2012年07月11日

美術展巡り

 最近、美術館によく行く。

 私はアートとして、以前からグラインダーマンが好きだが、ライブなどを見に行きながら、同時に行われていたり展示されているアートなどにも触れていた。

 でも特に最近よく行く理由は、今は平日でも見に行く機会がある事と、美術館の多くは、障害者手帳の提示で観覧が無料になる事。
 出かけるなら、こういう目的があった方が面白いと言う事で。

 アートの中で私が今よく見に行くのは、現代アートと呼ばれる分野。つい昨日行ってきた、今開催中の美術展がこれ。

西宮市大谷記念美術館:対話する美術/前衛の関西

 元々アートに触れるきっかけがこういうジャンルだったためか、見た事無いもの、新しいものを色々と見ていきたいと思っているので。

アートのススメ

 私が美術展で観覧していて思う事。

 美術展によく行くからと言って、アートは分かるんかって聞かれたら、正直、分からないw
 でも、作者は何を表現しようとしてるのか、どうやって作って(描いて)いるのかを分かろうとして見ている。

 美術展には、作品の所に必ず解説が書かれたプレートが貼られてる。そこには作者の簡単なプロフィールと共に、各作品について「キャンバスの上に絵の具を垂らして下地の色を作り、その上に別の色をブラシで流すように描き、更にその上を…」など、これがどうやって作られたかや、何を表現しているのかが書かれている。
 作品をパッと見ると共に、それを読んでイメージしながら見ると、作者の意図が何か見えるような感じ。それが面白いから来る。

 解説が無い作品もあるが、それはそれで自分なりに探ったり、中には全然分からん作品もあるけど、それはそれでいいのではないかと思うし、それも面白さの一つ。
 アートって理屈より、感じるかどうかだとも思うので。

 美術展の良さは、そういう実感する事と知れる事、探る事だし、とりあえず、触れてみる事だと思う。



タグ:art

posted by 司隆 at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Art
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。