2014年07月22日

PC-8801mkII添付ゲーム:ジャングルアドベンチャー

 これも含めたレトロPCの記事について、まとめはこちらLink


 1980年代、パソコンでは8ビットの機種が主流だった時代だが、この時に私が所有していた機種が、PC-8801mkII。
 1985年に発売されたSR以前の機種で、速度もサウンド機能も遙かに乏しいものだったが、それだけに、mkIIユーザーしか知られていないものもある。

 その一つが、本体添付ディスク。
 当時のパソコンは、BASICなど基本システムとして使用できるソフトがディスクなどの媒体で付属されていたが、その中にゲームも添付されていた。PC-8801mkIIに付いていたゲームはこれ。

20140722-07.png
 1枚のディスクに簡易的な2本のゲーム、アドベンチャーとしての「ジャングルアドベンチャー」、アクションである「ザ・マウス」。
 その2本のうち、今回はジャングルアドベンチャーについて。

20140722-08.png
 アフリカに取り残されてしまった2人の女の子を脱出させるというストーリーのアドベンチャーゲームだが、実際は簡単な迷路ゲーム。

20140722-09.png
 ゲーム中は行ける方角が東西南北で表示され、テンキーでその方向に進むだけ。特定の場所で自動的にイベントが発生し、途中でゲームオーバーもない。
 パソコン添付されている、言わばオマケという存在で、本体を購入して初めて触れるゲームとして手軽なものだった。

ジャングルアドベンチャー攻略

 私がPC-8801mkII本体を購入した時に初めて触れたゲームがこれで、言わば思い出のソフトとなる。
 そこで、これについて書くため、30年経って今更ながら攻略を作ってみた。簡単な迷路なので、マップと通る順番の掲載が全てになる。

1.ジャングル
 ゲームスタートとなる場所。
20140722-11.png20140722-12.png
20140722-01.png
(1)に行くとオウムがいて、ワニの話を聞く。
(2)にワニ。

 オウムに「人間のいる場所なら、ドラゴンのいる山まで行かないといけない」と言われ、ワニに川を渡してもらう。

2.草原
20140722-13.png
20140722-02.png
(1)にライオン。歯磨きセットをもらう。
(2)にゾウ。歯磨きセットをあげるとサイの話を聞く。
スタート地点に戻るとサイ。

 ゾウに「ドラゴンの山だったら砂漠を通らないといけない、サイに連れて行ってもらったらいい」と言われ、サイに送ってもらう。

3.砂漠
20140722-14.png
20140722-03.png
(1)にオアシス。水を入手。
(2)にサソリ。水をあげると毒をもらう。
(3)にコブラ。毒を持っていると降参する。

 コブラに砂漠の外れまで案内してもらう。

4.ジャングル
20140722-15.png
20140722-04.png
(1)に土ブタ。弁当をもらう。
(2)にヒョウ。弁当をあげるとヘビの話を聞く。
(3)にヘビ。リンゴをもらう。
(4)にシカ。

 シカに「ドラゴンの山は行く方向が同じだから道を教える」と、案内してもらう。

5.山脈
20140722-16.png
20140722-05.png
(1)にゴリラ。酒をもらう。
(2)に山ネコ。

 ジャングルでヘビにもらったリンゴを山ネコに食べさせると眠って、ドラゴンの住み家に行ける。

ドラゴンの住み家(イベントのみ)
20140722-17.png20140722-18.png
 住み家に入ると、中が真っ暗になってドラゴンが出現。
 山脈でゴリラにもらった酒をドラゴンに渡すと、酔って出て行く。中は真っ暗な迷路。

6.暗闇
20140722-19.png
20140722-06.png
●にモグラ。

20140722-20.png
 モグラに出会うと、出口に案内してくれてクリア。

手軽な中で改めて

 これらの写真で分かるように、このゲームは映像が数多く(暗闇も含めて計24枚)収録されていて、しかもフロッピーディスクから数秒で読み込んで画面に表示されるのは、当時としてはかなりの描画速度だった。
 その中での攻略は、上記のマップで説明に書いた順番通りに行くだけという、難易度以前にゲームとして本当に簡単。

20140722-21.png
 でも、一つ一つのマップを見ると、ジャングルは4方向に行ける場所ばかり、山脈では直線コースが多い、最後は行き止まりだらけで何も無いなど、迷わせる工夫がある。また発生するイベントも場面に応じて増えるなど、それぞれ特徴を設けていて、見えない所で凝っている事が改めて分かる。

 正直私、最初は「PC-88の添付ゲームについて、思い出回想として書いてみよう。せっかくだからマップも作ってみるか」という軽い気持ちで始めたが、それによって、意外な所を見つける事になった。

20140722-10.jpg
 今回はこれを書くため、実に30年ぶりに方眼紙を使ってマッピングをしていた。当時のアドベンチャーやRPGでは、自分でマップを書く事は楽しみの一つでもあったが、久しぶりの作業も手軽に進める事ができて楽しめた。

 余談だが、私が当時、このソフトに初めて触れた時、紙にマッピングせずに記憶と勘、というか運だけでクリアしたという。今思えば、よく最後は何も無しに出口まで到達できたなと。

 思い出したり懐かしむだけではなく、改めて見える、そして改めて楽しめるものがあった。書く目的で始めると、そんな事も味わえるから楽しい。


 そして、このソフトと関連が強いゲーム「ミコとアケミのジャングルアドベンチャー」について、別の記事にまとめた。

ミコとアケミのジャングルアドベンチャーについて

 自分の思い出を書く目的だったが、実に様々なものを知る事ができた。


(2014/8/2 追記)
 PC-8801mkII添付ゲームで、もう一つの「ザ・マウス」についても書いた。

PC-8801mkII添付ゲーム:ザ・マウス


posted by 司隆 at 10:32 | Comment(2) | Game
この記事へのコメント
なつかしいです!!!
ザマウスと合わせて、昔よく遊んだジャングルアドベンチャーがプレイできないものかと色々調べているうちにたどり着きました。
当時はジャングルアドベンチャーが1人で出来ず、父にお願いしてやってもらっていましたが同じく方眼紙に地図を書いていました。
もうプレイは難しそうですが、画像が見れて、本当に嬉しかったです!
Posted by おぎ at 2016年08月16日 20:14
おぎさん

どうも、初めまして。

このゲームは、私にとっても思い出のゲームでしたが、
ふと思い立って攻略まで作ってしまいました。
楽しんでいただけて何よりです。
Posted by 司 隆 at 2016年08月17日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]