2017年10月22日

Steam豆知識 4・Steamコントローラー設定「4・8方向操作」編

この記事も含めて、Steamに関するまとめはこちらLink


Steamでゲームをプレイする時、ゲームパッドのアナログレバーでアクションやSTGなど4方向・8方向操作を行うと、レバーの角度が少しずれただけで意図としない方向に動くなど、操作が困難になることがある。
ゲームによっては設定でレバー調整ができたり、操作しやすいデジタル入力のパッドやアーケードスティックを使う方法もあるが、Steamクライアントに装備されている「コントローラー設定」で、ある程度解決することもできる。
そこで今回、アナログレバーで4方向・8方向操作をする場合の設定について、書いていきたいと思う。

ここで紹介するゲームは、先日発売されたばかりのアクションゲーム『平安京エイリアン』。
80年代アーケードゲームのリメイクで、オリジナルを大胆にアレンジして爽快なアクションゲームとして復活した、・・・と、レビューはまた次の機会に書くとして、アナログレバーでは角で勝手に曲がるなどの誤操作があるので、このゲームでのコントローラー設定を紹介する。

続きを読む...
タグ:Steam

posted by 司隆 at 10:22 | Comment(0) | Game

2017年10月09日

「Wiiウェア」サービス終了前に紹介・タイトル12本

先日、任天堂よりこんなお知らせがあった。

「Wiiショッピングチャンネル」終了のお知らせ(任天堂サポートより)

2006年12月に開始した、インターネット上でWiiのゲーム・アプリを購入できるサービス「Wiiショッピングチャンネル」が2019年に終了するとのこと。今から1年以上先だが、それ以降はダウンロード専用タイトル「Wiiウェア」と、過去のゲームを楽しめる「バーチャルコンソール」は購入や再ダウンロードが不可となる。

当時、ゲームのダウンロード配信サービスはXbox360やPS3でも行われていたが、Wiiは本体の記憶容量の関係で、他機種に比べて小さな規模のゲームしか制作できない事情があった。その分、簡潔なものや短時間で気軽に楽しめるゲームも多く、それがWiiウェアの特徴だったと思う。

私はすでに購入済のゲームを全てダウンロードしているが、この機会に、私が所有しているWiiウェアを計12本紹介しようと思う。
入手できなくなる前に何か買っておきたいという方は、ご参考まで。

続きを読む...
タグ:Wii

posted by 司隆 at 18:54 | Comment(0) | Game

2017年09月24日

『AngerForce: Reloaded』中国デベロッパーが描いた「日本の90年代STG」とは

20170925-01.jpg
Steamで配信されているタイトル『AngerForce: Reloaded』は、中国のデベロッパーが制作したスクロールタイプのシューティングゲーム(以下STG)で、2014年にスマートフォン向けに配信されていた『AngerForce - Strikers』をPC向けに改良したものである。
公式サイトによると「90年代の日本のアーケードSTGから大きな影響を受けた」とのことで、中国から見た日本のSTGとはどんなものか?と思いつつ購入したが、確かに、ゲームシステムやステージ構成など、それを感じさせるものが随所に見られる。

そこで、ゲーム内容を説明しながら、影響を受けたという「90年代のアーケードSTG」とは何だったについて、探ってみたいと思う。

続きを読む...

posted by 司隆 at 19:28 | Comment(0) | Game

2017年09月06日

最終アップデートで振り返る、私にとっての『TimeLocker』

20170906-01.jpg
シューティングゲーム(以下STG)に「時間を止める」という特殊なシステムを組み込んだ『TIME LOCKER - Shooter Game』。スマートフォン向けとして2016年の発売開始以来、約1年以上にわたってバージョンアップや新キャラクターの追加など進化を続けていたが、先日、制作者のotsuka氏より、8/31のアップデートを最後にするとの発表があった。



