2013年12月02日

今年は「失」の年

 気が付いたらもう師走。

 毎年この時期に1年を振り返る日記を書いているが、今年は、思い出す事が苦痛なくらい辛くて酷い年。

 一言で言うと、私は、どんなに必死に死にもの狂いで努力しても、最後は全て無駄に終わる事がはっきりした年だった。必死だったのは主に、仕事と持病の治療だったが、そのどちらも。
 よく言われる1文字で表せば、私は「失」だろうか、全てを失った。

 来年は、このあまりに酷い状態を終わりにしたい。
 終わらせる手段としては、仕事復帰か、体長改善か。それ以外に、生きる事を終わらせるのも一つとして否定しない。


posted by 司隆 at 16:30 | Comment(0) | Others
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]