2014年04月28日

Wi-Fi対応SDカード

 先日、デジカメ撮影用に購入したもの。

20140427-01.jpg
ezShare(株式会社テック)

 これは、Wi-Fi対応のSDカード。
 SDカードと同様、デジタルカメラに挿して使用するが、これ自体がWi-Fiの電波を送信しているので、PCやスマートフォンで受信できる。
 いちいちPCのカードリーダーに入れる手間が省けたり、スマートフォンで直接写真を見れるなどのメリットがあるが、Wi-Fiを切るスイッチも付いているので、普通のSDカードとしても使用可能。

 これを出しているメーカーはいくつかあるけど、例えば東芝のFlashAirはスマートフォンなど携帯端末対応のみ、Eye-Fi JapanのEye-Fiカードは携帯端末対応のMobiか、PC対応のPro X2は価格が少し高め。
 その中でezShareはPCで直接受信可能、容量8GBで4000円くらいと手頃だったので購入。

 でも私の場合、先日購入したばかりのデスクトップPCには、無線LAN装置は付いてないので、Wi-Fiアダプターを別に購入。
Logitec 無線LANアダプタ 150Mbps 11n ブラック LAN-W150NU2AB
LAN-W150NU2Aシリーズ(Logitec)

 USB端子に挿すだけで使えて、価格も1000円ほどなので、合計5000円ほどで環境を整える事ができた。

自宅撮影で良さを実感

 PCでの受信方法は簡単、デジカメの電源を入れた状態で、Wi-Fi接続によりPCと接続。ブラウザもしくは株式会社テックのページにある公式アプリで回覧、ダウンロードの形でPCに取り込む事ができる。
20140427-02.jpg20140427-03.jpg
 スマートフォンやタブレットなどでも、ブラウザ・アプリの両方でできるので、対応機種や用途が広く、使いやすい。

 私はこの用途、元々購入した目的として、外出先や携帯端末での受信より、自宅でカメラを三脚に取り付けて撮影する時に使っている。
 今まで、撮影のたびにSDカードをいちいち取り出すか、カメラにケーブル接続でもいちいちPC側で接続処理をしないといけなかったのが、このカードではシャッターを押してすぐPCで写真を確認、再び撮影という作業が実にスムーズにできて、かなり便利。

選定基準は

 ちなみにこのカード、LZeal Information Technologyという中国の会社が制作しているそうで、少々マイナーな存在。
 と共に、PCで簡単に見られるという事は、どうも他メーカーに比べてセキュリティ的に少々甘いようで、他からWi-Fi接続されたら写真を他の人に見られる可能性はあるかもしれない。
 ただ、その時に撮影した数枚の写真を見られる事に問題はあるか?と考えれば、私は全然OKって気持ちで使っている。

 という事で、何よりもまず使いやすさと手頃な価格を求めていれば、このカードを選ぶのもいいと思う。



タグ:ezShare

posted by 司隆 at 08:43 | Comment(0) | Computer
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。