2005年09月23日

ATOKその後

 先日のブログでATOKについて書いたが、あれから使い込んでみたり、IME2003と使い比べていた。

 確かに、変換についてはATOKの方が細かく、自分好みに設定できるのだが、ATOKの製品版は7000円ほどするし、変換のちょっとした好みだけのために7000円も出すかってなったら、考えてしまった。それに、会社のパソは当然MS-IMEだし、あんまりATOKに慣れると、混乱する可能性もあった。
 もっと「こんなに変換結果が違うのか!」と、劇的な違いがあれば買うのだけど、そこまでは行かなかった。まあ結局、これがVJEなどの日本語変換ソフトが無くなってしまった原因なんだろうけど。

 そんなわけで、結局ATOK体験版はアンインストールし、IME2003を使っている。




posted by 司隆 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Computer
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。