンドウ内に表示するコンポーネントを使用。
リストはフォルダツリーをそのまま表示している。

そのカスタマイズの中でもタグ情報、音楽ファイルに登録されている曲タイトルなどの編集についても高い機能を持っているが、これで自分なりに見つけたことをメモ書き。
この辺のことをネットで探しても、望んでいたものがそのまま掲載されているものが見当たらなかったし、同じことを求めている方への情報として役立てたら幸いということで。

ここでサンプルとして使用するCDは、

20160717-08.jpg
魂斗羅クロニクル Vol.2(EGG MUSIC)

これはコナミを代表するゲームタイトルの一つである「魂斗羅」のシリーズから、アーケードやファミコンなど歴代のタイトルを数多く完全収録した、3枚組という大ボリュームのCDで、
・・・と、これについて熱く語るのは別の機会にするとして、これをPCで録音すると、こんな曲リストになる。

20160717-02.png
これはiTunesでの情報だが、1枚のCDに複数のゲームタイトルが収録されているため、タイトルは「ゲームタイトル&曲タイトル」という形になっている。
これを、
  • 曲タイトルからゲームタイトルのみ消去
  • トラックNo.を再ナンバリング
  • ファイル名もトラックNo.&曲タイトルと同じ名前にリネーム
という作業についての手順を書いていく。

続きを読む...
タグ:foobar2000

posted by 司隆 at 12:41 | Comment(0) | Computer

2016年07月16日

『CRIMSON ROOM DECADE』正統派ADVの「正統派すぎた」続編

この記事も含めて、インディーゲームに関する記事のまとめはこちらLink


ゲームの舞台となるのは「密室」、目的は「閉じ込められたその部屋から脱出すること」。
その方法は、
「・・・分からない、探すしかない」

20160716-01.jpg
CRIMSON ROOM DECADE(Steam販売ページ)

クリムゾン・ルーム公式サイト

2004年にインターネットで公開されて人気を博し、その後ゲーム機などにも移植されるなど、「脱出アドベンチャー」というジャンルを定着するきっかけとも言えるゲーム「クリムゾンルーム」。
その続編がSteamで配信された。

ゲームの操作は主にマウスで、画面上のオブジェクトにカーソルを合わせてクリックしていくと、引き出しを開けたり何かを取るなど行動する。それらを使って謎を解き明かし、部屋から脱出するのがゲームの目的。
制限時間はなく、アクションやリアルタイムの要素も皆無なので、じっくりと時間をかけて楽しむことができる。

続きを読む...

posted by 司隆 at 22:30 | Comment(0) | Game

2016年07月02日

Steam豆知識 3・音楽が演奏されない不具合について

この記事も含めて、Steamに関するまとめはこちらLink


インディー系のゲームを購入していると、特定のゲームに限ってある不具合が起こっていた。それは、

ゲームの効果音は鳴るが音楽だけ鳴らない

というもので、具体的なタイトルは、

Super Galaxy Squadron EX
Circa Infinity
TeraBlaster

など。
私が使用しているPC、Windows8〜10にアップグレードしたものでこの現象が起こり、他のPC、Windows7〜10アップのマシンでは全く問題がない。

音楽だったら原因はPCのサウンド周りだろうと、サウンドのドライバーを入れ直したり、別のサウンドユニットを導入するなど対策を取ってみたが全く効果無し。原因を探るために各ゲームのコミュニティやネットを探していたが、そのような情報が全くない。
だが、Steamでゲームを購入していくと全く同じ現象も増えていくため、先日、再度調べてみた。

続きを読む...
タグ:Steam

posted by 司隆 at 22:17 | Comment(0) | Game

2016年06月10日

『ケツノアナ』 インパクトの先に見える「野望」、それはプレイヤーに届いたか

この記事も含めて、インディーズゲームに関するまとめはこちらLink


ゲームで、初めて画面を見た時やプレイした時に強いインパクトがあると、それが印象に残ることやハマるきっかけになることもあるが、このゲームは、画面より前にタイトルを見た時点で強烈なインパクトを受ける。

20160610-01.jpg

Ke-Tsu-No-Ana(Steam販売ページ)

ゲームタイトルは「ケツノアナ」。一度聞いたら絶対忘れないようなタイトルだが、れっきとしたスクロールタイプのシューティングゲーム(以下STG)で、作者のTwitterアカウントによると、1人で制作されているとのこと。

20160610-03.jpg
画面はクォータービューと呼ばれる斜め上から見下ろしたタイプの映像、過去のタイトルで言えばビューポイントを思わせる。
これによってキャラクターや動きを立体的に見せることが特徴の1つとなっているが、ゲームの中でも、地上からせり上がって姿を見せるボスキャラなど、それを活かした動きがある。

ステージ1では岩や遺跡のようなものが見えるが、そこに次々と現れる敵はメカが中心で、攻撃は主に「弾」による。自機を狙って撃ち込んでくるもの、放射状や扇状、1本の帯のように連なったものなどは「雷電」シリーズを彷彿とする。
そんな映像とプレイ感覚に、極めて硬派なSTGという印象を受ける。

20160610-05.jpg
だが、タイトル画面で一瞬見える手の形、ゲーム画面の所々に描かれている菊のようなマーク、また高次面のボスなどで、タイトルの「ケツノアナ」から連想されるようなデザインも見られる。
硬派な中に下ネタのようなものが見え隠れするという、妙な組み合わせとなっている。

続きを読む...

posted by 司隆 at 21:15 | Comment(0) | Game

2016年03月19日

VRで味わいたいのは「リアルではないもの」

今年に入って、VR(バーチャル・リアリティ)を謳ったデバイスの発表や、早いものでは今月から発売されるなど、続々と市場に投入されようとしている。

20160319-01.jpg
画像転載元:PlayStation VR

主なものとして、Oculus社が開発したPC向けデバイス『Oculus Rift』、HTCとValveの2社で共同開発されたSteam対応『Vive』、ソニーが発売するPS4用周辺機器『PlayStation VR』などで、ヘッドマウントディスプレイによる3D映像と、ヘッドフォンやスピーカーによる音響効果で、まるでゲームの世界や映像の中を実際に動き回っているような体験ができるというもの。

本体価格として、Oculus RiftとViveは10万円以上(日本で購入の場合)に対して、PS VRはPS4専用ながら5万円を切るなど、発売前から各社の戦略が見受けられる。

このVRについて私が思うのは、純粋に楽しみ。
今までIMAXシアターなど劇場でしか体験できなかった、背景などが目の前まで来るような3D映像を自宅で体験できるのは実に面白いと思うし、発売されてすぐ購入とまではいかないだろうが、一度は体験したいと思っている。

でも、私が楽しみにしているのはその「3Dによる迫力ある体験」だけではなく、こういうものも味わってみたい。

続きを読む...

posted by 司隆 at 20:22 | Comment(0) | Art