2018年01月14日

Steamゲーム紹介「シューティング」38選

Steamで配信されているゲームの中で、スクロールタイプなどの2Dシューティングゲーム(以下STG)を紹介する。
タイトルは私の独断と偏見、個人的に好きなタイトルのみを挙げているので、取り上げていない有名タイトルも多いのはご容赦願いたい。
また、紹介文とスクリーンショットの大半は、私がTwitterでツイートしたもので、これに加筆修正して掲載している。

もし、この中から1本選べと言われたら、縦スクロールSTG『Super Galaxy Squadron EX Turbo』をお勧めする。

項目別

アーケード等の移植

DARIUSBURST Chronicle Saviours
20180114-DARIUSBURST.jpg

80年代からシリーズが続く横STG『ダライアス』の最新作。アーケードはワイド2画面を使用した大型筐体だが、Steam版では1・2モニターどちらでもプレイ可能。
海洋生物をモチーフにしたメカ、巨大なボス、パターン構築による攻略など、シリーズで伝統と言える要素に、新しく「バーストレーザー」という独自のシステムが加わることで、敵の大量破壊やバーストカウンターによる絶大な演出を見せ、ゲームの魅力を引き上げてくれる。

Ikaruga - 斑鳩
20180114-ikaruga.jpg

白と黒の2色を使い分けながら攻撃するという、「色」の概念を持ったゲーム。
攻略には、瞬時の判断と操作、そして繰り返しのプレイで攻撃を覚えるパターン構築が必要になるという、STGの基礎と言える要素が極限まで強調されている。

Crimzon Clover WORLD IGNITION
20180114-crimzon.jpg

オリジナルは同人ゲームで、後にアーケードで発売という経歴を持つゲームで、Steam版はアーケードの移植となる。
画面を埋め尽くす大量の敵と弾を避け、大量にロックオン破壊。力に対するは力のみ、パワーのぶつかり合いで得られる驚異と快感がある。

JUDGEMENT SILVERSWORD - Resurrection -
20180114-SILVERSWORD.jpg

オリジナルは携帯ゲーム機「ワンダースワンカラー」用で2000年に発売、後にXbox360用ゲーム『ESCHATOS』に収録、それをベースにしたのがSteam版となる。
ワンダースワンカラーは解像度など限られた性能しか持っていなかったが、その中でスピーディーな展開や弾幕攻撃などSTGの醍醐味が詰め込まれている。

Shmups Skill Test - シューティング技能検定
20180114-skilltest.jpg

ショットを撃ち込む、弾を避ける、タイミングに合わせてボムを放つなど、STGにおける様々な要素をピックアップしたミニゲーム集。
一つ一つはプレイ時間が1分程度だが、過去のゲームを再現したようなシチュエーションが随所に見られるなど、手軽なようで本質はマニアック。

Strania - 星霜鋼機ストラニア
20180114-strania.jpg

主にSTGを手がけるメーカー、グレフ制作のゲーム。
攻略するには、数種類ある武器を使いこなすことと、敵のパターンを覚えて戦略を構築が不可欠となる。
これらはまさに、80〜90年代STGの要素を引き継いだ「80年代テイスト」である。

Trouble Witches Origin
トラブル☆ウィッチーズ Origin 〜アマルガムの娘たち〜

20180224-witches.jpg

(2018/2/24追加)
オリジナルは同人ゲーム、それを元にしたアーケード版、後に家庭用で発売という経緯を持つ、横スクロールSTG。Steam版は「アーケード版をベースに、ゲーム内容やグラフィックを再調整したもの」とされている。

プレイヤーはショットの他、敵の弾を遅くするなどの効果がある「魔方陣」と、ボムに相当する「武器カード」を使用する。
敵は画面を埋め尽くすような弾幕攻撃を仕掛けてくるので、撃って避けるだけでは突破が極めて困難となる。そこで、3種類の武器をいかに使いこなすか、道中のショップでどの武器を選択するなどのポイントを探り出せるか、それらを含めた戦略とパターン構築が重視される。

