2014年04月06日

3Dファンタジーゾーンに見る「面白さ」

 ゲームセンターに登場してから28年経つこのゲーム。
 だが、様々な意味で「最新」で、様々な形で感じるものがあった。

20140406-06.jpg
3Dファンタジーゾーン オパオパブラザーズ(セガ 3D復刻プロジェクト)
「3Dファンタジーゾーン オパオパブラザーズ」インタビュー(GAME Watch)

 セガの名作ゲームを3DSで再現する、セガ 3D復刻プロジェクトの最新作は、シューティングゲームの名作と言われる、ファンタジーゾーン。
 私がこのゲームをゲームセンターで楽しんだのはもう30年近く前だし、今まで様々な形で家庭用に移植されたものに触れているが、今回は3Dである事、このシリーズならではと言える、様々な追加要素がある事、携帯ゲーム機のダウンロード販売という、ちょうど入院中で、持ち込んでいた3DSで遊べる事などがあったため、今回も配信開始を楽しみにしていた。

懐かしく新しい感覚を味わう

20140406-05.jpg
 3DSのメニューでは、こんな感じでオパオパが3Dの映像で飛び回る、何とも楽しい画面を見せてくれる。

 私は当時、このゲームはやり込んだが上手いわけではなく、ゲームセンターではエンディングを拝む事もできなかった。それを今携帯ゲーム機で、オート連射は付いているが、やはりなかなか慣れなくてクリアはほど遠かった。
 しかし、今回はそれでも続けるうちに道が開けてくる。それが隠し要素の存在。

 このゲームの隠し要素については、GAME Watchのインタビュー記事を参照。
「3D ファンタジーゾーン オパオパブラザーズ」インタビューPart2
3D復刻プロジェクトの次回作は「3D アウトラン」

 出し方など、詳細はこれらの記事参照。この追加要素で連射速度アップ、コインストックが貯まれば武器の時間延長、コインの金額アップなど、続けていくうちに有利になっていく。

 更に全て解除されれば、連射速度レベル3、ゴールドラッシュ、∞ウエポン全てをオンにして、1面の最初から7WAYショットでプレイすると、徹底的に敵を破壊しまくってコインを取りまくる、全くの別世界に変わる。

 続けさえすればクリア可能、更にそれを超える楽しさも待っている。まさか今になって、ほとんど毎日のようにこのゲームで遊ぶ事になるとは思わなかった。
 そんな、今でも夢中にさせる、本当に最新のファンタジーゾーンがそこにあった。

「面白い」って?

 そんな、ゲームとして楽しませてくれる今回の復刻だったが、私がこれに触れてもう一つ感じたのは、ゲーム以外の部分。
 それは、メニュー画面にある「クレジット」の項目。ゲームではなく、このソフトのスタッフ紹介をデモと共に見せてくれるもの。
20140406-10.jpg
 そのデモには、3Dの映像でオパオパを初めとしたゲームのキャラクターやボス達が、音楽と共に飛び交うという数分間の映像で、ゲーム画面では見られない視点の映像やパロディなどもふんだんに盛り込まれていて、楽しませてくれる。

 これを見た時に思った。

 この映像には、ゲームの制作スタッフの遊び心が随所に見え、楽しいものを見せる以前に、スタッフ自身が本当に楽しんで作ってるなという事が伝わってくる。
 先ほどの追加要素と共に、このような遊び心のあるものを徹底して作ってくれる(作る事ができる)。過去の復刻プロジェクトでも見せてくれたが、今回のファンタジーゾーンではそれを超えて、感動すら覚えた。

 この3D復刻プロジェクト、制作元である有限会社エムツーには、代表メッセージにこんな事が書かれている。
代表メッセージ | 有限会社エムツー

ゲームって「面白い」です。
みんな、面白くないのに延々触りませんよね。
でも、「面白い」ってなんだろう?

(中略)

「面白さ至上主義」

M2の屋号を掲げたこの会社は、その為の場なんです。
最後の最後まで「面白いってなんだろう」を考え抜いて、
お客さんを面白がらせ続けられたら本望ですね。
 このゲームには、そんなM2の「面白い」が詰まっているのだろうか。
 私が今回、3Dファンタジーゾーンに触れて、そしてM2で書いている事を読んで、私なりに感じた「面白い」は、

「作り手の『楽しい』が見える事、『楽しませよう』という意思が見える事」

 かなと思った。

 私は作り手では無いけど、楽しくなかったら、相手を楽しませる事なんてできないのでは。
 たった一つのゲームでそこまで考えてしまうのもナニかもしれないが、そんな、意外と忘れていた事を実感したような気がする。




posted by 司隆 at 15:52 | Comment(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。