2015年09月22日

大阪日本橋「KINACO」で味わうもの

 大阪日本橋に昨年オープンして、当初から話題になっていたゲームセンター、KINACO。


20150922-01.jpg
大阪日本橋・レトロゲームセンター「KINACO」
(2014年10月30日の日記)

 主に80年代のATARIゲーム、しかも全てアップライト型の実機という、これだけ並んでいる店は世界的にも珍しいという店。
 そのオープン日は2014年10月26日、もうすぐ1周年になる。

9月の営業日は6日(日)、20日(日)、21日(月)、22日(火)です。13時からです。20~22日は22時過ぎまでの営業になります。夕方から日替わりでフリープレー台の設置も予定しております。告知遅くなり申し訳御座いません。よろしくお願いいたします。

Posted by ゲームセンター KINACO on 2015年9月2日


 KINACOのオープンは不定期で、毎月ネット上で告知されている。特にこの9月はシルバーウィークで連休のため、10時過ぎまでの営業で、ちょっとしたイベントが行われていた。

20150922-04.jpg
 一部の台をフリープレイと共に、ゲームのスーパープレイを披露したり、みんなが集まってざっくばらんに話したり、軽く楽しもうってノリのもの。

20150922-03.jpg20150922-02.jpg
 私は21日に来店して、故障中が稼働していない台もいくつかあったが、初回のオープン日には動いていなかったスターウォーズ、そして私も初めて見るフードファイトなども稼働していたり、この機会に遠方から来られた方にお会いできたり、色々と楽しませてもらった。

KINACOの「空気」と思い出すもの

20150922-05.jpg
 この店でもはや名物となった、ATARIのネオン。
 KINACOは、私の地元である大阪にあるおかげで、何度か足を運んでいたが、その時や今回のイベントで思っていたこと。

 来店していつも思うのは、正直な話、お客さんは少なく店内は静か。1〜2ヶ月前に来店した時は数名の来客がいたが、みんな私と面識のある方だったとか。
 でもそれは逆に、こぢんまりして静かな雰囲気の中でじっくりゲームが遊べる、音もよく聞こえる、ここでスターウォーズを実に中学生以来久しぶりにプレイして、ああ、こういうのいいなあって思った。

 でもこれって、私にとっては思い出したような感覚。

 小中学生の時によく行っていた、いわゆる「駄菓子屋ゲーセン」。当時は駄菓子屋など本来はゲーム店ではない場所にゲーム台を置いていて、ゲーセンじゃないから音も静かで、そこでみんなとゲームを楽しむ。そこで味わった空気そのものだなって思った。
 しかもそこで遊べるのは、世界的にも珍しいゲームの数々。ここでしかできないものに触れて、少し優越感を覚えてしまう。
 余談だけど、私は中学生の時、ゲームのアップライト筐体が置かれているお好み焼き屋があって、お好み焼きを食いながらゲームしてた思い出もある。

私にとってのKINACO
 ゲームセンターって、楽しむのはゲームだけではなく、その場所というかその場の空気を楽しめるというものがあったと思う。
 KINACOではそれが味わえると共に、今回のようなイベントで人が集まって、ゲーム以外のものや人にも出会える。

 私は今回のイベントでは、見物した程度なので参加と言えないかも知れないが、そんなKINACOは、私にとって理想的で、今となっては数少ない店なんだろうなって思った
 でもそれって、経営的にいいかというと疑問なので、ユーザーのわがままに過ぎないが、そんなものを味わえる場所には、また行きたいと思う。

タグ:KINACO

posted by 司隆 at 08:45 | Comment(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]