2006年11月23日

村治佳織コンサート「ライア&ソネット」

 昨日、クラシックギタリストである村治佳織さんのコンサート、「ライア&ソネット」が、大阪のザ・シンフォニーホールにて行われたので、行ってきた。

 私はクラシック音楽は好きでよく聴いているが、コンサートに行くことは無かった。それで、一度は行ってみたいと思っていたと共に、以前からCDを聴いていて好きだった村治佳織さんのコンサートがあるということで。

 今回のコンサートでは、先日発売されたCD「ライア&ソネット」に収録されている曲を中心に、ギターのソロ演奏、合唱団の声楽曲とのコラボレーションの演奏となっていて、楽器はギター1本、そして11人の合唱団の方達の声のみという、シンプルな構成でのコンサートとなった。
 私もCDはすでに購入していて何度か聴いていたので、知っている曲をいくつか聴くことができた。

 まあ私も、クラシックは好きだがそれほど詳しいわけでもなく、コンサートも初めてなので、あまり専門的なこととか書けないのだが、ここで感じたのは、CDと違っていいところは、「ほどよい緊張感」があるところだろうか。
 クラシックコンサートという静かな場所でのギターソロ演奏、曲と曲との間の静寂、その少しの時間で弦を調律する場面など、演奏している人と共に、観客にも若干の緊張感が伝わってくる。その中で奏でる音楽というのがいいなと感じた。
 やっぱり、その場の空気というか、目の前で演奏している臨場感、そんなものがあった。

 アンコールで最後に弾いた曲が、あまりにも有名なギター曲「禁じられた遊び」で、全部で2時間ほどのコンサートだったが、実にいい時間を過ごさせてもらった。
 来年もすでに大阪公演の予定はあるらしいので、また行こうかと思っている。

 そして、開演前に会場でパンフレットを買ったら、サイン会でサインをもらえるようになっていたので、コンサートの後もらった。

20061123a.jpg

 ということで、最後に思ったこと。

「やっぱり、きれいだったなあ・・・」

 いや、ギターの音色がw



タグ:村治佳織

posted by 司隆 at 08:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | Trip / Travel
この記事へのコメント
有名な美人ギタリストですねw
私はよくシンフォニーホール行くのですが、ギター演奏は聴きに行ったことはありません。でも音色が良く響いたんでしょうね。
サインをもらったと言うことは、握手もされましたか?
>やっぱり、きれいだったなあ・・・ 
間近で見ているので、本音ではないですか?(笑)
Posted by 内務卿 at 2006年11月23日 08:28
いや、うらやましすぎです.
コンサート行けるような家庭環境ではないので...
Posted by まるちぷらい at 2006年11月23日 10:33
私は音楽には疎いのですが
この方は知っています。
写真でしか見たことないけど
かなりキレイな方ですね。

間近で見られたなんてうらやましい。。

来年1月に奈良でギターリサイタルが
あるようなんですが平日なんですなぁ
(-_-;)
Posted by くろーん調理師 at 2006年11月23日 11:31
内務卿さん
内務卿さんもコンサート行かれるのですね。
私は音響の良さとかよくわかっていませんが、いい音でしたという感想です。
ちなみに、サイン会では握手はダメということになっていました。
ギタリストなので、手が大事なのでしょうね。

>>間近で見ているので、本音ではないですか?(笑)

えーと、やっぱり良かったです(何がw)


まるちぷらいさん
私も、行けるのは今のうちでしょうか。
(いつまで、なんて聞かないで欲しいですがw)

でも今回のコンサートも、ご家族で来られている方もいましたので、
行けるようになったら一度行ってみるのもいいかもしれませんね。


くろーん調理師さん
次の大阪公演は、もう来年の5月になってしまうのですが、
これも平日なんですねえ。
ちなみにもうチケット販売していますが。

これを機会に、くろーん調理師さんもクラシックの世界にどうですかw
いや実際、演奏家から入る人とか、入り方はそれぞれなので。
Posted by 司 隆 at 2006年11月23日 18:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。