2013年11月21日

スクウェアPCゲームに触れる・3:アルファ

この記事も含めて、まとめはこちらLink


 スクウェアのアドベンチャーゲーム、ザ・デストラップはオーソドックスな形式と驚異的なボリューム、Willは短いシナリオとルート探索という謎解きを見せてくれた。
 その後で出したこのゲームは、あまりにはっきりしていた。前2作で見せた変化とその方向性を。

 先日から書いている、スクウェア CLASSIC PC-GAME COLLECTIONに収録されている、スクウェアのアドベンチャーゲーム第3弾。

α 〜アルファ〜
20131010-06.png
 SFの世界を舞台としたアドベンチャーゲーム。
 ストーリーは、惑星アルファへ飛び立った宇宙船「ダイダロス」で、自分は何者か、なぜここにいるのかも全く知らないという記憶喪失の少女クリスが主人公の物語。

 コマンドは日本語のみ、短いシナリオや限られた場面での謎解きなど、基本的にはWillのシステムを引き継いでいる。

20131121-02.png20131121-01.jpg
 特徴のひとつは、Willの時から更にパワーアップしたアニメーション。
 レーザーガンを撃つ場面など更に動きが大きく場面も増え、またパッケージイラストに当時から人気のあったアニメーター、いのまたむつみ氏を起用するなど、アニメーションを意識した作りとなっていた。

20131121-06.png20131121-05.png
 更に、Willで新しい要素だった、各場面で特定のコマンドを入力すると出てくる「隠れキャラ」も、今回はほとんどの場面で出てくるなど、数も増えているという。
 どうでもいいが、右の画面、今や巨大企業になったスクウェアが、今や世界一と言われる企業からクレームが来ないかと思える1枚。

 また、特徴というのも何だが、話題になっている事の一つ。

20131121-03.png20131121-04.png
 ゲーム中、何度かポリスロボットが出てきて捕まえられる場面があるが、捕まった時は丸裸で吊されるという、衝撃的な場面でもある。
 しかもこれによって持ち物は全て没収。そのため、クリアのためにはアイテムをいつ取るべきか、いつ脱がされ・・・、もとい、捕まるべきかを考えないといけない。

ハマりと迷路のゲーム

 ただしこのゲーム、当時でもゲーマーからの評価は決していいものではなく、私も今回改めてプレイして、感じた事を書いてみようと思う。

 このゲームには「ハマり」が多く存在する。ゲームに熱中する意味ではなく、「行き詰まる」という事。
 前述通り、途中でロボットに捕まると持ち物を全て没収されるが、中には特定の道具を所有していないと突破できない場面もあるため、これによって二度と手に入らなくなって完全にクリア不可能な状態に陥いる事も多い。

 おかげで、避けるためにはどのルートを辿るかを探さなくてはならない。セーブ機能を上手く利用したり、行き詰まってもゲームのシナリオが短いのでやり直すのもさほど苦ではないが、アルファはこのような「迷路ゲーム」が主になっていた。

発展と進化は

20131121-07.png
 ザ・デストラップでは、場面ごとに突破する方法を見つけるコマンド探し、Willではコマンドとルート探しが主だったが、アルファは更にルート探しがメインとして位置づけられていた。
 前作からの発展だが、初期の「アドベンチャーゲーム」と呼ばれる形式からどんどん離れていったのも事実。

 アルファは、アニメーションなどの技術面やシステムを「発展」させた形だったが、ゲームとして「進化」ではなかった。評価の低さはここにあったと思う。

 ただ、私は当時、このゲームをクリアまでプレイして楽しんだ。迷路なら迷路として出口を延々探して、ハマるトラップがあるのならセーブを利用しながらプレイすればいい、当時はそれがゲームという認識でプレイしていた。
 だから私としては、楽しむ意味では十分なゲームだったと思う。

アルファの思い出

 さてここからは、私当時プレイした時の、個人的な思い出話を書いてみたい。

音楽の喜び
 オープニングではゲームのテーマ曲が流れるが(PC-8801mkII+FM音源ボード対応)、当時はこの音楽が好きで、カセットテープに録音を試みた。
 だが、音楽の前奏部分が終わった瞬間、ディスクをロードしてタイトルが出るため音楽が一瞬止まる。おかげで、音楽としてはまともな録音ができなかった。

 しかし、最後までプレイしてクリアしたら、エンディングでもテーマ曲が、今度は途切れる事なく流れてきた。
 無事に録音する事ができて、クリアの喜びをここでも味わったという。

鍵を隠した?
20131121-08.png
 前述通り、アルファはゲーム中に捕まると丸裸で牢屋に入れられて持ち物も全部没収されるが、途中で「鍵」を手に入れてから捕まると、裸にされたのに「鍵だけは隠し持っているわ」と出てくる。

 中学生だった当時は「髪の中に入れて隠したのかなあ・・・」と、意味が分からなかったが、どこに入れて隠したかは後に分かる。
 それは私にとってある意味、目覚めた瞬間(何に?)。

ファミコン版の期待
 アルファはファミコンディスク版で移植の予定があったが、途中で中止になったらしい。
 開発中として雑誌で見た画面写真では、アルファのコスチュームはビキニのようなものではなく、繋ぎのスーツを着ていた記憶があるが、まあそりゃそうだろなと思った。

 だが中学生だった当時、私の頭によぎったのはアルファのコスチューム以外に、裸にされるシーンなどが「どう変更されるのか!」その期待がほぼ100%だった。
・・・中学生だった私は、そんな事ばかり考えていたのかと。

 しかし今となっては、前述の「鍵を隠す方法」も謎で終わったのは残念だ(←今も考えている事は変わっていない)。




posted by 司隆 at 20:39 | Comment(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。