『TimeLocker』は私にとっっても、発売当初から楽しませてもらったゲームであり、この作品を通じて、作者のotsuka氏をはじめとして繋がりを持った方もいる。そんな思い出のゲームだけに、一つの区切りとして、ゲームに対する思いをレビュー形式で書いてみたいと思う。

続きを読む...

posted by 司隆 at 20:25 | Comment(0) | Game

2017年08月27日

FPS超初心者が『Borderlands2』をクリアできた理由

20170827-01.jpg
Steamで発売されるゲームの中で、数多いジャンルの一つに「FPS」がある。
私がFPSとして初めて本格的にプレイしたのは『Borderlands 2』だが、それまではプレイしたことないというより、下手でまともにゲームを進めることができなかった。
そんな私が、最終的にこのゲームをクリアするまでの経緯について。

続きを読む...
タグ:FPS Borderlands2

posted by 司隆 at 11:35 | Comment(0) | Game

2017年08月20日

Steamゲーム「パズル」お勧め10選

20170820-00.jpg
Steamのゲームで数多いジャンルの一つに「パズル」がある。中でも、時間などの制限がなく、時間をかけてじっくりと楽しめる、純粋なパズルも多い。
でも、Steamの「パズル」タグで検索しても、パズル要素を含んだだけのゲームも数多くヒットするので、純粋なパズルを見つけるのは困難だ。
そこで、私がプレイした中で面白いと思うパズルゲームを紹介していこうと思う。

続きを読む...
タグ:Steam

posted by 司隆 at 16:52 | Comment(0) | Game

2017年07月17日

Steamゲーム「メトロイドヴァニア」お勧めタイトル12選

20170717-00.jpg
アクションゲームの中で、俗に「メトロイドヴァニア」と呼ばれるジャンルがある。
これは、1986年に発売されたゲーム『メトロイド』と、1997年に発売された『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』(海外名『Castlevania: Symphony of the Night』)から名付けられた俗語で、これらのシステムを持ったゲームを指す。

基本的には、広大なマップの中で敵を倒したりアイテムを入手することでパワーアップして、行動範囲を広げながらクリアを目指すというスタイル。マップの至るところに仕掛けられた通路やアイテムなどを見つける「探索」と、それを装備するたびにプレイヤーの性能が強化されていく「成長」、マップを広げることでゲームの規模や全貌が見えてくる「進行」を実感できることが魅力だ。

Steamでも、「メトロイドヴァニア」タグで検索すれば、数多くのタイトルを見つけることができるので、これらを含めて、私がSteam上で面白いと思うメトロイドヴァニアのタイトルを紹介していきたいと思う。

ここでは、私の思いつくままに記事を増やしていくつもりで、最終的には20本越えの予定だが、実現するかは私の体力次第。

続きを読む...
タグ:Steam

posted by 司隆 at 15:38 | Comment(0) | Game

2017年06月11日

STGと性は融合できるのか?

20170611-01.jpg
先日、Steamで入手したインディーゲーム『Dragonia』をプレイして、ちょっと考えさせられたので書いてみる。

20170611-02.jpg
プレイヤーはドラゴンの化身である少女を操作して敵と戦う、全方位STG。戦闘中に取得する「ソウル」と呼ばれるポイントを貯め、武器の装備や強化しながら進んでいく。
各ステージに出現するボスを倒せばクリアとなり、ビジュアルシーンによるドラマが展開されるが、そこで映し出される映像はすべて、少女の性行為。つまりこれは、R-18指定のいわゆる「エロゲー」だ。
これはもともと、同人ゲームを扱う「DLsite」でダウンロード発売されている(リンク先はR-18指定)タイトル。Steam版は海外パブリッシャーからの販売で、DLsite版より価格は安いが、日本語に公式対応していない、ビジュアルシーンで陰部が隠されているなどの違いがある。

