2014年11月15日

MZ-700ゲーム・7:PCG添付ゲーム「Mole Attack」

 この記事も含めて、まとめはこちらLink


 さて本日、11月15日と言えば、この日。


 シャープ公式Twitterアカウントで毎年恒例だが、今日はMZ-700の誕生日。
 そこで、私も久しぶりにMZ-700ゲームについて書いてみようと思う。

 私の日記で以前、MZ-700用PCGユニット・PCG-700について書いていたが、

MZ-700用PCGユニット・PCG-700
(2014年9月23日の日記)

20141115-01.jpg
 このユニットに添付されていたカセットテープには、PCGキャラクター制作ツールと共に、サンプルとなるゲームが収録されていた。

20141115-02.png
 それが、モグラ叩きゲーム「Mole Attack」。

Mole Attack(HAL研究所)
20141115-03.png
 ゲーム内容の説明と言っても、「モグラ叩き」だけで終わってしまうくらい知られていると思うが、画面にある9つの穴から出てくるモグラをハンマーで叩いていき、1分という制限時間でのスコアを競う。
 操作は、キーボードで各穴に対応するキーを叩けばハンマーが出る。

20141115-04.png
 ここから、このゲームで少し工夫されている所。モグラは叩いたタイミングによって、1点〜4点と獲得点数に幅がある。
「穴から頭を出す → 上まで出る → また穴に潜る」という動作の中で、低い位置の時、つまり出てきた瞬間か穴に潜る直前まで待って叩いた方が高得点。
 だが中には、背中を向けて出てくるのもいて、それを叩いてしまうと逆に減点。

 また、時間と共に出てくる速度が変化したり、1匹ずつだと思っていたら急にたくさん出てくるなど、出現パターンに変化がある。だから高得点を狙い出せば、モグラが出てくるタイミングと向きをすぐ判断しないといけないという、意外な奥深さがある。

20141115-05.png
 PCGユニットの機能を見せるためのサンプルゲームではあるものの、得点システムやモグラの動きなどが妙に凝っていて、意外とハマる。
 シンプルで遊びやすく、更にハードの性能を見せるという、サンプルにとどまらないというか、HAL研究所って、この時から面白いものを作ってくれたんだなと、これを書くために改めてプレイして、思い返していた。




posted by 司隆 at 19:14 | Comment(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。