横スクロール・クォータービュー

Neko Navy
20180114-NekoNavy.jpg

自機も敵も全てネコ、かわいいキャラが印象的だが、STGとしてはかなり骨太のゲーム。
敵は弾幕攻撃、自機はショットで連続大量破壊など、STGとしての「破壊の快感」が凄まじいおかげで、「なぜネコ?」という疑問を持つ余地がなくなる。

VRITRA COMPLETE EDITION
2018-12-29_vritra.jpg

(2018/12/29追加)
ファンタジーの世界を舞台に、プレイヤーは竜となって戦うゲーム。ショットと溜め撃ち、オプションを使って、画面のあらゆる方向から迫り来る敵を撃つ。
ステージの展開は『サンダーフォース』シリーズ、中でもIIIを思い出すような高速攻撃や一見殺しが多く、プレイヤーの武器や敵の攻撃などで過去のSTGを思い出すシチュエーションが各所に見られるなど、往年のSTGファンにとって嬉しくなる要素が多い。

また、ゲームはストーリーモードの他に2モードある。
一つは、ランダムに生成されるステージを進み続けるエンドレスモード「MUGEN VRITRA」。果てしなく続く闘いの中で、敵の攻撃を受けずにどこまで進みスコアを上げられるか、そんな己の限界に挑戦する。
もう一つは全く逆で、制限時間内でのスコアを競うキャラバンモード「SETSUNA VRITRA」。敵の瞬殺、ターゲットの大量取得、稼ぎ要素を見極めるなど、150秒という限られた時間をギリギリまで使って高得点を狙う、短時間に凝縮されたSTGの極意。

Humans Must Answer
20180114-HumansMustAnswer.jpg

STGでは珍しく、撃つ事(メインショット)に対する制限があるため、最悪は全く撃てなくなって完全に積むなど、爽快感は求められない。
自機をどうパワーアップさせるか、敵をどう倒していくかという戦略を求める、ひたすらストイックなゲームで、他のスクロールSTGと全く違った感覚がある。

Ke-Tsu-No-Ana - ケツノアナ
20180114-K-T-N-A.jpg

強烈なインパクトを持ったタイトルだが、クォータービューと呼ばれる斜め上見下ろし型で、内容はかなり硬派。
過去に当ブログでレビューを書いているが、過去に見られるSTGの要素を一工夫して、独自のシステムを作っているのが面白い。ただし、攻撃が無茶苦茶で活かせていないのが残念である。

Nandeyanen!?
20180114-Nandeyanen.jpg

「なんでやねん」と日本語のタイトルが出てくるが海外産のゲーム。
PCエンジンの「はなたーかだか」をモチーフにしたとのことで、ネタと思っていたが、本気で作り込まれていた。音楽も低音が響いてかなり渋い。

Redux: Dark Matters
20180114-Redux.jpg

『R-TYPE』がモチーフと思われる、オプションと武器を駆使して突破する戦略重視のゲーム。
オリジナルは2012年発売、当時すでに発売終了となっているドリームキャスト用というレアな環境だったが、このPC移植版の配信によって触れることができる。

Sine Mora EX
20180114-SineMora.jpg

敵の攻撃を避けるために「時間を遅らせる」機能を使う、攻撃を受けると残機ではなく時間をロスするなど、STGに「時間」の概念が組み込まれている。
ボスはいきなりレーザーを放つなど、いわゆる「一見殺し」の攻撃が多く、全体的に大味な印象を受けるが、ゲームシステムなど、日本のSTGに対する考え方と根本的に違うところに衝撃を受けた。

REVOLVER360 RE:ACTOR
20180114-REVOLVER360.jpg

赤と青を基調とした映像、敵が次々と迫り来るスピーディーな展開、そして、2D STGに「3D空間」を組み込むという特徴のゲーム。
操作は自機の移動と2種類のショット、そして「視点を変える」ボタンで、3Dの空間を回転させて敵の弾を避ける、敵を1点に集めて瞬殺高得点破壊など、3Dが2D STGの要素を劇的に引き上げる。

