2012年05月19日

Twitterクライアントと使い方について

 私が最近使い始めたTwitterクライアント、つまり、Twitter回覧や発言などに使用するソフト。

SOICHA(PC、iPhone、Android用Twitterクライアント)
Janetter(PC用Twitterクライアント)

 また、iPhoneで以前から使っているクライアント。

Tweetlogix(iPhone用Twitterクライアント)
Tweetlogix: Blog - 19XX(私がこのアプリについて書いた日記)

 これらは多機能として人気があるが、私が今使っている理由の一つとして、

「ユーザーのタイムラインを非表示にして、リストや検索結果のみ表示が可能」

 と言う事。
 先日からTwitterクライアントを色々と試して、挙げた2つのクライアントだけでこの機能があった。Tweetlogixは、途中からバージョンアップによりこの機能が実装された。
 これをどう使うかというと、

 Twitterを使うにあたって、通常はフォローしている人全員ではなく、一部の限られたメンバーだけ表示させたい事がある。
 その場合、Twitterのリスト機能を使って見る専用のリストを作って、クライアントの設定で通常のタイムラインは出さず、そのリストのみ表示させる。
 これで、見たいものだけ見る事が可能になる。

 またブラウザ(PC、iPhone共)でも、アドレス名を「twitter.com/#!/【自分のID】/【リスト名】」とすれば、ほぼ同様の事が可能なので理想の形。

 こんな事をブログで公開すると、「お前はTwitterでそんな事をやって、しかも堂々と言うのか」と思われる事は間違いないし、私もそういう人をあまりよく思っていなかった。
 でもまあ、自分自身でも最近、続けて色々とあったので。

 よく言われる、SNS疲れ?と言われれば、そうかも知れない。ちょっと最近、色々なものから少し距離を置いて、色々と見直す時期だと思い始めているので。
 完全に消去して断ち切るのも手だが、まずこの方法も有効だと思う。

(2012/05/20追記)
 PC用Twitterクライアントとして「SOICHA」を使っていたが、同様の機能を持った「Janetter」を見つけて、更に使いやすかったので追加。現在はこちらを使用。

(2012/06/02追記)
 JanetterはどうもATOKとの連携が上手くいってなくて、いつの間にか入力モードが変えられて、何かのソフト(Janetter自身か、エディタなど入力中のもの)を一度終了しないと直らない。

 SOICHAは文字のコピー&ペーストがCtrl+C・Vのみで、Ctrl+Insert・Shift+Insertでは利かない。
 ソフト起動直後は、文字が挿入ではなく上書きになっている時があって、しかもカーソル形状などでは分からない。
 たぶんこれは、Adobe Airベースのためと思うが。

 どっちも文字入力に対する不満がある。文字を打ち込んでいくサービスだけに、困った。


posted by 司隆 at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Internet
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270633110
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック