2014年10月11日

EmEditorマクロ・ファイル新規作成自動判別

 他のマクロも含めて、まとめはこちらLink


 Emeditorのマクロで、ちょっとした小技だけど、文書を新規で作成するコマンドは、
editor.ExecuteCommandByID(4096);
 だが、これを必要な時、実行時に編集中や特定のファイルを開いている場合だけ新規作成するマクロをまとめてみた。

// ファイル新規作成自動判別
if (document.Name || !document.Saved) // ファイルが存在か更新なら
editor.ExecuteCommandByID(4096); // 新規作成
 現在開いている文書にファイル名がある、もしくは更新されている。
 つまり、「新規作成した無題の状態ではない」場合、新規作成する。

 まあこの場合、判別無しに新規作成でも問題ないけど、無題の状態でもう1つ新規作成するのが嫌だという場合に使える。
 また、次の使い方、指定したファイル名かを判別する方法。

// 指定したファイル名か自動判別
DirName = "【ディレクトリ名】"; // ディレクトリ名を指定
FileName = "【ファイル名】"; // ファイル名を指定

if (document.Name != FileName || // ファイル名違いか、
(!document.Name && !document.Saved)) // 無題かつ編集中なら
editor.ExecuteCommandByID(4096); // 新規作成

document.Save(DirName + FileName); // 指定ファイル名で保存
 リストの【 】の部分に、ディレクトリ名(フルパス)とファイル名を指定しておく。
 現在開いている文書が「指定した名前ではない」か「新規作成した無題の状態ではない」場合は新規作成する。無題の状態なら新規作成せずに指定ファイル名で保存。指定ファイルを開いている場合は上書きとなる。

 簡単なif文だけだが、自動でファイルしたい場合に私が使っている方法。汎用性はあると思う。



タグ:EmEditor

posted by 司隆 at 22:37 | Comment(0) | Computer
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。