Super Chain Crusher Horizon
20180114-scch.jpg

ゲーム画面は3200×800ドットという脅威の映像で描かれるゲーム。でも1モニターでも少し縦長比率でプレイ可能 。
STGとしては撃ちまくりよりも、敵をタイミングを狙って大量破壊という、「狙い撃ち」と「一撃の快感」が備わっている。

縦スクロール・固定画面

Super Galaxy Squadron EX Turbo
20180114-SuperGalaxy.jpg

80〜90年代アーケードを彷彿とするゲーム。2015年に『Super Galaxy Squadron』のタイトルで配信され、2016年にパワーアップして『EX』を追加、2017年は更にパワーアップして『Turbo』が付けられた。
敵の攻撃が激しいが弾幕タイプではない、ライフ制なのでとにかくガンガン突き進んで破壊するなど、徹底して「破壊の爽快感」を追求されていると共に、選べる機体の種類やそのセレクト画面などで、過去のアーケードSTGと全く同じシチュエーションが随所に見られる。
恐らく、制作者は日本のSTGをかなりやり込んでいるマニアと思われる。

MissileDancer
20180604-missiledancer.jpg

(2018/6/4追加)
自機の攻撃はショットとロックオンミサイルのみ、敵も自機を追尾するミサイルと体当たりのみで、レーザーや弾など他の武器は存在しない。シンプルかつストイックだが、連続ロック破壊による爽快感と戦略があるなど、徹底してロックオンとミサイルにこだわったゲーム。
価格も205円と、Steamゲームの定価としては格安とも言える。

また、本作はもともとiOSAndroidで配信されているスマートフォン向けゲームであり、画面のタッチ&スワイプを使った操作が基本となっていた。PC版でもマウスを使って、敵が撃つミサイルの隙間を素早くすり抜けるように避けるなど、独自の楽しみ方が味わえる。
だがコントローラーで操作すれば、誘導弾の軌道を読んですれすれの位置で避ける快感も味わえるなど、様々なスタイルで様々な楽しみ方もできる。

Solid Aether
2018-12-29_solidaether.jpg

(2018/12/29追加)
縦画面の弾幕STG。だが背景は真っ白なので、あくまで「縦スクロールのスタイル」を持ったゲーム。
背景に限らず、映像はモノクロでキャラは全て四角形。ゲームはパワーアップもボムも無し、スコアや残機など情報の表示も無し。キャラの「動き」と敵が撃つ「弾幕」のみで全てを作り出す。
過去に当ブログでレビューを書いているが、「弾幕」以外の要素を徹底的にそぎ落としてミニマム化することで、STGの破壊や弾避けだけを「味わう」ことができる。

I Hate Running Backwards
2018-12-31_backwards.jpg

(2018/12/31追加)
3D見下ろし型縦STG。プレイヤーは画面手前を向いて後ろ向きに走りながら後方に向かって撃つという、他のSTGとは全く逆の概念。
プレイヤーは2種類のショット使い分けて、後ろから迫り来る敵を撃つ、近くに来たらハンマーを振り回して近接攻撃、敵だけでなく周りの建物を破壊するとアイテムをゲットと、撃つ・叩く・破壊・取るの4つ全てを使って進んでいく。かなり忙しいが、それら武器の使い分ける戦略が面白い。

Fire Arrow Plus
2018-12-31_firearrow.jpg

(2018/12/31追加)
画面や音楽などで、『雷龍2』など90年代STGの香りがする。内容は、制限時間内にどこまでスコアを伸ばせるかを競う、いわゆるキャラバンSTG。プレイヤーは広範囲&一極集中という2種類のショットを自在に切り替えながら、画面に出現する敵を次々と破壊していく。

各場面では敵を早く倒すほど、次に出現する敵の数が増えたりボスの姿まで変化して攻撃が激しくなる。つまり、
即行破壊=敵の攻撃力アップ=破壊ターゲット増加=スコアアップ
に繋がる、とにかく「早く!大胆に!攻めろ!」というキャラバンSTGならではのスタイル。

Graze Counter
20180224-graze.jpg

(2018/2/24追加)
自機を敵の弾に近づけることでエネルギーが溜め、「グレイズカウンター」という巨大なレーザーを放つ。ギリギリで避ける「カスり」の緊張感と反撃の爽快感を備えている。

