2012年12月28日

ファイティングスティックVX改造1・ボタン取付

20121228-01.jpg

 これは、HORIのXbox360用アーケードスティック、ファイティングスティックVX
 先日日本橋を歩いていたら、ソフマップで中古をセールで、ほぼジャンク扱いで3,280円という安値で購入。
 私はPS2用のファイティングスティック2を改造したものを使用していたが( 当時の日記Link )、Xbox360専用が欲しかったし、安いのでせっかくだから( ←結局そんなもの )と言う事で。

 使用感として、大きさや重量などはちょうどいいくらいで、レバーとボタンの使い心地も悪くないのでまずまずだが、やはりアーケードのレバーとボタンに比べると満足できず、改造を試みる。

 ここで、すでに改造をされていた方のサイトを紹介。

ファイティングスティックVXをセイミツ工業のレバーとボタンに換装してSE(Special Edition)化する・ついでにRAPVXとのPCでの使用時の遅延具合も計ってみた
( FAF特殊戦第5飛行戦隊装備班 )
ファイティングスティックVX をセイミツ化する(レバー編)
( みねこあ )

 今回改造する前に、予備知識など色々と参考にさせていただきました。

部品調達

20121228-02.jpg

 改造するために、日本橋のパーツ屋で購入したのは次の通り。
  • レバー:JLF-TP-8YT-SK・・・1ヶ
  • ハーネス:JLF-H・・・1ヶ
  • ボタン:OBSF-30・・・赤、緑、青、黄色を各1ヶ、灰色を2ヶ
 以上、メーカーは全て三和電子製を使用。出費としては3,500円ほど。
 以前改造したファイティングスティック2はセイミツ精レバーを付けたので、今回は三和製を選んだ。

 それ以外のパーツとして、今回使用した最低必要数を挙げると、
  • 配線用:ビニール電線・・・15cm×12本( 2本ずつ6色 )
  • ボタン配線用:#110ファストン端子 メス・・・12ヶ
  • レバー取付用:トラスタッピンネジ 呼び径4×長さ10mm・・・4ヶ
  • ケーブル接続用:接続用圧着端子・・・5ヶ
  • ビニールテープ

 工具としては、
  • 電工ペンチ
  • ドライバー(+、−)
  • 半田ごて
  • 半田吸い取り器
  • ニッパー
  • 電動式のルーター(プラスチックを削る部分があったので)
 くらいが必要。

 ネジは近所のホームセンターだけど、ゲーム用レバー・ボタン、電子パーツは、全てこの店で購入できた。

 千石電商 大阪 日本橋店

 ここでは三和、セイミツのレバー・ボタンなどゲーム用パーツが一通り揃っているので、大阪で購入を考えている方はお勧め。

ボタン取付

20121228-03.jpg20121228-04.jpg

 まずはボタン取付だが、裏のプレートを開けると写真のように、基板にボタンが直接半田付けされている。これを外したのが右の写真。
 取り外しには半田ごて以外に、半田吸い取り器も無いと困難なので、用意した方がいい。

 ここでやりたい事が一つ。

20121228-05.jpg20121228-06.jpg

 左の写真がファイティングスティックVX、右がリアルアーケードPRO EXのボタンだが、FS VXのボタンは左上から、B、X、Y、A、LT、RTと、RAP EXの配置と全く違う。
 格闘ゲームの配置に合わせているらしいが、私にとって使いにくいので、これもRAP EXと同様の配置に変えてみる。

20121228-07.jpg20121228-08.jpg

 まず、ボタンを取り付けていた基板に、端子を付けた導線を半田付けする。
 長さ15cmを6色×2本ずつ。先端には「#110ファストン端子 メス」を、圧着端子をかしめるペンチで取付。

20121228-09.jpg20121228-10.jpg

 左の写真が、基板に半田付けした所。分かりやすいようにボタンの色と導線の色を合わせているので、後は各ボタンを好きなように配置して、対応する色の端子に接続する。
 完了したのが右の写真。

 ボタンはこれで完了。そしてレバー取付は次の記事でLink




posted by 司隆 at 14:07 | Comment(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。