2005年10月30日

アンダーディフィート初プレイ

 昨日日本橋に行って、新世界のゲーセンで「アンダーディフィート」が入荷されていたので、プレイした。

 最近の弾幕型とはやはり全然違うなというのが第一印象で、オプションと撃つ方向をいかにコントロールするかというのが重要になっているようだ。
 敵の攻撃は、「弾の間をすり抜ける」というより、「弾をどう誘導するか」が重要になっているなと思った。というか、なんか当たり判定がちょっと大きいようで、細かい弾除けがしにくかった。

 音楽も、なかなか耳に残るようなメロディで、さすが細江氏の作曲だけのことはあるなという感じ。

 というのが、とりあえず数回プレイして、2面ボスまで行ったところでの感想。

 総合的には、続けてやっていきたいと純粋に思った。雷電であったり、このゲームであったり、最近は数少ないが、正統派でやり応えのあるシューティングが出てくれるのはうれしい。




posted by 司隆 at 12:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | Game
この記事へのコメント
マイミクありがとです。
僕もレトロゲーム好きです。
シューティングは苦手ですが。
これからよろしく。
Posted by よう at 2005年11月03日 00:04
どうも、あちらでもよろしくです。
Posted by 司 隆 at 2005年11月03日 12:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。