2010年08月03日

LIMBO

 新しいゲームだった、本当に色々な意味で。

20100803-01.jpg

Xbox LIVE アーケード:LIMBO

 海外のLIMBO公式ページは以下のリンク。
公式ページ:LIMBO
メーカー:Playdead
 公式ページによると、メーカーはデンマークにあるPlaydeadという所で、このLIMBOが最初の作品らしい。
 メーカーのページはまだ存在しないらしく、Playdeadに飛んだらLIMBOのページにリダイレクトされるが、今後のために両方書いておく。

 LIMBOの意味を辞典で調べると「古聖所:天国と地獄の中間の場所」と書かれている。タイトルは恐らくここから取っていると思う。
 主人公である少年が不思議な世界をさまよい、様々な敵やトラップを突破しながら、最終目的である妹のいる所まで進んでいく。

20100803-02.jpg20100803-03.jpg

 ゲームの特徴は写真を一目見て分かるように、全てモノトーンで表現された世界。また基本的にBGMが一切なく、場面によって轟音のような音が鳴りびくなど、静寂と音を使った演出も大きい。
 こんな独特の不思議な、不気味とも言える世界が魅力の一つ。

 ジャンルはアクションアドベンチャーと書かれているが、各場面でどうするかを考えたり、ブロックをどう積めば昇れるかなどを考える、謎解きのアドベンチャーやパズルの面が強い。
 でも難解と言える程ではなく、分かればすぐに突破できるレベル。

ゲームで受けた衝撃

 ゲームをクリア、実績も一番難しいもの以外は全部取ったが、このゲームではある意味衝撃を受けた。それについて書いていこうと思う。

20100803-04.jpg

伝える方法
 このゲームの表現方法、モノトーンの映像や音だけでなく、プレイヤーに対する伝え方に驚いた。

 ここではゲームスタート時から最後まで、文字などの説明が一切無い。でも進めるだけでどうするべきかが分かる。
 その方法は、映像やその場面の演出などもあるが、一つが「死んで覚えさせる」事。

 各場所にあるトラップは、初めてだと一度はほぼ確実にハマって死ぬ。でもそれによって、
「死ぬ → トラップの存在・位置・仕掛けを知る → 解法を探る → 突破」
という順序ができている。

 それだけに、ゲームで死ぬ回数は無制限で、戻される位置は細かく区切られている。
 死ぬ事を前提にして、それによって伝えるという、独自のシステムを持っている。

らしい・らしくない
 また、このゲームで一番面白いと思ったのが、妙に「らしくない」所だと思う。

 物体が落下する、ロープが垂れ下がったり揺れるなど、重力の法則に従った動きを異様なくらいリアルに作っている。そのため、微妙な位置の違いで動きが変わり、解法が分かっていてもたまに思いがけない動きをするので一筋縄ではいかない。
 そんな、変なところでコンピューターらしくないというか、妙に自然な所が見える。

 でもその反面、ブロックなどを使ったパズルやアクション、またその微妙な動きを利用しないと突破できない場面もあったり、この辺はいかにもゲーム。
 LIMBOって、そういう「らしい」と「らしくない」の両面が妙に混じった良さがあると思う。

次世代の

 最近はゲーム機の性能がどんどん上がって、映像や音楽ばかりが良くなって肝心のゲームがおざなりになっている。そんな話はよく言われるし、私も絶対とは言わないが、そういう部分はあると思っていた。
 その中でLIMBOは、あまりにリアルな動きや映像の表現だからこそできた妙な自然さと、その中であまりに独特なゲームらしさがある。
 今のゲーム機だからこそ見せる事ができた、これこそ次世代ゲームかもしれないと思った。

 またクリアした後も、随所に隠された卵を見つけるなどの楽しみ方もあるが、私はそれに関係なくもう一度最初からプレイしてクリアした。
 ゲームと言うより、映像やその世界があまりに独特で、一本の映画をまた楽しみたい気持ちがあったので。

おまけ

 おまけの話。
 プレイしていると面白い現象に遭遇したので掲載。

20100803-05.jpg

 この写真のブロック、実は止まっている。普通にプレイしてブロックを落としたらこうなったので、すかさずデジカメを取り出して撮影した。
 これも先に書いた、重力に従った動きがあまりにリアルなため、こういう現象もまれに起きる。これもLIMBOの面白さの一つだと思う。

 間違いない事を証明するため、ムービーでも撮影した。





タグ:Xbox360 limbo review

posted by 司隆 at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。