2014年09月16日

ロードランナーとは何だったか

 先日、ゲーマーにとって急な訃報が飛び込んできた。

『ロードランナー』の作者Douglas E. Smith氏が死去
(Game*Sparkの記事)

Tozai Games(現在の販売元・海外サイト)

 1980年代、パソコンや家庭用、アーケードに至るまで発売されて大ヒットした名作、ロードランナー。そのオリジナルの製作者、Douglas E. Smith氏が亡くなられたとの事で、現在の販売元である、Tozai Gamesの海外サイトでも、その事が掲載されている。

 私にとって、オリジナルの作者であるスミス氏は、雑誌の記事などで制作エピソード等を読んた程度だし、オリジナルのApple II版は触れた事は無いが、ロードランナーは当時、PC-8801などで熱中してプレイしていた。
 そんな思い出の一つだけに、この訃報を聞いて、30年という時間の流れを実感したというか、寂しいものがあった。

 だから、追悼とか言える事はできないので、私としては、最高に楽しめるゲームを作ってくれて「ありがとう」という感謝の言葉だけを言わせていただきたい。

ロードランナーとは何だったか?

 そこで、ロードランナーについて何か書いてみたいと思ったが、歴史や情報をまとめるより、私らしく、改めて「ロードランナーとは何だったか?」を考えてみようと思い、レビューのような形でまとめてみた。
 実際、このゲームは当時からあまりに有名だけに、わざわざ書く事は今までしなかったので、この機会に。

20140916-02.png
 ロードランナーは、1983年、当時アメリカで人気のあったパソコン、Apple II用のゲームとして、Douglas E. Smith氏が制作、ブローダーバンド社によって発売されて大ヒットしたゲーム。
 同じく1983年以降、日本でもNECのPCシリーズやMSX、またファミリーコンピューターなどのゲーム機、アーケードゲームでも発売されたので、当時パソコンやゲームをやっていれば、このゲームに触れた事があるという方も多いと思う。
 今回、ここで使用している映像は、私が当時プレイしたPC-8801版を使用している。

 ゲーム内容は「敵に捕まらないように、各ステージに置かれた金塊を全て取って脱出する。プレイヤーは移動と共に、穴を掘って敵を落としたり道を切り開く」とシンプル。
20140916-04.png
 アクションパズルゲームと称される事が多いが、アクションとしての要素が高く、パズルとしては、穴をどう掘っていくかを考える部分のみと言っていい。
 そのアクションの要素には、敵に捕まらないように移動する、金塊を取るためのルートを見つける。敵に対しては誘導する、穴に落とす、時間と共に埋まる穴に閉じ込めて倒す、頭上を歩いて渡るなど、様々なものが含まれる。
 特に敵の誘導は、プレイヤーの位置が1キャラずれただけで進む方向が変わるなど、どこに行けば敵が動いてくれるかを見極めないといけない。

 これらの動作を全て「移動」と「掘る」だけの操作でこなしていく。ルールは単純ながら、多彩な動きとアクション、そしてパズルを楽しめる。
 また、パズルだと思って掘っていたら、
20140916-05.png
 意外な所に落とし穴があって騙される事もある。

20140916-03.png
 面構成も、デザインに特化した面を含め、素早く移動して金塊を取る事を重視、敵の誘導重視、パズル重視と、各面で様々な特徴を見せてくれる。
 それが全150面、しかも好きな所からいつでもプレイできる。1面のプレイ時間は短く、回り道や敵の誘導が多くなければ1〜2分でクリアできる。

 シンプルさ、ゲームとしての幅の広さ、150面というボリューム、にもかかわらず手軽に遊べる。これら全ての要素が入っているのが、ロードランナーの魅力と言える。

 でも、シンプルなのは実際の所、当時は限られた事しかできなかったパソコンの性能上、必然的だったのも事実。言わば、そんな時代だったからこそ生まれたゲームだったと思う。
 今回、これを書くために、久しぶりにPC-8801版のロードランナーをじっくりとプレイして、様々なものが込められたこのゲームと、当時のパソコンやゲームとはどんなものだったかなど、改めて実感したり、思い出す事になった。

 そして、私にとってはPC-8801版など、システムソフト製のロードランナーを主にプレイしていたので、それについて、次の記事でまとめた。

システムソフト製ロードランナーについて






posted by 司隆 at 17:12 | Comment(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。