2014年01月11日

EmEditor・URLデコード&エンコードマクロ

 この記事も含めて、まとめはこちらLink


 過去に書いた、Emeditor用マクロ

EmEditor・URLデコードマクロ
EmEditor・URLデコードマクロ改良版

 で、URL文字のデコードをするものを書いたが、デコードだけではなくエンコードも1つのマクロでできるように、言わば、
「デコード←→エンコードのトグル」
をするマクロを作ってみた。
 マクロを実行でカーソル行の文字1列全てを変換するが、デコードかエンコードかは自動判別する。

続きを読む...




posted by 司隆 at 21:09 | Comment(0) | Computer

Emeditorマクロ・論理行の移動

 この記事も含めて、まとめはこちらLink

 Emeditorのマクロについて、ちょっとした小技。
 マクロを使ってカーソルを上下に移動したい場合、
document.selection.LineUp(false,1);    // カーソルを下に移動
document.selection.LineDown(false,1); // カーソルを下に移動
 の命令があるが、これは「表示上の行」の移動なので、画面上で折り返された行も含めた「論理行の移動」を行いたい場合はうまくいかない。
 今の所、Emeditorのマクロで論理行の移動を行うコマンドは無いので、一工夫してみる。

続きを読む...
タグ:EmEditor

posted by 司隆 at 11:46 | Comment(0) | Computer

2014年01月01日

2014年で30周年

 この記事も含めて、まとめはこちらLink


 さて、年が明けて2014年になったが、私は毎年、年明け早々にこんな事を書いている。

2012年で30周年
2013年で30周年・ハード編
2013年で30周年・ソフト編

 今からちょうど30年前の80年代前半は、8ビットPCやアーケードゲームの全盛期でもあるし、ちょうど私がゲームやパソコンに熱中し始めた時期という思い出もあるため、それをまとめていた。
 それを今年もやってみようと思う。

続きを読む...
タグ:retropc

posted by 司隆 at 17:03 | Comment(0) | Computer

2013年11月14日

EmEditorマクロ・brタグ挿入のリスト

 先の記事で書いた、行末にbrタグを付けるマクロのプログラムリスト。
 解説はこちら。
EmEditorマクロ・html文書にbrタグ挿入

 この記事も含めて、まとめはこちらLink

続きを読む...
タグ:EmEditor

posted by 司隆 at 21:07 | Comment(0) | Computer

EmEditorマクロ・html文書にbrタグ挿入

 この記事も含めて、まとめはこちらLink

 私はブログを書く時にhtml形式の書式をよく使うが、この場合、改行は全て<br />タグを挿入しないといけない。
 手動でbrタグを入れる時は、EmEditorでこのようなマクロを使えばいい。
// <br />タグ挿入
document.selection.Text="<br />\n";
 これをマイマクロで登録して、「Shift+Enter」など好きなキーボードに割り当てればOK。
 また、文書内の改行を一度に全てbrタグにしたい場合は、
// 行末の改行を<br />タグに変換
document.selection.Replace( "\\n" , "<br />\\n"
    , eeReplaceAll | eeFindReplaceRegExp );
 戻すには、
// 行末の<br />タグを全削除
if ( document.selection.IsEmpty ) { // 範囲指定が無い場合
    document.selection.SelectAll(); // 全て選択
}
document.selection.Replace( "<br />\\n" , "\\n"
    , eeReplaceSelOnly | eeFindReplaceRegExp | eeReplaceAll );
 でいいが、この場合、htmlタグなどにも余計なbrタグが付いてしまう。
 そこで、タグ以外のものだけにbrタグを付ける方法は無いか、1行ずつ見ようと思ったら、<pre>などで複数行にまたがるものは上手くいかない、うーむ・・・。

 と考えて、方法として、

「一度全ての改行に<br />タグを挿入して、対応タグがある範囲だけ<br />を削除」

 という方法ならできそうだなと思い、作ってみた。

続きを読む...
タグ:EmEditor

posted by 司隆 at 21:03 | Comment(0) | Computer

2013年09月25日

iPhone用・Twitter送信専用アプリ

 先日から、iPhone用ツイッタークライアントを探していた。今現在でも様々なものがあるが、私が特に欲しかったのは「投稿専用アプリ」。
 タイムラインを表示する事なく、文書を書いて送信するだけ。素早く軽快に投稿出来るものが欲しかった。

 と言う事で、私がネットやApp Storeで探して見つけたものを掲載。「有料」と書かれているもの以外は、現時点では無料。

続きを読む...
タグ:iPhone twitter

posted by 司隆 at 21:32 | Comment(0) | Computer

2013年05月06日

DPC-100プログラム・Sound Balancer

 この記事も含めて、まとめはこちらLink


 ずっと仕事が忙しくて余裕が無かったが、久し振りに、iPhoneのポケコンアプリ、DPC-100用のプログラムを作った。
 今回は、モチーフにしたゲームがある。2006年に任天堂から発売された、ゲームボーイアドバンス用ソフト。

Soundvoyager
(リンク先はサウンドが鳴るので注意)

