2007年08月26日

コロコロ伝説Vol.3

 昨日、コロコロコミックの復刊「熱血!!コロコロ伝説」のVol.3が発売されていたので、購入。

20070826a.jpg

 私がコロコロを読んでいたのは80年代前半、ちょうどVol.1〜3までなので、これを買うのはここまでにするつもり。

 この復刻を見てて思うことがある。それは、小学生だった当時「スゲーかっこいい」とか思いながら見ていたマンガは、今見ると、こんな子供っぽい(小学生向きとでも言うか)絵だったのか、ということ。
 自分の記憶の中で美化されていると言うべきか。

 でも同じ時期、小学生だった当時やったゲームは、今改めてやっても熱いわけで。ちょうどナムコ黄金期のゲームとか、むしろ今やるから熱いのかもしれない。

 記憶の中だから光っているもの、今改めて見るからこそ光るものってあるのだなと、ふと思った。

 などと、今回はしみじみと書いてみた。




posted by 司隆 at 10:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | Book / Comic
この記事へのコメント
お久しぶりです。以前はどうも。って今入院中なんですね。
コロコロですが、子供がVol.2を買ってました。家に帰ると「ゲームセンターあらし」がころがってるのでびっくり。思わず第一話を読みましたが、なぜだかそれ以上は読む気が失せました。
当時はでっかい画面でギャラクシャンしたかったのですが、年取って、あまりの荒唐無稽さに感情移入できなくなっちゃったかも。
Posted by ぱぱろぐです at 2007年08月30日 16:12
ぱぱろぐさん
どうも、お久しぶりです。今PCで書いて、携帯でアップしています。

あらしの、あのでっかい画面のギャラクシアンは、私も当時やりたいと思いましたw
でもあれを攻略するために自分をぶら下げるとか、ああいう無茶な展開も、当時小学生だったから受け入れられたのですかね。

まさに記憶の中だからこそ、と言えるのかな。
Posted by 司 隆 at 2007年08月30日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。