2014年01月01日

2014年で30周年

 この記事も含めて、まとめはこちらLink


 さて、年が明けて2014年になったが、私は毎年、年明け早々にこんな事を書いている。

2012年で30周年
2013年で30周年・ハード編
2013年で30周年・ソフト編

 今からちょうど30年前の80年代前半は、8ビットPCやアーケードゲームの全盛期でもあるし、ちょうど私がゲームやパソコンに熱中し始めた時期という思い出もあるため、それをまとめていた。
 それを今年もやってみようと思う。

パソコン・パソコンゲーム30周年

1984年発売、今年で30周年となるパソコンは、

  • PC-6001mkIISR、PC-6601SR
  • MZ-1500
  • X1 turbo
  • FM-77、FM-NEW7
  • MB-S1
  • マッキントッシュ
  • IBM PC/AT

パソコンゲームでは、

  • サラダの国のトマト姫
  • ザ・デストラップ
  • 新竹取物語
  • サザンクロス
  • タイムシークレット
  • テラ4001
  • オホーツクに消ゆ
  • ニュートロン
  • ハイドライド(PC-88版)
  • ザ・ブラックオニキス

 この辺は、8ビット全盛期から16ビットが入りつつあり、ゲームはアドベンチャーの名作が続々と発売されながらRPGも出始めた、まさに節目の年と言えるだろうか。

 また、レトロPC関係で重要な事の一つ、

 マイコンBASICマガジン 1984年2月号の付録「スーパーソフトマガジン」誌上で、山下章氏による「チャレンジ・アドベンチャー・ゲーム」第1回 マイクロキャビンのドリームランドが掲載。
 つまり、チャレアベも2014年で30周年。

アーケードゲーム30周年

アーケードゲームでは、

  • ナムコ:ドラゴンバスター、ギャプラス、グロブダー、パックランド、ドルアーガの塔
  • セガ:フリッキー
  • タイトー:影の伝説
  • コナミ:サーカスチャーリー、新入社員とおるくん、ロードファイター
  • カプコン:バルガス、ソンソン、1942
  • ジャレコ:フォーメーションZ
  • データイースト:B-ウイング、サンダーストーム、ザビガ、空手道
  • テーカン:ボンジャック、スターフォース
  • アイレム:スパルタンX
  • アタリ:マーブルマッドネス、ペーパーボーイ
  • UPL:忍者くん・魔城の冒険

 タイトルは私の好みや思い出に残っているものを選んだ。
 ナムコ、コナミ、テクモ(当時はテーカン)、アタリ、アイレムなどから名作と言えるゲームが数多く発売されると共に、カプコンのアーケードゲーム初参入の年。
 あと、アーケードではないが、テトリスがロシアで製品として発売されたのも1984年(日本は1988年)なので、これも30周年。

 この辺は、私がネット当時調べたものと自分の記憶を便りに書いているので、間違いがあればご指摘を。


 最後に、これを元日にTwitterで書いていたので、該当ツイートも掲載。





タグ:retropc

posted by 司隆 at 17:03 | Comment(0) | Computer
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。