2013年09月25日

iPhone用・Twitter送信専用アプリ

 先日から、iPhone用ツイッタークライアントを探していた。今現在でも様々なものがあるが、私が特に欲しかったのは「投稿専用アプリ」。
 タイムラインを表示する事なく、文書を書いて送信するだけ。素早く軽快に投稿出来るものが欲しかった。

 と言う事で、私がネットやApp Storeで探して見つけたものを掲載。「有料」と書かれているもの以外は、現時点では無料。

送信専用Twitterクライアント

20130925-twittin.jpg
Twittin(有料)
Rivawan(作者様のブログ・アプリ紹介記事)
(2013/12/25 追加)

  • 特徴
    写真添付、演奏中の曲情報、ジオタグを添付可能。
    定型文を登録すれば、スライド操作のみで送信可能。そこに「%clipboad」などのパラメータでクリップボードや日付などを入れられる。
  • 気になる点
    曲情報の書式が決まっているので、自由な形にしたい場合は、送信前に修正などが必要。
    文章作成中に「%」の文字を入れるだけでパラメータ入力窓が開いてしまうため、%の入力が困難。

20130925-faspos.jpg
FasPos
(2014/04/06追加)

  • 特徴
    右スワイプのみでツイート、左スワイプで文書削除。
    定型文登録可。
    現在演奏中の音楽、ジオタグ、写真添付のツイート可能。
    自分宛のツイートを表示できるので、このアプリのみで会話のツイートが可能。
    iOSの通知センターから起動可能。
  • 気になる点
    入力欄に表示されている「残り文字数」の表示が、URL短縮に対応していないので、長いURLを貼り付けるとそのまま字数としてカウントされてしまう。
    演奏中の音楽ツイート書式は設定可能だが、曲タイトルとアーティスト情報のみで、アルバムタイトルは入れられない。

20130925-tweetlink.jpg
TweetLink!

  • 特徴
    現在演奏中の音楽をツイート可能。ジャケットの画像付き、書式も自由にできる。
    SafariからブックマークレットでURLを転送可能。
  • 気になる点
    写真添付機能が無い。
    URLをクリップボードに入れていると、立ち上げ時に「貼り付けますか?」と必ず聞いてくると共に、設定で外せない。

20130925-chirpie.jpg
Chirpie

  • 特徴
    Twitterだけでなく、Facebookへの投稿も可能。
    現在の位置(ジオタグ)を添付可能。
  • 気になる点
    最新バージョンが2012年で、iPhone5の画面に対応していないため、文書欄が狭い。

20130925-retweet.jpg
Ready Tweet

  • 特徴
    iOSのツイッター機能を呼び出すだけなので、アプリとしてはシンプル。
    写真添付機能と定型文(1つ)送信機能。
    つまり、ツイートの種類は「通常」「写真添付」「定型文」「定型文・写真添付」
  • 気になる点
    文書作成中にホームに戻ったり別のタスクに切り替えると、書きかけの文書が消える。
    言わば、iOSの送信機能を使うのが逆に欠点にもなっている。

20130925-mnow.jpg
○○なう for Twitter

  • 特徴
    写真投稿時にサイズを指定可能。
    URL短縮機能。
    現在演奏中の音楽をツイート。
  • 気になる点
    上に広告が出る。有料版を買ってもいいと思ったが無かった。
    写真の送信先がtwitpic固定。

20130925-tsubusen.jpg
つぶせん

  • 特徴
    複数アカウントを管理可能。
    定型文を登録可能。
  • 気になる点
    写真添付機能が無い。
    入力欄が狭い。

Twitterクライアント以外

 別の用途として使われるアプリだが、文書をツイート可能なものもここに掲載。
 あくまで、Twitterクライアントとして使用する場合の特徴を挙げると、

20130925-draftpad.jpg
Draftpad

  • 特徴
    テキストエディタ。
    文書アシスト機能によりツイート可能で、アプリから直接、iOSのTwitter送信機能経由、Safari経由などが可能。
  • 気になる点
    ツイートの場合、「アクションボタン → ツイート機能を選ぶ」と、必ず2タップ。

 ただし、このアプリは現在配信終了との事で、後継として配信されているのがこれ。

20130925-textwell.jpg
Textwell(有料)

  • 特徴
    エディタ、Draftpadの後継版。
    Javascript記述によるアシスト機能で自由にカスタマイズ可能。
  • 気になる点
    ツイートは現時点で、iOSのTwitter送信機能経由のみ(直接送信のコマンドはあるかも知れないが未確認)。
    基本的なアシスト機能は最初から付いているが、改良や追加をしたい場合、Javascriptによるプログラム知識が必要。

20130925-writron.jpg
Writron(有料)

  • 特徴
    テキストエディタ。
    iOSのTwitter送信機能、Safari経由でツイート可能で、転送形式などはカスタマイズ可能。
    カーソル移動や範囲指定、コピー&ペーストなどのタップ・スライドによる操作が独自で使いやすい。
  • 気になる点
    カーソル操作時などで鳴るクリック音を消す設定が無い。
    (2014/04/06追記 バージョンアップにより対応)

色々と試して

 私が送信専用アプリで欲しい機能は、

  • 送信はボタン1つかスワイプジェスチャーのみ
  • 写真添付機能搭載。送信先はツイッター公式
  • できれば、現在演奏中の音楽をツイートする機能搭載

 だが、有料ならTwittin、無料ならFasPosがその要求を満たしてくれた。私は現在、主にTwittinを使用。
 また、Textwellはエディタだけに、文書の履歴が残ったり、複数行の文章を書いて1行のみツイート、機能のカスタマイズなどが可能なので、ツイッターにも使える文書編集アプリとして大変重宝する。

(2013/12/25追記)
 Twittinについて追加。

(2014/04/06追記)
 FasPosについて追加。



タグ:iPhone twitter

posted by 司隆 at 21:32 | Comment(0) | Computer
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。