2007年07月09日

スーパーコンピューターを20万円で創る

 軽く読める本が欲しいなあと本屋を探していたら、興味のあるタイトルがあったので購入と共に、読み終わったら、自分にとってかなり面白かったので紹介。

スーパーコンピューターを20万円で創る (集英社新書 395G)
「スーパーコンピューターを20万円で創る」
(伊藤 智義 著/集英社)

 この本はタイトル通り、スーパーコンピューターを開発費20万円で創ってしまったという人達の話。

 スーパーコンピューターは通常、1ヶ月のリース代が約1億円と言われているのだが、ここに出て来るのはそれと同じものではなく、用途を完全に限定して、その計算速度がスーパーコンピューター並みということ。
 その用途とは「天体の重力に関する計算」、つまり、天文学の計算機。
 それでも開発費20万円は驚異的と、業界では当時話題になったと共に、このコンピューターの名称「GRAPE」の技術は今も研究が続けられ、進化を続けている。

 ということで、この本ではコンピューターの開発と共に、天文学に関する話が多く出て来るので、両方についてある程度の知識を持っていないと、ちょっと分かりづらいかもしれない。
 と言っても私自身、天文学に関する知識は、少々の本やTV番組を見た程度のものなので、あとは「好きだったら楽しめる」と思う。

 言い換えれば、コンピューターと天文学の両方が好きな人にとっては、たまらない本と言えるだろう。

 読んだ感想としては、全編を通して「宇宙やコンピューターの理論」や「苦労話」を多く語られながら、まだ誰もやったことがない方式で、まさに新しいものを創ることに対する「夢」や「熱意」を見せてくれた。
 その中で、開発メンバーそれぞれのエピソードが盛り込まれているので、開発者達の人物像まで深く見えてくる。

 そんな感じで、ページ数は230ページあまりなので短く読みやすいと共に、読み応えがあるし、熱くなれる本だと思う。


 私はどうも、開発者話というのが好きなようだ。またこういう本を見つけたら読んでみたい。



タグ:review

posted by 司隆 at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | Book / Comic
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「スーパーコンピューターを20万円で創る」伊藤智義 を読んで。
Excerpt: スーパーコンピューターを20万円で創る (集英社新書)伊藤 智義 自然科学系のノンフィクションで、これほどにも面白いと思った本は久しぶりです。 もしも、高校時代や大学1年のときにこの本に出会うことがで..
Weblog: そういうのがいいな、わたしは。
Tracked: 2007-09-12 15:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。