2011年12月10日

ブラウザについて思う事

 最近のニュース記事より、
Google Chrome、世界ブラウザ市場で初のFirefox超え(ITmedia ニュース)

 今までインターネットブラウザではIEに次いで2位の座をキープしていたFirefoxだが、徐々にシェアを伸ばしてきたGoogle制作のブラウザ、Google Chromeにシェアを越されたというニュース。
 私はFirefoxをVer.1.5の時からずっと使い続けて、シェアがどうなろうがニュースやネットでどう言われようが使いやすいものを使うつもりだったが、それも含めて、Firefoxについて思う事を書いてみる。

 Firefox最大の特徴はアドオンによる拡張や様々なカスタマイズだが、別のアドオン同士との相性や本体のバージョンによって使えるかなどをいちいち考えないといけないなど面倒があった。
 私はそういう、自分で全部作っていく所が好きで、逆に全く初期のままでは使いにくいこのソフトを人にはとても勧められなかった。

 要は、Firefoxってそもそもマニアックなソフトで、そこまでいかずに速度も速くて機能が高くなって来たChromeがシェアを伸ばしたのは、当然と言えば当然だと思う。

 ただFirefoxも変な所、特に文字入力のフォーム、Seesaaでブログに記事を書く時に勝手に特定のフォームにカーソルが移動するなど、細かい所で気になる動作があったので、試しにGoogle Chromeをインストールして使ってみた。
 まあ驚いた、気になる所が全て解決されて、更にアドオンで欲しかったものは全てChromeでも出ている。数日使ったら、結局Chromeでほぼ事足りてしまった。

 何と言うか、長年使いにくいと言いながら、その使いにくい所に愛着を持っていたのに、目の前にその苦労を全部排除した高機能のものを見せられた、という感じ。
 Chromeは今までに何度か使った事があって(当時の日記Link)、この時に書いた、ATOKの再変換機能が効かないのは相変わらずだが、シェア逆転の理由を実感してしまった気がする。
 結局私も、Google Chromeに完全に乗り換えるかも知れない。




posted by 司隆 at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Internet
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。