このゲームをプレイして感じたのは「忠実」であること。
敵の撃つ弾を避けてショットとボムで破壊する、溜め撃ちができる、コンボボーナスがある、ステージの道中でスコア稼ぎの場所を設けている、機体は広範囲・前方攻撃の2タイプある等々、STGで定番と言える要素を使って「STGの姿」を忠実に守っている、真面目に作られたSTGという印象を受ける。

Rym 9000
20180224-rym9000.jpg

(2018/2/24追加)
プレイヤーは空間を高速で突き抜けるように進む、敵は最初から猛烈に体当たりしてきたり、不意に後ろから出現して弾を撃ち込んでくるなど、徹底してプレイヤーを殺しにかかる。敵を破壊すると画面が大きく乱れ、一瞬キャラの位置すらも掴めず、バグではないかと思うほど凄まじい映像演出を見せる。そしてバックに流れる音楽はゲーム展開と同期されるように鳴り響く。
攻撃・映像・音楽、全てが「狂気」とも言える、まさに異世界を味わえるゲームだ。

また、ゲームの公式サイトによると、本作は日本のデベロッパー「開発室Pixel」のフリーゲーム『Guxt(ガスト)』にインスパイアされたとのこと。確かに、部分的には同じところも見られるが、これを元にここまで発展したことに驚かされる。

AngerForce: Reloaded
20180114-AngerForce.jpg

中国産のスクロールSTG。制作側いわく「90年代STGの影響を受けた」とのこと。
過去に当ブログでレビュー記事を書いたが、プレイ感覚として、彩京STGがベースと思われるが、90年代STGの中でも『雷電』や東亜STGなどではなく、『サンドスコーピオン』や『アクウギャレット』など、B級マイナーSTGの泥臭さを感じた。

Shoot 1UP
20180114-Shoot1UP.jpg

自機をどんどん1UPさせて「集団で敵を破壊する」というシステムを盛り込んだゲーム。
画面上に出現する大量の自機を使って、フォーメーションを組めば巨大レーザーが撃てる。その反面、敵の攻撃も受けやすくなるなど、大味に見えて意外と「弾避け」と「戦略」が攻略のカギとなる。

Titan Attacks!
20180114-TitanAttacks.jpg

スペースインベーダータイプの固定画面STGで、ゲーム中に取得したお金で武器を購入していくという、パワーアップの要素が盛り込まれている。
武器を強化していくと、中盤当たりから驚異の破壊力となり、パワーでごり押しという爽快感が得られる。

全方位

Geometry Wars: Retro Evolved
20180114-Geometry.jpg

Geometry Wars 3: Dimensions Evolved
20180114-Geometry3.jpg

『Geometry Wars: Retro Evolved』は、フィールド内で次々と出現する敵を破壊していく全方位STG。とにかく延々と戦うのみだが、敵のラッシュ攻撃が定期的に来るなど、常に新しい展開があるので緊張感が途切れない。
それを3D空間にしたものが『Geometry Wars 3』だ。平面のフィールドが立体となり、パイプやボックスなどの形で繋がるため、敵が1周して背後から襲ってくるなど、まさに「全方位死角無し」。
また、この間に2作目『Geometry Wars Evolved 2』が存在するが、Xbox360のみの発売でSteamでは未配信となっている。

Assault Android Cactus
2018-12-29_cactus.jpg

(2018/12/29追加)
フィールド上に出現する敵を倒していく全方位STG。1画面の中で敵や障害物が次々と出現してめまぐるしく変化していくステージ、大量に出現する敵をショットで大量破壊する極限の爽快感、プレイを続けると様々なキャラクターがアンロックされるやり込み要素などが魅力。

各ステージでは、次々と出現する敵を確実に「破壊」する、追いかける敵をうまく「誘導」して逃げ道を確保する、そして「タイミング」を見極めて攻め込む、これが攻略のカギ。

