2013年11月15日

MZ-700ゲームに時代を見る・5:暴走オリエント急行

 この記事も含めて、まとめはこちらLink


 今日、11月15日、Twitterでシャープ公式アカウントが、このようなツイートをしていた。

 と言う事で、今日はMZ-700の誕生日で、31周年。
 私もMZ-700ユーザーでファンの一人として、この日に書いてみたいと思う。ていうか、以前から書いていた事の続き。

暴走オリエント急行(ENIX)
20131115-01.jpg20131115-02.png
 1982年にエニックス主催で行われたパソコンゲームのコンテスト、第1回ゲームホビープログラムコンテスト。
 森田一郎氏、中村光一氏、堀井雄二氏など、その後ゲーム業界で活躍する方達も受賞した記念すべきコンテストだが、その受賞作の一つで、1983年に発売されたゲーム。

 ゲームのストーリーとしては、テロリストによって奪われた暴走列車から乗客を守るために送り込まれたレンジャー部隊。ヘリコプターから乗り込んで先頭車両を切り離して客車を停止させろ!という、映画のような内容のアクションゲーム。

ゲームに盛り込まれた3つの場面

20131115-03.png
 このゲームの特徴は、パート1〜3まで場面が分かれている所で、それぞれ全く違うゲームになっている。

パート1・ヘリコプター
20131115-04.png
 横スクロールアクションと言える場面で、ヘリコプターで列車に向かう途中、巨大な鳥と地上からも攻撃(どちらもテロリストによるものらしい)を避けながら、更に山にもぶつからないように進んでいく。
 しかし、ヘリコプターも鳥も巨大で当たりやすく、なかなか難しい。

パート2・列車乗り込み
20131115-05.png
 列車に到達するとこの場面。ヘリコプターからロープで隊員を降ろし、列車最後部にらある荷台に乗り込ませないといけない。
 しかし、ロープは風でなびいたり、ヘリコプターを列車に近づけようと下に降りると、途中で列車がトンネルに入ろうとしたり、タイミングが重視される。

パート3・列車内銃撃戦
20131115-06.png
 列車に乗り込んだレンジャー隊員。ここから先頭車両に進むが、1歩進む度にテロリストが出て来るのを撃つという、3Dシューティングの場面。

 画面上に出ている照準を敵に合わせて撃てば倒せるが、その前に撃たれるとミス。
 敵は正面だけでなく背後から出現する時もあり、その時は画面に一瞬指示が出るので、逃さずに振り向いて倒す。逃して進んでしまっても撃たれてミスになる。
 ここでは敵に照準を合わせるのが難しく、更に背後から出るかも知れない緊張感もある、まさに物語りのクライマックス。

 また、ここで敵に撃たれると、パート2に戻される。

小さなものでできた大きなもの

20131115-07.png
 レンジャー部隊の隊員が0になるとゲームオーバーで、このように「GAME OVER」の文字が流れて谷底に落ちていくデモがある。

 1つのソフトの中に3つの場面があるという、何ともバラエティに富んだものだが、1つ1つは簡単なミニゲームのようなもの。
 ミニゲーム集というものは当時も今も存在するが、それが一貫したストーリーとして繋がっているのが、このゲームの良さだったと思う。

 だが、私が当時プレイした感覚としては、3つのうちパート3が極端に難しく、3に行くためには1・2でいかにミスを減らすかというプレイになる。言わば、ゲームはほとんどパート3がメインで、そのためにパート1・2が存在するような形だった。
 でもそれは逆に、単体では小さなパート3を、パート1・2によって1つのゲームとして成り立たせているかも知れない。

 ちなみに私、当時はどうしてもパート3で最後まで行けず、クリアできなかった。今回は30年越しでクリアするぞと意気込んだが、クリア画面を拝む事はできなかった。
 今になって少し寂しいものを味わいつつ、当時はMZ-700というパソコンで味わった、小さなものが集まって大きなスリルを見せてくれたゲーム、それが暴走オリエント急行だったと思う。


posted by 司隆 at 20:37 | Comment(2) | Game
この記事へのコメント
懐かしいですね。このゲームはよくやり込みました。機械を持っていた長兄もこのゲームは苦手だったのですが、私は何度も無傷でエンディングを見たことがあります。確か、列車が切り離されて、エドロールになったんじゃないかな?今やったらできるかどうかはわかりませんが・・・。ちなみに、やったのはMZ-80Cで、です。
Posted by 古のゲーマー at 2017年03月11日 01:33
古のゲーマーさん

どうも、書き込みありがとうございます。
エンディングを見ることができたとは、うらやましいです。

でも実は、当時でもリセット後にモニタコマンドで「J****」と
特定のアドレスにジャンプしたら、エンディングだけ見ることはできました。

でも、一度は自力で確認したいです。
Posted by 司 隆 at 2017年03月12日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]