2015年12月27日

2015年ゲームまとめ・ほぼSteam

私にとっての2015年まとめ、もう一つはゲームについて。
2015年に遊んだ、今年発売ではないタイトルも含めて書いてみようと思う。

私が今年、特に印象に残ったタイトルは、
実は今年、ゲーム機で買ったのはDestinyの1本とレトロ復刻ゲームのみで、他はすべてSteam、中でも大半はインディーズゲームだった。

そのインディーズの中で、『Dark Echo』の実験的な試み、『Expand』の図形のみで描かれる世界、本当に様々な世界を楽しめた。私はそんな、小規模ながら新しい世界を味わえる、1つ1つの作品に制作者の意思がダイレクトに入っているようなところが面白いと思う。

それが『Plug & Play』のようにシュールな映像集って感じで、制作者の意思がダイレクトすぎるのもあるけど、それがまた面白い。
だから来年も、インディーズを主に買い続けていくと思う。

購入ゲーム集計
また、自分が今までSteamで購入したゲームは、こんな感じでタイトル・購入価格・遊んで面白かったかをExcelに記録している。本数が多くて、実際プレイしたのかすら分からなくなるため。

それを集計した、私の2015年Steam総決算はこちら。

20151227-01.png
バンドル販売に手を出してしまったおかげで、購入数は260本以上、1本の平均額は200円以下という、改めてみると凄い買い方をしてるなと思う。

また、実際にプレイして面白かったかも記録するようにしていた。
バンドルのために重なっているタイトルはカウントしていないので、先の表と数字に若干の違いがあるが、

20151227-02.png
「言語・不可」は言葉が分からないとか、起動やプレイ自体ができないもの。あとは未プレイと、面白かったかを4段階で分けている。
楽しめたゲームだけでも6割以上だが、クリアしたゲームは13本は少ないかも知れないし、未プレイが25本もある。
それでもこの数は、十分すぎるほど楽しんだって感じ。

また、この集計は昨年もやっていたけど、無職だったこの時期に比べて、今年は時間が無いのに本数は増えているという。

でも逆に、これだけ本数が多いおかげで、最初から最後まで味わいきれていないゲームが多いのも事実。多くじっくり味わいたい、それには時間も欲しいってのは、贅沢な悩みかも知れない。
だから来年は、数よりもっと1本を味わうようにするべきだと思う。

タグ:Steam

posted by 司隆 at 21:43 | Comment(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]