2007年03月29日

ZONE

 レトロパソコンゲームの記事とソフトを収録した本「よみがえるPC−9801伝説 第2弾」を購入。

蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾

 記事の方は、またじっくり読ませてもらうのだが、私がこれを購入した最大の目的は「ZONE」がやりたかったから。

 ZONEとは、1985年にPC-98で出た、3Dシューティングゲーム。当時パソコンで3D映像なんて不可能と言われていたのに、このゲームで見せてくれた、スムーズに動く3D映像。
 これを初めてプレイした時の衝撃は、あまりにも大きかったのを記憶している。
 あ、ちなみに、当時私は98を所有していたわけでなく、友人の自宅でZONEをプレイしていた。

 それを再びプレイしたいと共に、もう一つの目的、それは・・・
 こいつの音楽をとうとう聞くことができたのだよ!

・・・と書いても、ほとんど一部の人にしかわからないので、解説。
(まあ解説しても、すでについていけない人が大半だと思うがw)

 当時のパソコン、PC−9801には、標準でサウンドを鳴らすことができず、ビープ音(ビーとかピーとかいうだけの音)しか出せなくて、別売りの音源ボードを購入する必要があった。
 本体のメーカーであるNECからもFM音源ボードは出ていたが、ソフトのメーカーであるシステムサコムから出ていたボードが「AMD-98」、確か通称「サコムボード」だったと思う。

 ZONEの音楽はAMD-98に対応していたのだが、このボードなんて、ZONE以外はサコムから出ている一部のゲームだけで、それだけのために買うことはまず無く、でもZONEの音楽はどんなものか聴きたいなあ・・・、と思っていたのが22年前。

 で、ついに音楽を聴いたわけだが・・・、結局オープニングの音楽以外は、効果音だけだった。
 結局、あの時の夢というのはこんなものですか、と思うのだった。

 何はともあれ、あの当時味わった「ZONE」の浮遊感覚を再び味わうことができたので、感無量。

 結局本のことより、ZONEのことだけになった日記でした。
 いずれ、マーク・フリントのこととか書いてみたいw




posted by 司隆 at 19:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | Game
この記事へのコメント
マーク・フリント うわ懐かしす.
ZONE はあんまり記憶に残ってません. 浮遊感覚ならハイウェイスターもなかなかだったような.
って、ハイウェイスターも収録されてます? 表紙の写真にチラリと書いてあるようですが.
Posted by まるちぷらい at 2007年03月29日 20:30
まるちぷらいさん
おお、これに反応してくださるとは。
ハイウェイスターも、ちゃんと収録されています。
こいつも久しぶりにプレイすることができました。

あと、本に載っていますが、マーク・フリント氏は、
実在の人物だったようですね。
架空の人なのかどうなのか、ずっと知らなかったのですが。
Posted by 司 隆 at 2007年03月29日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。