2012年10月30日

Firefoxに戻る

 1年くらい前に書いた日記、「ブラウザについて思う事」で、ブラウザを長年使っていたFirefoxからGoogle Chromeに乗り換えた事を書いているが、結局、最近になってまたFirefoxに戻した。

 去年、Chromeに乗り換えた理由は日記で書いているように、Firefoxでは細かい所で気になる変な動作があったからだが、最近は逆に、Chromeでどうも変な動作を感じるようになった。
 それで、試しにFirefoxを使ってみたら改善されていたので戻ったという事。
 1年ぶりに使ってみて、機能的には劇的に変わったと感じる事は特に無かった。でも、バージョンナンバーは8だった当初から今は16、倍になっているw

Google Chromeに思う事

 と共に、Google Chromeで不満に思っていた事をざっと挙げると、
  • ブックマークから「新しいタブで開く」が無い(慣れで解決したが)。
  • マウスジェスチャーの拡張機能で、リンク上でジェスチャーを始めた時、新規タブ起動時等で動作しない事が多い(数種類の拡張で同様の現象)。
  • ファイルダウンロード時に下に自動で開くダウンロードバー、いちいちマウスクリックで閉じる操作が必要。
    (『chrome://flags/』により出ない設定は可能)

 本当に個人の好みだけど、拡張機能はChrome自体ができないため?と思えるほど、どれも同様の事が起こったり、以外と簡単な事ができないと思っていた。

Firefoxに思う事

 また、細かいついでに挙げると、私が個人的に、ChromeよりFirefoxが好きな機能。
  • html文書はファイル拡張子「html・htm」だが、それ以外(EmEditor独自のhtml編集用拡張子『htme』など)の場合、Firefoxではドラッグ&ドロップによりhtmlファイルとして表示してくれる。Chromeは不可。
  • エクセル文書などローカルのファイルをブックマークなどでブラウザに表示させると、Firefoxは「ダウンロードか対応ソフト起動?」のダイアログより、ショートカット同様の事が可能。
    Chromeは「そのファイルをダウンロード」の動作のみ。
  • 「名前を付けて保存」を実行した時の保存ファイル名、Firefoxではindex.htmlなどページに使用のファイル名が、Chromeは【ページタイトル】.htmlになる。
    そのため、Chromeはファイル名が長くなる事が多い。
  • 改行の入ったテキストをコピーしてFirefoxでページの1行入力フォーム(htmlのinputタグ)上に貼り付けると、必ず最後の改行のみ無くなる。
    Chromeは改行を1文字のスペースとして貼り付ける。

 私はhtmlファイルをエディタで編集するので、普段はエディタで読んで表示はブラウザにドラッグ&ドロップしたり、よく使う文書ファイルなどをブラウザから呼び出す、Excelで定型文をセルごとコピーしてページに貼付の時に使えるなど、地味に便利な機能が気に入ってる。
 結局、そういう細かい所が自分に合っているらしく、Firefoxをまた使っている。

更に他のブラウザ

 この辺の話をTwitterでしてたら、フォロアーさんに勧められたブラウザ。

Sleipnir 3 for Windows

 PC版を入れて使ってみたが、機能としてはGoogle Chromeの拡張が使える、モバイル版とPC版でブックマーク等の連携、マウスジェスチャー、強力なRSSリーダー搭載など、標準でできる機能は最強と言っていい。
 私は今の所、ここまでは使わないという事でFirefoxに落ち着いているが、Sleipnirの多機能はかなり魅力的。
 まだモバイル版は使ってないので、試してみようと思う。


posted by 司隆 at 08:18 | Comment(0) | Internet
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]