2015年10月29日

ライターデビュー

Webでゲーム情報を発信する、ビデオゲームWebメディア『AUTOMATON』にて、記事を執筆しました。

20151029-01.jpg
パズルゲーム『TransPlan』に見えるパズルらしさと、パズルとかけ離れたもの(AUTOMATON)

スマートフォンでも気軽にプレイできるパズルゲームなので、興味を持たれたらご一読ください。
つまりタイトル通り、ゲーム記事のライターとしてデビューすることができました。
今回はそれについて軽く書いてみたいということで。

きっかけは、AUTOMATONのライター募集記事。

【求人】AUTOMATONライター募集、ニュース記事の執筆者求む
(現在はニュース記事ライターのみ募集だが、レビュー記事ライターと共に募集されていた)

ゲームライターはかなり昔、ゲーム雑誌に行きたいと夢見た時期もあったけど、今となっては諦めてたり、でも今はレビューとか書けるし・・・、とか迷いつつ、当たって砕けろのつもりで行ったら採用になったということ。

応募してから、まずレビューを書くことになったけど、
「指定された文字数なら、今までブログで書いた中で、この記事くらいの文量になる。じゃあこういう形で書いていけばいい。期間も1週間ほどでできそう」
というのが書く前から感覚的に分かったし、実際それくらいでできた。だから、記事を書くのは苦ではなく、むしろ楽しみながらできたと思う。

今思えば、このブログでレビュー記事を書いていたのは、無駄なことではなかったと共に、続けていると何かの結果が得られる、でも自分で動かねば得られない。などと思った次第。
また、今回は原稿を作成するに当たって、自分の文章はどう読まれているのかなどが分かったり、色々と得るものがあった。

でも、まだ1回掲載されただけだし、まだ書きたいことは色々とあるので、本当にこれからって感じ。
ということで、また私の記事が掲載された時、興味を持たれたらご一読ください。


余談
AUTOMATON内で私のプロフィール

Takashi Tsukasa | AUTOMATON

自分の顔を帽子で隠す写真を自撮りするのはかなり苦労した。と共に、プロフィール文章の得意ジャンル「スクロールタイプのシューティング」って書いたのは、FPSやTPSではないという意味で、スクロールしないSTGや3D STGも好きですよ!

タグ:Automaton

posted by 司隆 at 16:27 | Comment(0) | Others
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]