20170611-03.jpg
私は今まで、R-18ゲームにほとんど触れたことがなく、中でもSTGのスタイルを取り入れたものは初めて。その感覚で言わせてもらうと、STGとして酷いと言わざるを得ない。

出現する敵は十数種類程度と少ない、ステージを進めても敵や弾がたくさん出るだけで変化に乏しい、ボス戦では攻撃を1回受けただけでライフが極端に減少する、プレイヤーはパワーアップして「ライフ回復」の能力を取得すればほとんど無敵など、難易度があまりに極端で大雑把。
ただ、ゲームの目的はあくまで「性行為の映像を見ること」なので、STGとして難易度を上げたりゲーム内容に凝るよりも、サクサク進めるスタイルの方が合うだろう。もっと極端に言えば、ゲームはなくて映像だけ、映像はなくてゲームだけでも成立する。

結局、ゲームと映像の関連は乏しく、無理に合わせているだけのように思える。そもそもSTGとエロは全く関連がないものか、ゲームとして融合はできないのか?などと思った。

続きを読む...

posted by 司隆 at 09:56 | Comment(0) | Game

2017年03月11日

GPD Win使用レポート

20170311-01.jpg
これは、Windows10搭載の小型PC『GPD Win』。
中国のメーカー、GPD(GamePad Digital)社が開発したもので、3DS LLとほぼ同じ大きさの本体にキーボードやパッドなどが収められているという、ゲームプレイに特化したPC。
これさえあれば、いつでもどこでもPCゲームが楽しめるということで、発売当初からPCゲーマーの間では話題になっていた。

日本ではAmazonでも購入可能だが、私は4万円台で入手できる赤札天国を利用した。

GPD社 GPD Win公式ページ
赤札天国 GPD Win販売ページ

そこで使用レポートを、中でも、実際にゲームをプレイする上でのことを書いてみたいと思う。

続きを読む...
タグ:GPD WIN Steam

posted by 司隆 at 18:18 | Comment(0) | Game

2017年01月04日

『GUNTAI』に思う「アート」と「アート的な魅力」

人間の感情を、たとえば喜怒哀楽の中で「怒り」を、絵で表現したとする。

人が怒っている表情をそのまま絵で表現するだけでなく、口や目をを大きくつり上げるなど現実ではあり得ない形で描く人もいる。これがデフォルメで、マンガやアニメでも可能な手法。
でも、それでは表現しきれないと、人間の形に見えないほど崩したり、人間ではなく燃えさかる炎など全く別のものを使う手法や、図形や色だけで表現する人もいる。ここまで抽象的に描かれるとアートの領域。

つまり、アートとは人間の認識にとらわれず、むしろその概念を外して人の感覚に直接訴えかける、「見えないものを魅せようとする」もの。だから一見訳が分からなくても「よく分からないけど面白い」「何か凄い」って思えるものに出会うこともあるし、そこから作者は何の意図を持っているかを探る。
これは人によっては考え方が違うと思うが、それがアートの味わい方で楽しみ方だと思っている。

スマートフォン向けに配信されているゲーム『GUNTAI』は、そんなアートの考えを持ったものとして紹介する。

20170104-01.jpg
GUNTAI(公式サイト)
tha ltd.(制作元)

『GUNTAI』レビュー 無限に続く荒野を「手軽に深く」飛ぶ鳥になる
(AUTOMATON)

昨年11月に掲載されたAUTOMATONのレビューは私が執筆させてもらったが、ここでは映像・操作・プレイ感覚で感じ取る、それが「アート的な見せ方」で魅力と言えるが、ゲームとしての難易度が高くて深く味わうことができなくて非常に残念、と書いた。
だが、このゲームが先日バージョンアップされ、「TRANING」「NOVICE」のゲームモード追加など大幅に改善された。前バージョンは「VETERAN」という高難易度モードと位置づけられている。

続きを読む...
タグ:GUNTAI

posted by 司隆 at 17:10 | Comment(0) | Game