2012年05月05日

無線キーボード SRKB01BK


 新しいキーボードを購入。

iBUFFALO Simpring対応無線2.4GHzフルキーボード ブラック SRKB01BK

Simpring対応 無線キーボード SRKB01BK(iBUFFALO)

 今はノートPCに外付けのフルキーボードを接続して使っているが、以前からこういうのが欲しいと思っていた。

  • ワイヤレス
  • キーはパンタグラフタイプ
  • フルキーボード。コンパクトタイプではなく、Fnキーも必要無い

 ノートPCのキーボードとは違い、フルキーボードで快適に打ちたいが、無線でケーブルに邪魔されずに使いたい。そしてパンタグラフタイプのキータッチが好きという、完全に好みの問題。
 でもこの3つとも当てはまるものはなかなか見当たらず、あっても実際に店頭で触ってみたらイマイチ。そんな時にこれが新発売、店頭で実際触って納得、購入した。


 実際使ってみて、ノートPCのキーボードと同様、キーストロークが少ないながら柔らかいキーの感触。それでいてフルキーボードの広さと使い易さで、満足。

20120505-01.jpg

 キー配列について、今まで使っていたJIS配列フルキーボード(日本橋のPCパーツ屋で購入。たぶん市販PC付属品)と並べてみた。
 メインの下1列の配置が若干違い、右のWindowsキーが無く、その分スペースキーの幅がキー1つ分広い。
 私はワープロでの変換は「変換」キーを使うため、このおかげで位置が違って打ち間違いが多い。まあ、この辺は慣れだと思うので、それを省けば問題なし。

 あと気付いた点。

 無線タイプなので乾電池(単三電池×2ヶ)を使用するが、製品として謳っているのが6ヶ月。実際使ってみると、キーボードを一定時間使わないだけでなく、PCの電源を切ったりスリープ状態でもキーボードの電源を自動的に切るらしい(その時にLEDが消灯している)。
 キーボード本体に電源スイッチはあるが、こんな感じで自動的に切ってくれるので、あまり気にせず使える。
 でも、今の無線タイプでは当たり前だろうか。

 と言う事で、大筋望み通りのものなので気に入ってる。




posted by 司隆 at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Computer
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。