2011年11月11日

Tweetlogix

 私がiPhone用Twitterクライアントで現在使っているアプリについて。

20111111-01.jpg

Tweetlogix

 最近出たばかりのもので、多くの機能を持っているが、使い勝手がとても良かった。
 中でも私の気に入ってる点を挙げると、

  • 未読管理機能。リロードすると、未読数がアイコンのバッジで表示。
  • どの状態からでも、ステータスバー(上に自分のIDなどが書かれているバー)をダブルタップでタイムラインに戻る。
  • 未読を既読にする条件が「トップまでスクロール」「他のタブに切替」などから選べる。
  • ツイート時間表示を、相対時間(『5分前』など)と絶対時間(『水 21:00』など)から選べる。
  • 特定ID、ワードに対するフィルター機能。
  • 文字や背景の色をテーマとしてカスタマイズ可能。自分のテーマをツイートしたり、そこから他の人のものをインポートできる。
  • 独自の機能を工夫すれば、まとめリプライも可能(詳細は後に記載)。

 特徴としては、既読条件やタップ時の動作など、操作時の感覚的なものを細かく設定できる事。
 機能的な面を私の感覚で言うと、同じくiPhone用クライアントである、Twittelator Proから本当に必要な機能だけを絞り込んだ印象。

 その中で、ここで書いた「テーマ」と「まとめリプライ」について書いてみようと思う。

テーマ

 私が今使ってるテーマはこれ。

20111111-07.jpg

Tweetlogix Theme「My Color」(by spread_bomb)

 上のリンクをiPhone上でタップすると、Tweetlogixにインポート可能。
 これは標準のテーマの修正版。背景が白から薄いグレーをかけて、グレーの背景に薄い色を付けた。
 こんな感じで、自分で作ったテーマをURLにして公開したり、Twitter上でつぶやく事もできる。

Tweetlogixでまとめリプライの方法

 このアプリ独自の機能を工夫すれば、他のクライアントでできないものが多かった「まとめリプライ」が可能。その方法を。

「Mentions」をタップして、自分宛のコメント一覧を表示。

20111111-02.jpg20111111-03.jpg

 その発言→Profileをタップなどで、コメントされた人のプロフィールを表示させる。
 これを、まとめリプライしたい相手全員に対して行う。

20111111-04.jpg20111111-05.jpg20111111-06.jpg

 ツイートの文章を書く画面で「MORE」ボタン→メニューから「Contacts」をタップ。自分のフォロアー一覧が出るが、ここで「Recent」をタップ。
 ここで出るのが「プロフィールを見た人の一覧」なので、先程タップした人が表示される。これがTweetlogix独自の機能。

 ここで誰かをタップすると@○○の形でツイート欄に表示。同じ要領で2人、3人…、と繰り返していけばいい。
 手順が必要なのと、少々慣れが必要だが、コメントを受けた人全員に対して確実に返事が書ける方法の一つとして、覚えておくといいと思う。




posted by 司隆 at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Internet
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。