2012年09月14日

キーボードのメンテナンス

20120914-01.jpg

 手持ちのキーボード、1〜2年前に日本橋のパーツ屋にて800円くらいで購入。
 本体に「HITACHI」と書かれていたり、パッケージは全く何も書かれていない段ボールなので、たぶん市販PC付属品。安物ながらキータッチが良くて気に入っていた。

 最近は別のキーボードを使っていたが、久し振りに倉庫から引っ張り出してみたら、どうも押した時のカチャカチャ音が以前より大きかったり、若干こじれて押しにくいものもある。
 そこで、こいつのメンテをしてみた。

 原因はキーの軸が滑りにくいからなので、ホームセンターで買ってきたのがこれ。

20120914-02.jpg

 プラスチック製品の潤滑にはシリコングリスがいいと言う事なので、スプレーのものを購入。本当は塗布するもので大きさも少量で良かったが、これしか無かったので。
 ちなみに、グリスでもシリコン以外は「鉄製品の潤滑」で、それをプラスチックに使うと逆に動かなくなってしまうので注意。
 て言うか、最初それで失敗したw

 キーを取り外すと、裏はこんな感じ。

20120914-03.jpg

 四角い軸になっているが、側面の出っ張り部分がスライドするので、写真のようにノズルを近づけてスプレーを吹き付ける。
 でも普通にスプレーを押すと一気に出てしまうので、少しだけ出るようにゆっくり少しだけ押しながら少量出す。結構難しいので、筆などにしみ込ませて塗るなどの方法もいいかも。
 これをキー全て行う。さすがに100以上のものに1つ1つ塗布して取り付けるのは結構な作業だったが。

 これで試しに入力して驚いた。タッチは柔らかく音も静かで、劇的に良くなった。苦労した分、いい物を味わう事ができた。
 後は、この状態がどれくらい続くか、しばらく使い込んでみたいと思う。

 と言う事で、安物のキーボードでもかなり効果が大きいので、調子が悪いという人はこういうメンテをするのもいいかも。




posted by 司隆 at 12:54 | Comment(0) | Computer
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。