2014年08月05日

3DファンタジーゾーンIIダブル・ゲームに見える「最大限の形」

 私の思う「面白い」は、新しいものや過去のものに関係なく、何かが見える事にあるのだろうか。
 そんな事を実感したゲーム。

20140805-01.jpg
3D ファンタジーゾーンIIダブル
(セガ 3D復刻プロジェクト)

 2012年から続いている、セガのゲームを3DSの立体映像で復刻するプロジェクトの最新作が、今回もニンテンドーeショップのダウンロード配信の形で出た。

続きを読む...

posted by 司隆 at 09:14 | Comment(0) | Game

2014年08月02日

PC-8801mkII添付ゲーム:ザ・マウス

 これも含めたレトロPCの記事について、まとめはこちらLink


 先日、私が過去に所有していたパソコン、PC-8801mkIIの添付ゲームについて書いていたが、

PC-8801mkII添付ゲーム・ジャングルアドベンチャー

20140802-10.png
 今回は、ジャングルアドベンチャーと共に入っていた、「ザ・マウス」について書いてみようと思う。

続きを読む...

posted by 司隆 at 09:57 | Comment(0) | Game

2014年07月22日

ミコとアケミのジャングルアドベンチャーについて

 これも含めたレトロPCの記事について、まとめはこちらLink


 先の記事で書いた、PC-8801mkII付属のゲームで、ジャングルアドベンチャーについて。

PC-8801mkII添付ゲーム・ジャングルアドベンチャー

 このゲームは、システムソフトから1984年に発売されたアドベンチャーゲーム「ミコとアケミのジャングルアドベンチャー」と関連が強く、ここから映像などの一部が使用されている。
 そこでこのゲームについて、調べたり聞いた情報をまとめてみた。

続きを読む...
タグ:PC-8801 retropc

posted by 司隆 at 10:38 | Comment(0) | Game

PC-8801mkII添付ゲーム:ジャングルアドベンチャー

 これも含めたレトロPCの記事について、まとめはこちらLink


 1980年代、パソコンでは8ビットの機種が主流だった時代だが、この時に私が所有していた機種が、PC-8801mkII。
 1985年に発売されたSR以前の機種で、速度もサウンド機能も遙かに乏しいものだったが、それだけに、mkIIユーザーしか知られていないものもある。

 その一つが、本体添付ディスク。
 当時のパソコンは、BASICなど基本システムとして使用できるソフトがディスクなどの媒体で付属されていたが、その中にゲームも添付されていた。PC-8801mkIIに付いていたゲームはこれ。

20140722-07.png
 1枚のディスクに簡易的な2本のゲーム、アドベンチャーとしての「ジャングルアドベンチャー」、アクションである「ザ・マウス」。
 その2本のうち、今回はジャングルアドベンチャーについて。

続きを読む...

posted by 司隆 at 10:32 | Comment(2) | Game

2014年06月18日

パズルトピアの音楽について

 これも含めて、記事を一覧にまとたものはこちらLink


 先の記事で、パズルトピアについて書いてみたが、

パズルトピアに見える「パズル」の魅力

 こちらの記事では、ゲームのプレイだけでは見えない部分について、私が調べた事をまとめてみる。

続きを読む...

posted by 司隆 at 19:08 | Comment(2) | Game

パズルトピアに見える「パズル」の魅力

 これも含めて、記事を一覧にまとたものはこちらLink


 先日、倉庫に眠っていたものを引っ張り出してきた。

20140618-01.jpg
 これは、システムソフト(現在のシステムソフト・アルファー)より1990年に発売された、16ビットパソコン(発売当時)であるPC-9801用のゲーム、「芦ヶ原伸之のパズルトピア」。

 私が当時遊んでから20年以上になるが、現在のWindows環境でも、手持ちのフロッピーをデータとして吸い出しているので、エミュレータ上でプレイする事ができる。
 そして今回、このゲームについて改めて書いてみたくなったので、通しプレイや色々と調べていた。
 という事で、紹介とレビューの形として書いてみたいと思う。

続きを読む...

posted by 司隆 at 19:05 | Comment(0) | Game

2014年06月12日

【ネタバレ】The Floor is Jelly・ラストの隠しメッセージについて

 先日からプレイして日記にも書いていた、Steamのインディーズゲーム、「The Floor is Jelly」。

The Floor is Jelly(公式ページ・海外)
私のブログ記事(2014/6/7の日記)

 このゲームで気になっていた事について、調べた結果を書いてるけど、タイトル通り、この先はネタバレを含んでいるので、まだクリアしていない方はご注意を。

続きを読む...

posted by 司隆 at 10:42 | Comment(0) | Game

2014年06月07日

The Floor is Jelly・インディーズだからこそ味わえるもの

 ここでは、私のインディーズゲームに対する考えを書いている。
 言ってみれば、その考えがあったから楽しめたゲーム。

20140607-01.jpg
The Floor is Jelly(公式ページ・海外)
Ian Snyder: site15(制作者ページ・海外)

Steam販売ページ:The Floor is Jelly

 インディーズゲームのタイトルとして、現在Steamで配信中のゲーム。

続きを読む...

posted by 司隆 at 11:00 | Comment(0) | Game

2014年06月06日

Antichamber・「騙される」事から見えるもの

20140606-01.jpg
20140606-02.jpg
「行き止まりで進めない」「階段を上れば上の階に行ける」
 そう考えた時点で進む事はできない。

 全てを疑え、そこからゲームは始まる。


20140606-03.png
Antichamber(公式サイト:海外)
Steam販売ページ:Antichamber

 2013年にSteamで配信開始されたゲーム。
 海外でインディーズゲーム、個人・小規模の制作チームや会社によって作られるゲームにのコンテストで、数多くの賞を受賞した作品。

続きを読む...

posted by 司隆 at 12:53 | Comment(0) | Game

2014年05月29日

Ballpoint Universe - Infinite・アート風の絵の中で見えたのものは

 今まで見なかったものに触れた時、思う。
 実は、今まで見なかったのではなく、求めてなかったのでは?

20140529-01.jpg
Ballpoint Universe - Infinite(日本語版公式ページ)
Steam販売ページ:Ballpoint Universe - Infinite

Arachnid Games(制作元:海外)
架け橋ゲームズ(日本語ローカライズ担当元)

 本作品は、2013年にインディーズ系のタイトルとして発売され、海外のインディーズタイトルに関する賞を受賞するなど評価されたゲーム。

 実は私も、昨年末にSteamで購入していたのだが、セリフが英語のため、進めても内容が理解できず、途中でやめていた。
 しかし、今年の3月頃、架け橋ゲームズによる日本語翻訳版のアップデートがあり、そのおかげでゲーム再開、クリアまで進める事ができた。

続きを読む...

posted by 司隆 at 17:04 | Comment(0) | Game