2018年09月16日

『Dig Dog』ディグダグ?いえ、違います。「掘り進む」ゲームです

Dig Dog
20180916-00.jpg
タイトルは『Dig Dog(掘る犬)』内容は読んで字のごとく、犬を操作して穴を掘っていくアクションゲームだ。また、このタイトルは80年代のアーケードゲーム『ディグダグ(Dig Dug)』をもじっているようだが、それとは全く異なる。

続きを読む...
タグ:review Dig Dog Steam

posted by 司隆 at 13:27 | Comment(0) | Game

2018年09月02日

『Space Elite Force』プレイして言いたくなる「分かるよ、君はあのSTGが好きだろ!俺も大好きだ!」

私はSTGが好きなので、Steamでもよく購入してプレイするが、海外デベロッパー制作のSTGでは結構、日本のゲーム、中でも特定のメーカーやタイトルに大きな影響を受けたと思われるもの目にする。

例えば『Super Galaxy Squadron EX Turbo』はセイブ開発の『ライデンファイターズ』に、『Redux: Dark Matters』はアイレムの『R-TYPE』、『AngerForce: Reloaded』は『ストライカーズ1945』など彩京のSTG、また『Nandeyanen!?』はPCエンジンの『はなたーかだか』がモチーフなど、各作品の特徴を再現したような作り方が見える。

これらは、私が書いたブログ記事「Steamゲーム紹介『シューティング』」で紹介しているので、詳しくはそちらを読んでいただきたいが、今回紹介するゲームも、特定のゲームから大きな影響を受けたと思われるので、書いてみたい。

Space Elite Force
20180902-05.jpg
宇宙を舞台にした横スクロールSTG。ショットとサブウエポンで敵を破壊していくと、スコアとは別にポイントを取得できて、貯めると武器の購入やパワーアップができる。
プレイ時間は1プレイでクリアなら10分程度。定価は100円と、小規模で軽く遊ぶ程度のボリュームである。

続きを読む...

posted by 司隆 at 11:15 | Comment(0) | Game

2018年08月26日

『Opai Puzzle』発売開始から停止までの経緯と、Steamにおける「負の可能性」

先日、Steam上でこのようなゲームが配信され、少し騒動とも言える動きを見せていた。その経緯を記すと共に、私が感じた「可能性」について書いてみたいと思う。

Opai Puzzle
20180826-01.jpg
タイトルの『Opai Puzzle』は、日本語の「おっぱい」の意味と思われるが「Oppai」ではない。単なる間違いか、意図的かは不明だが、ここから想像できるように「性的な絵を見ることが目的のパズルゲーム」と考えていいと思う。
発売日は「2018年6月19日」となっているが、ユーザーによるレビューや掲示板の書き込み時期などから、実質の発売は8月中旬。デベロッパー・パブリッシャーは「OPai Game」だが、ゲームでは中国語のメッセージが表示される。価格は定価205円、発売当初はセールで123円と低価格だった。

このゲームに限らず、Steamで「hentai」のキーワードで検索すると、同様の趣旨と思われるゲームが大量に表示される。このようなゲームを低価格で入手できることは、ある種の魅力とも言えるが、『Opai Puzzle』はその中でも少し特殊な経緯を見せていた。

続きを読む...
タグ:Steam Opai Puzzle

posted by 司隆 at 09:24 | Comment(0) | Game

2018年08月18日

『NEO NEO』「数秒の快感」を得る、全方位STG

NEO NEO
20180818_02.jpg
フラットデザインの映像で繰り広げられる、見下ろし視点の全方位STG。
このゲームは『Hotline Miami』や『Super Hexagon』の影響を受けたとのことで、映像や音楽による演出、そして敵をショットで次々と破壊していく感覚は、それらのゲームを連想する。
プレイ時間は数秒〜1分程度、短い時間で、演出と破壊の快感を味わうことができる。

続きを読む...
タグ:NEO NEO review Steam

posted by 司隆 at 14:38 | Comment(0) | Game

2018年08月15日

『Mission:Demolition』破壊と高難易度のマゾゲー

Mission: Demolition
20180815_01.jpg
サイドビュータイプの2DアクションSTG。
プレイヤーはステージ中で手に入れるマシンガンやショットガン、ライフルなどを手にして敵を破壊しながら突き進んでいく。武器は一度に2つまで所持できるので、マシンガン2ヶやショットガンと組み合わせるなどすれば攻撃力が上がる。

20180815_02.jpg
スクリーンショットだけではキャラが小さくて地味な印象を受けるが、破壊の演出はとにかく派手で、ドラム缶を撃てば爆発して火の粉が飛び散る。それが敵に当たれば燃え上がる、別のドラム缶に触れたら更に爆発して火の粉が飛び散る。
撃て!壊せ!焼け!ヒャッハー!、などと、破壊の快感を楽しめる。

続きを読む...

posted by 司隆 at 18:01 | Comment(0) | Game