 シンプルでゲームの原点をテーマに作られた、bit Generationsシリーズの一つで、Soundvoyagerは、音を頼りにするゲーム。
 ヘッドホン必須で、左右の音のバランスで位置をつかんで攻略していくという、実験的な試みだった。

 こう言う、思い切った試みは好きなので、私も音を頼りにするゲームをDPC-100で作ってみた。
 タイトルもこれをモチーフとして「Sound Balancer」とでも。

20130506-01.jpg

 起動画面。

 ゲームの内容を簡単に言うと、「iPhone本体を傾けて水平器を動かし、見えないターゲットに合わせるゲーム」。
 ターゲットは左右に勝手に動いたり停止するが、位置は自分との差を「音」でつかむしかない。
 音が高くなると「ターゲットが右に移動した」というサインなので、本体を右に傾ける。低いと左に傾ける。

続きを読む...
タグ:DPC-100 iPhone

posted by 司隆 at 10:48 | Comment(0) | Computer

2013年03月16日

EmEditorからTwitterへの投稿マクロ

 この記事も含めて、まとめはこちらLink


 Windows用のエディタ、Emeditor用のマクロとして以前、ネット検索マクロ改良版Linkを書いたが、更にその改良版として、Twitterに投稿するものを作ってみた。

 Twitterでは、次のURL
https://twitter.com/intent/tweet/
にアクセスすれば入力欄を出せるが、そのURLに文字を入れて、

https://twitter.com/intent/tweet?text=【ツイートする文字】

にアクセスすれば、入力欄に文字が入った状態になるので、エディタなどからでも転送可能になる。
 ただし、タグの指定文字「#」などはURLにそのまま送れず、コードに変換しないといけない。

 例えば、
空牙・狼牙・骸牙 #deco
 の文字を送信したい場合、URLは、
https://twitter.com/intent/tweet?text=空牙・狼牙・骸牙 %23deco
 Firefoxなどのブラウザでは、URLに漢字を入れると自動でエンコードしてくれのでこれでもいいが、本来は、
https://twitter.com/intent/tweet?text=%E7%A9%BA%E7%89%99%E3%83%BB%E7%8B%BC%E7%89%99%E3%83%BB%E9%AA%B8%E7%89%99%20%23deco
 ここまで必要。
 と言う事で、EmEditorから、このエンコードまでしてTwitterに送信するマクロを作ってみた。

続きを読む...
タグ:twitter EmEditor

posted by 司隆 at 20:40 | Comment(0) | Computer

2013年02月24日

DPC-100・加速度センサーの検証

 この記事も含めて、まとめはこちらLink


 iPhoneのポケコンアプリ、DPC-100用のプログラムで、先ほど書いた金庫破りゲームLinkは、iPhoneのコンパス機能を使って本体を回転する操作をしていた。
 でも別の方法、加速度センサーを使ったものを検証してみた。自分用メモ書きとして書いてみる。

 DPC-100には、本体の傾きを検知する命令「ACCEL()」があるが、これによってX(横)、Y(縦)、Z(表裏)共に-1〜1の浮動小数で取得される。
 これを利用すると、
110 WHILE 1
120 X=ACCEL(0)*180
140 Y=ACCEL(1)*180
160 PRINTF("%d %d ",X,Y)
170 WEND
 このプログラムで、iPhoneの画面を垂直に立てて、DPC-100の画面を0度として、右回りに回した数値は、

20130224-06.jpg

本体0゜90゜180゜270゜
X-18001800
Y0-1800180

 Xは0度から増加、180度から減少。Yは90度から増加、270度から減少する。
 これを、本体の回転に対して、0〜360の数値として取得したい場合、0〜179度ではXの数値を、180〜359までは(360-X)の数値を取得。180度以上か以下かは、Yの数値で判別すればいい。

続きを読む...
タグ:iPhone DPC-100

posted by 司隆 at 17:35 | Comment(0) | Computer

DPC-100プログラム・金庫破りゲーム

 この記事も含めて、まとめはこちらLink


 iPhoneのポケコンアプリ、DPC-100のバージョンアップで、今度はLEDライトが使えるようになった。
 これで、iPhoneの制御を自由に簡単にできるアプリの一つになった気がする。

 そこで、早速LEDライトを使ってゲームを作ってみた。
 タイトルとしては金庫破りゲーム。泥棒になった気分で、金庫のダイヤルを回して開けようという、本当のお遊び。

20130224-01.jpg20130224-02.jpg

 起動すると、コンパスの機能を安定させるために3秒待ってもらうが、新バージョンでは「RUN...」と出るようになったんだな。
 その後、矢印と数字が出る。

20130224-03.jpg

 ここでは、iPhone本体を金庫のダイヤルと見立てて、その方向に回すとダイヤルが動く。その角度は数値で表示。
 回す時、本体は水平でも垂直でも同様に回す事が可能。

続きを読む...
タグ:DPC-100 iPhone

posted by 司隆 at 10:59 | Comment(2) | Computer
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。