2012年07月06日

ゲームキャプチャユニット「Game Capture HD」

 先日購入したもの。

AVerMedia AVT-C281 プレイしながらゲームを録画 パソコンを使わずに高画質録画・再生・静止画キャプチャ

Game Capture HD:AVT-C281(メーカー、AVerMediaの製品紹介ページ)
Game Capture HD レビュー(GIGAZINE)

 詳細はメーカーのページとGIGAZINEのレビューで書かれているが、これは、ゲームなどの画面を画像やムービーファイルにしてくれる、キャプチャユニット。
 今までPCに取り付けるユニットでは様々な製品があったけど、この特徴はPC不要、単体でキャプチャが可能というもの。
 入力はコンポーネントのみで、現行のゲーム機対応など、機能を限定するおかげで高画質ながら低価格を実現している。

 以前からHD画面のキャプチャができないか調べていたらこれを見つけたので購入。
 上にリンクしている、GIGAZINEで書かれているレポートはかなり詳細に書かれているので、実際購入時に参考にさせてもらったが、そこで触れられていない事を書いてみようと思う。

映像形式について

 キャプチャしてみた所、映像の解像度は出力側のものがそのまま適用されるので、ゲーム機の設定を変えれば変更可能。
 その場合、取込可・不可は次の通り。

○ D2(プログレッシブ、720×480)
○ D3(インターレース、1920×1080)
○ D4(プログレッシブ、1280×720)
× D5(プログレッシブ、1920×1080)

 現行のゲーム機、Wii、Xbox360、PS3は全部でD2〜D5の映像があるが、D5だけは不可だった。
 そのため、解像度を求めるなら静止画はD3、ムービーはD4、小さい画面で少容量を求めるならD2が最適と言える。

ムービーについて

 ムービーの録画形式はメーカーページに書かれている通り、AVI(コーデック:H.264とMP3)のみ。画質は最適・良・最長の3種類から選べる。
 これでD4映像、ちょうど1分のムービーを収録した時の容量は次の通りだった。
最適:86.93MB
良:72.67MB(最適の83%)
最長:58.33MB(最適の67%)

 これもだいたい、メーカーページの仕様通り。

静止画キャプチャと画面比率について

 静止画のキャプチャはJPG形式のみ。画質は最高・良い・通常の3種類から選べる。

20120706-01.jpg20120706-02.jpg

 Xbox360のメニュー画面。
 D3映像で、画質の設定は「最高」。左が縮小加工、右が原寸大で切り取ったもの。

20120706-06.jpg20120706-07.jpg

 左がPS2版「SEGA AGESガンスターヒーローズ〜トレジャーボックス〜」より。
 右がXbox360版「SEGA AGES ONLINE モンスターワールドIII」より。
 いずれもD2映像の原寸。

 解像度が高い映像だと綺麗だが、レトロゲームなどで荒い解像度をキャプチャすると、若干ぼやけた印象を受ける。もちろんこれで十分綺麗だが、PS2やXbox360版の映像だからかは不明。
 いずれメガドライブ実機でキャプチャして比較してみたいと思っているが、そのためには映像変換ユニットの購入が必要。

 また、D2映像について補足。

20120706-03.jpg20120706-04.jpg

 左の画像がD2原寸、右がD4を縮小加工したキャプチャ画像だが、見ての通りD2は縦横比が3:2で、D3以降の16:9と若干違う。D2はTVで伸縮させて表示する規格なのでそうなるらしい。
 そのため、後で画像やムービー編集ソフトを使って比率を変えるなどしないといけない。

USBドライブについて

 記録媒体としてSerial ATA 2.5インチの内蔵HDD(ユーザーで別に用意)を使用するが、USB端子からメモリやHDDを使用する事もできる。

 だが最初、内蔵HDDを使わずUSBメモリを挿してみたら、手持ちの3〜4本がどれも認識してくれず、3.5インチHDD(IDE バルク品)+USB接続のドライブケースを繋いで使用可能になった。
 だがこれも、最初1〜2回はなぜかうまく認識してくれず、やってるうちに上手くいったという。問題はHDDかユニットの相性かは不明。

 と言う事で、USBを使う場合は結構相性がありそうで、メーカーも内蔵HDDを推奨しているが、PCなどに取り込む場合はいちいちUSBで別媒体にコピーする必要がある。つまり、速度や安定性では内蔵、利便性を求めるならUSB接続が良。
 どちらを選ぶかはユーザー次第。

実際使ってみて

 やはり最大の特徴である、PC無しでキャプチャが可能、録画開始などの操作もリモコンのみと言うのは、ゲームでは手軽で素早くできるので最高に使いやすいく、画質も期待通りで、今はとても満足している。
 後は、取り込んだムービーの編集が必要だが、これについては後日書いてみたいと思う。

(2012/07/13 追記)
 Game Capture HDで録画した映像を編集するソフトについて、日記に書いた。

キャプチャ映像の編集ソフトについて

 このAvidemuxはフリーでかなり使いやすいので、お勧め。




posted by 司隆 at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electronics / Goods
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。