2014年10月30日

大阪日本橋・レトロゲームセンター「KINACO」

 10月26日、大阪日本橋に、ゲーマーにとっては凄いゲームセンターがオープンした。
 店名は、「KINACO」

ゲームセンター KINACO(公式Facebook)
@kinacogames (公式Twitter)

 これについては、ネット中継放送をするサイト、Ustreamでの番組「OBSLive」内で特集として紹介されたので、詳しくはその映像で確認して欲しい。


OBSLive 2014/10/25(Ustream)
Kinaco Retro Arcade in Japan(YouTube)

 店内には、日本どころか世界的にもレアなアーケードゲームが数多く置かれるとの事で、ネットではオープン前から話題になっていた。
 私も、先の記事で書いたピンボール専門店「THE SILVER BALL PLANET」と共に、今回も実に興味があったので、オープン日に行ってきた。

店内で驚異のラインナップ

20141030-06.jpg
 店舗入り口には、アタリの蛍光管ネオンも置かれていたり、資料も置かれていたり、ゲーム以外でも様々な形で楽しませてくれる。

20141030-07.jpg
 そして店内。写真に映っているのがフロアの全てで、見ての通り大変狭いが、その中でアタリなど海外のアップライト筐体が十数台ひしめき合う、そのラインナップは本当に壮絶だった。

20141030-08.jpg20141030-09.jpg
20141030-10.jpg20141030-17.jpg
 マーブルマッドネス、ペーパーボーイ、ミサイルコマンド、ピーターパックラットなど、当時日本でも稼働して有名だが、それを全て海外のオリジナルアップライト筐体で設置。中でもこの日は、マーブルマッドネスとディフェンダーがフリープレイだった。

 私も一度はプレイしているが、さすがに全てオリジナルという環境は初めてで、ミサイルコマンドの大きいトラックボールや、ピーターパックラットの操縦桿レバーでの操作は衝撃的だった。

 それにとどまらず、私が更に衝撃を受けたのが、ベクタースキャン、特殊デバイス、そして日本では発売されなかったラインナップの数々。

20141030-12.jpg20141030-13.jpg
 左右に回すローラーとボタンで操作する、メジャーハボック。傾いた状態で取り付いたレバーをロータリーして操作という、「回転させるための入力デバイス」として使われている、720゜。
 特にこの2台はデバイスと共に、筐体デザインもあまりに特徴的で、素晴らしい。

20141030-14.jpg20141030-15.jpg
 トラックボールで回した方向に線を引いて「敵を囲んで倒す」というゲーム、クォンタム。海外のアニメをゲーム化した、ロードランナー(穴を掘るゲームは"Lode Runner(鉱脈の走者)"とスペルも違う)。巨大な操縦桿とボタン操作で月面着陸を行うゲーム、ルナランダーなど。

 これらのゲームが出た時期は、レバーとボタンというスタイルや形状もはっきり決まっていなかったようで、だからこそ本当に自由な発想で作られていたように思う。
 これらは私にとって見た事がない、むしろ新しいという印象さえあった。

古くても実感する「新しさ」

20141030-16.jpg
 夜になると、店頭に置かれていたアタリのネオンが、実にいい雰囲気を見せてくれる。
 その日は、ネットで集まった人達と共に閉店時間までいたが、夕方以降に来店する人も少なくなってから、スタッフやみんなと一緒に、ゲームで盛り上がるなどしていた。

 世界的にもレアなゲームの数々でゲーム大会をやったり、クリアの腕を見せてもらったり、こんな形で楽しめるのは本当にここだけという、何とも言えない楽しさがあった。
 ただ、ちょうどこの時間に来店された方には、ちょっとよろしくなかったかも知れない。盛り上がった中の一人として、若干気になっていた所。

 そんな形で、一日ゲームを楽しんで実感した事。

 私も、80年代のスペースインベーダーからゲームをやっていて、当時のものはたいてい知っていると思っていたけど、本当に見た事がないものや、当時さんざんプレイしたものでさえオリジナルアップライト筐体とコンパネという、全く味わった事のないものばかり。
 今になって、古いゲームで新しいものを味わえた事に対する、驚きと感動があった。

 私個人の考えとして、ゲームは新しいものでも古いものでも、時代に関係なく楽しめると思っているが、それは私に、80年代からの思い出があるからだとも思っていた。
 でも今回、ここでゲームを遊んで、それは思い出と関係なく、楽しいものは楽しい。それを知った事も、自分にとって大きな事だったと思う。




 KINACOは今後、どのような形で続けていくかは決まっていないらしく、不定期のオープン日をネット上で事前告知となる。
 だから、オープン日を確実に知りたい方は、公式FacebookページやTwitterアカウントのフォローをお勧め。

 このようなゲームセンター、古いものや珍しいものを置いているというだけでなく、何か新しいものが味わえる店は、今後も残って欲しい、そして増えて欲しいと思う。


(2014/11/03 追記)
 KINACO 公式Facebookができたので、その情報を追加。

(2014/11/12 追記)
 YouTubeにムービーがアップされたので、その情報を追加。
タグ:KINACO

posted by 司隆 at 21:21 | Comment(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]