2006年06月25日

ひかり電話

 今日、NTTの工事があって、家の電話を「ひかり電話」にした。

 ひかり電話とは、ようするに光ファイバー回線を使った電話で、メリットっていったら、一番は「電話料金が安くなる」。
 実際、今の電話回線といくら違うのかと、ネットなど全ての料金を計算したら、基本料金だけでも1000円ほど安くなるようだ。
 月1000円は大きいし、今は工事費サービスのキャンペーン中ということで、これにすることにした。
 ちなみに、契約したのは3月、手術の退院直後で、それから3ヶ月経ってようやく工事となった。

 あと、家でのインターネットは、今まで光回線の「Bフレッツ」に入っていたが、ひかり電話をするには、通信速度がもっと速いという「光プレミアム」に乗り換る必要があった(NTT西日本に限ったサービス)。
 まあ通信速度はBフレッツでも十分だったのだが、しなければいけなかったので。

 それで、通信環境も新しくなって、早速ネットをやっているわけだが、さてどれだけ速度が上がったのかと、速度計測サイトを試したところ・・・、サイトによって測定値が全然違うので、速くなったかわからん。

 あと、早速ひかり電話を試すために、時報と天気予報をかけてみたら、特に音が良くなったわけでもなく、やっぱり一緒だった(当たり前)。

 まあ何はともあれ、安くなるのはいいことだ。



タグ:ひかり電話

posted by 司隆 at 15:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | Internet
この記事へのコメント
私は関電のイオ光ファイバーに入ってます。光電話とセットなんだけど、はっきりいってほとんど使わないし、NTTではつながっていたところが何故か「現在接続サービスをいたしておりません」と流れてつながらなかったり、ちょっと不満です。電話は余計だったかなあと思いました。殆ど携帯ですしね^^;
Posted by 内務卿 at 2006年06月28日 19:56
私も、家の電話はほとんど使わないのですけど、家族もいるし、
やはり据え置きの電話は無いとなってことで付けました。
でも、中継の機械が無くてはつながらないため、停電になったら全く使えなくなるし、
いろいろな意味で、すでに携帯の方が良くなってます。

それにしても、最近は光などブロードバンドに対応した
コンテンツが増えてきてますね。
Posted by 司 隆 at 2006年06月29日 07:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。