2016年12月30日

2016年のゲームについてまとめ

今年ももうあとわずか、という事で、今年1年のまとめを書いてみようと思う。

今年購入したゲームについて

私にとっての2016年ゲームについて振り返ってみたい。
ここで挙げるのは、2016年に「私が入手したゲーム」なので、その以前発売のものも含んでいる。

Steam編
まずは、私にとって主要プラットフォームとも言えるSteamでは、
『INSIDE』は不可解な世界をさまよう不安や恐怖、『ABZU』は深海の世界、『OPUS』は宇宙の中での孤独感、『Hacknet』は自分のPCで広大な世界に挑戦するというネットハッキングの世界など、ゲームによっては言葉を使わない・もしくは巧みに使って背景に壮大なストーリーや世界を実感させる、そこに大きな感動を得る作品を続々と味わうことができた。

アクションでは、『Rabi-Ribi』という探索型としてあまりに壮大な規模という見た目から全く想像できないもの、『SUPERHOT』で「時間を止める」という世界で見せる戦略とギリギリで弾をかわして敵を倒すスリルなど充実していた。

STGでは『ダライアスバーストCS』という、ゲームセンターでの大型筐体で体験した迫力をPCで再び味わえたこと、インディーズで『ケツノアナ』は調整不足や未完成と言える点、さらに露骨な下ネタを含んではいるものの、特徴的なシステムを盛り込んだ野心的な作品だったことなど、それぞれのもので楽しんだ。

総合的に、今年は様々な方向で楽しむことができたと思う。

携帯ゲーム編
実は私、今までスマートフォンのゲームを本格的にプレイすることも、課金も今まで全くしたことがなかったが、今年は初めて楽しむことになった。
Automatonのレビュー記事は私が執筆させていただいたものだが、私が最も充実したと思うゲームはSteamよりもスマホゲーム、というか「どれか1本選べ」と言われたら迷わず『TIME LOCKER』を挙げる。
私にとって『TIME LOCKER』はSTGであり得ないほどの衝撃があった、まさに「革命」で、STG史上に残すべきタイトル。

・・・と、思い入れとしてはそれくらい持っているが、さすがに記事でそこまで書けないのでかなり抑えたという。

他にも、ネットを巧みに使った試みの『ひとりぼっち惑星』、基本はアクションながら、映像・音・操作感覚などで「感じる」ことを主軸にしたアート的な試みの『GUNTAI』など、様々な方向性のものを体験できた。これからはスマホゲームも注目していきたいと思う。

『CHASE』は、3DS対応のハードボイルドADV。過去に『J.B.ハロルドシリーズ』『ウィッシュルーム』などを手がけたスタッフによるもので、当時から見せている「渋さ」を存分に見せながら、ショートストーリーと言えるくらいプレイ時間が短い、まさに「深く軽く」楽しめるものだった。
このゲームはシリーズ化するのではと期待しているが、その後音沙汰がない。また次回作を味わってみたいタイトルである。

レトロ復刻編
新作だけでなく、80〜90年代ゲームの復刻や移植について。
アーケードなどの移植で定評のあるM2が手がけた『バトルガレッガ』は、制作発表からネットで制作側のゲームに対する思いを頻繁に見せていたり、ゲームセンターでのロケテストなどで大きく盛り上げていた。
それが発売されて実際に手にすると、このゲームで売りの一つであるスーパーイージーモードのおかげで今になって1コインクリア、またパッケージ版のプレミアムエディションに込められた、制作側の思いが伝わる数々の内容に感動した。

他にも初代ダライアスという、今はモニターの解像度が当時の3画面を超えたおかげで実現した完全版など、今だからこそできることにも時代を感じると共に、その良さを実感する。

充実しすぎたゲームの年
ということで、Steam、携帯、過去の復刻、どれも素晴らしいものに出会える年だったと思う。
来年はNintendo Switchの発売なども控えているため、また新しいものを見ることができるだろうか。そんな期待がある。

ライターとしての1年

さて、ゲームとしてかなり長文を書いたが、私にとって大きなことはもう一つ。記事を書くことについて。

昨年秋にAutomatonでライターとしてデビュー、今年はそれを続け、充実させるることが一つの目標だったが、ぶっちゃけ、初っ端からつまづいた。
詳細は控えるが、今年前半は全くうまくいかないだけでなく、文章自体も書けない状態になった。だから目標はとにかく「復帰」で、そのために必死だった。

でも何とか9月、ライターデビュー1年になる直前に復帰できたわけだが、一度失敗してから戻ることも、レビューを書くこと自体も、実行するにはそれなりのエネルギーがいるわけで、今回の復帰は『TIME LOCKER』というゲームからエネルギーをもらったおかげ、と言えると思う。

昨年は一歩踏み出してデビューという前進をした、今年は停滞かむしろ戻った感覚さえあるが、何とかもう一歩進んだ。そして来年はもう一歩、記事を書くペースを上げるなり安定させるなり、進めていきたいと思う。


posted by 司隆 at 10:04 | Comment(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]