2012年07月15日

XRGB-3〜Game Capture HDの接続

 愚痴は朝に日記で書いてしまったので、またレポートでも。

 先日の日記で書いていたゲームキャプチャーユニット、Game Capture HDだが、更に次の試みを実行していた。

 このユニットの入力はコンポーネントのみなので、基本的にPS2以前のゲーム機には使えないが、私はそれらを映すアップスキャンコンバーター、XRGB-3を所有している。でもこれの出力はRGBもしくはDVI-Dのみ。
 でもこの方法、

メガドライブなどのゲーム機
  ↓ (RGB21ピン接続)
XRGB-3
  ↓ (DVI-D接続)
【DVIをコンポーネント信号に変換するユニット】
  ↓ (コンポーネント接続)
Game Capture HD

と、間に「DVIをコンポーネント信号に変換するユニット」を付けさえすれば、多くのゲーム機の映像キャプチャーが可能になる。
 と言う事で購入したのがこれ。

Cypress Technology DVI−PC/コンポーネント コンバーター CP-1262DECypress CP-1262DE用 DB15-RCA(コンポーネント)ケーブル DSCF2821

DVI-PC/コンポーネントコンバーター:CP-1262DE(Cypress Technology)

 メーカーページに「DVI-DをアナログRGBもしくはYPbPrに出力」と書かれているので、この目的に合うと判断したが、実際使えるかは分からず、ネットで検索しても見当たらない。
 でも価格は7500円ほど、失敗してもいいやって事で、接続用のケーブルと一緒に購入。

映らない…

 実最このユニットを使って試してみたが、結論から言うと…、不可!
 接続しても一切映像が出ない。原因を探るために色々と調べてみた事をまとめると、

 このユニットを使っての解像度や映像の規格は、全て出力側の元信号で決まる。つまり、出力側で720pや1280×720などを設定すると、コンポーネントの出力先でもそのまま。
 だから、DVI映像をコンポーネントに変換した所で、PCの映像ならTVなど受ける側もPCの映像に対応していなければ映せない。720pなどはPCと映像の規格自体が違うので、解像度だけ合わせても不可。
 そのため、このユニットを使ってXRGB-3とGame Capture HDの接続はできない。

 また、実験のため、
Xbox360
  ↓ (HDMI〜DVI変換ケーブル)
CP-1262DE
  ↓ (コンポーネント接続)
Game Capture HD
 などと、実際は必要ないまどろっこしい事をやってみると、次の画面になる。

20120715-01.jpg

 ここでD2〜D4を選ぶと映るが、その下、1024×768などPC画面の設定にすると一切映らないので、それが証明される。

 これって、よく考えてみれば当然の事だが、実際購入して色々と試して初めてそれが分かったという。

 この目的ならダウンスキャンコンバーター、マイコンソフトのXPC-4などを使えばたぶんできるはずだけど、そのために定価4万する物はさすがに手が出なかった。
 ていうか、その場合は別のキャプチャー環境を整えた方がいいかもしれない。

 と言う事で、色々と勉強になった。




posted by 司隆 at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electronics / Goods
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。