2014年09月01日

無線キーボード用 脱着式マウス台

 私は、パソコンをラックだけではなく、液晶TVに繋いで座椅子に座って、ゲームやオーディオの用途として使う事がある。
 この場合、操作は無線キーボードとマウスが理想的だが、その用途としてこういう、タッチパネル付きのキーボードというのも発売されている。

20140901-01.jpg
Logicool Wireless Touch Keyboard k400

 コンパクトで使いやすいけど、タッチパッドはやはり実際のマウスと操作感覚が違うし、この製品はキーの配置が若干違う(右SHIFTの横にある『\ ろ』が左端にある等)ので、どうも使いにくかった。

 そこで、普通の無線キーボードでもマウスを使いやすくするための、脱着式マウス台を作ってみた。

20140901-02.jpg
Wireless Keyboard K270

 これが、私の所有している無線キーボード。このサイズに合わせて作ったマウス台がこれ。

20140901-04.jpg
 材料は木の板のみ、組み立ては両面テープ貼り付けのみ。その板にマウスパッドやハンドレスト、マウスが転げ落ちないようにゴムで枠なども貼り付けておいた。

20140901-07.jpg
 こいつをキーボードの横から差し込んで、ちょうどテンキー部分が隠れる形で、マウス台とキーボードが一体化すると共に、内側上部の端にも板を貼り付けている。
 これを膝に置いて無線マウスを使ったら、軽く操作する程度なら使いやすいし、差し込むだけの脱着式なので、取り外しも自由。


 という事で、構造の簡単な解説。


20140901-05.jpg
 マウス台を真横から撮影。寸法は、単純にキーボードの幅と高さに合わせている。
 ただの台なのに結構厚めの板を使ってるけど、家に残っていた板切れがこれだったw、と共に、台を持ってキーボードごと持ち上げられるようにするため、少し丈夫な構造にしている。今までいくつか試作をした結果がこの形。

20140901-03.jpg
 そしてキーボードは裏面に板を張り付ける。これは、キーボードの下面は平らにしないと上手く入って固定できないため。

20140901-06.jpg
 差し込むとこんな感じ。
 板がキーを押さないように、端に張り付けた小さい板がキーボードの端を支えるようにした。これでキーボードごと持ち上げても大丈夫。
 このおかげで、無線キーボード&マウスを使う時は、結構重宝している。


 作ってみて思うけど、こんな感じのキーボード脱着式マウス台って、製品としてあってもいいなとは思う。
 キーボードはサイズや形状が様々だけど、取り付ける部分を調整できるようにしたら、かなり広範囲に対応可能になるし、無線キーボード・マウスと台までセットになったものってあったら、また面白いかもしれない。




posted by 司隆 at 20:25 | Comment(0) | Computer
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。