THOTH
2018-12-29_thoth.jpg

(2018/12/29追加)
図形のみというシンプルな映像で展開される、固定画面全方位STG。
フィールド上にいる全ての敵に一定数ショットを撃ち込めばクリアと、ルールは至ってシンプルだが、撃った敵も消滅せずに追いかけてくる、ステージごとに様々なシチュエーションのトラップが待ち受けるなど、1画面という狭い空間で味わうスリルがある。

NEO NEO
2018-12-31_neoneo.jpg

(2018/12/31追加)
めまぐるしく移り変わる映像と音楽の中で銃撃戦を繰り広げる、縦スクロールタイプの全方位STG。当ブログでレビュー記事を書いているので、詳しくはそちらを参照。

マウスカーソルで照準を合わせて敵を撃つ「狙撃」の感覚と、敵の撃った弾が近づくと画面がスローモーションになってギリギリで避ける「瞬間のスリル」、数秒のプレイ時間の中でこの2要素が連続で来る。
まさに「一瞬で味わう快感」がある。

LUFTRAUSERS
20180114-luftrausers.jpg

海上を舞台にした、ドット絵とモノクロ映像が特徴のゲーム。
操作は8方向ではなく、左右回転と速度アップのみで、慣れないうちは「難しくて面白さが分からない」という印象を受ける。でも、この操作だからこそ「エンジンを停止して慣性で飛行しながら機体を反転させて敵を撃つ」など独自のテクニックが使える。
更に、繰り返しプレイする度に新機体と武器がアンロックされ、それらを組み合わせて好みの機体をカスタマイズすると戦略ががらりと変わる、更に次々と解除されて遊び方が広がる。
ここまで来れば、これはとんでもない「麻薬ゲー」であることが分かる。

TeraBlaster
20180114-TeraBlaster.jpg

単色ドット絵で描かれる、フィールド内で繰り広げられるゲーム。
次々と迫り来る敵をひたすら撃って破壊を続ける、その発射音や破壊音と共に、パッドの振動が響き続ける異常なまでの感覚がある。

Terra Lander
20180114-TerraLander.jpg

見た目から、80年代に発売されたアーケードゲーム『ルナランダー』をモチーフとしていると思われるが、ゲーム内容は全く違い、敵を破壊しながら着地点を目指す全方位STGとなっている。
ゲーム中は、バックにクラシック曲『美しく青きドナウ』が延々と流れて心地良い感覚がある。

Zenzizenzic
20180114-Zenzizenzic.jpg

線画で描かれた映像で繰り広げられるタンクバトル全方位STG。
次々と迫り来る敵と弾幕をかいくぐって破壊する快感と共に、弾の軌道を読んで誘導する戦略性も求められる。

他ジャンルとの融合

Beat Da Beat


敵はBGMのテンポに合わせて出現したり弾を撃ってくるという、音ゲーとSTGの融合。スクリーンショットの代わりにムービーを貼り付けているので、その動きを実感して欲しい。
操作はマウスのみで、マウスカーソルを動かすような微妙な操作で弾幕をかいくぐるスリルがある。

DEEP SPACE WAIFU
20180114-WAIFU.jpg

背景に見える女の子にショットを撃って衣服を脱がせる「脱衣STG」。敵の弾幕をくぐり抜けて衣服がスクロールアウトする前に撃ち込むという、STGと脱衣、破壊欲と性欲の融合。
当ブログでは、このゲームを含めた記事を書いたので、詳しくはそちらを参照。
また続編として「貧乳」の少女に統一した『FLAT JUSTICE VERSION』(意訳:貧乳は正義)も配信されている。
このコンセプトからも、日本の「萌え」に対する制作者の知識と熱意が伝わる。

Ballpoint Universe - Infinite
20180114-Ballpoint.jpg

絵画のような映像の、アクション&横STGのゲーム。両方がほぼ完全に独立しながら融合されたり、STGはマウス操作の方が有利など、独自の要素が強い。
過去に当ブログでレビュー記事を書いたので、詳しくはそちらを参照。
また、開発者インタビュー記事によると、このゲームはPSで発売されたSTG『アインハンダー』から大きな影響を受けたとのこと。

タグ:STG Steam

posted by 司隆 at 14:14 | Comment(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]