2010年07月16日

FからCへ

 私は今まで、ネットブラウザとしてにFirefoxを長年使っていたが、先日からGoogle Chromeを使い始めている。
 使い始めたきっかけは、最大の特徴である「表示速度が速い」事、拡張も充実してきて、中にマウスジェスチャーの拡張があった事、そしてFirefoxに対してもの凄い「割り切り」をしたため。

 Firefox最大の特徴は、ネット上に数多く配布されているアドオンによって自由にカスタマイズができる事。
 でも反面、ブラウザ本体がバージョンアップするごとに対応しているかチェックしないといけない、アドオン同士の相性を含めた不具合など、管理が大変。もちろん、それも含めたカスタマイズが面白いのだが。

 でも、それをもの凄く割り切って、「ブックマークは新しいタブで開かないと駄目?」「最小化したらタスクトレイに入れないと駄目?」と考えていくと、便利な機能はいらず、Google Chromeでも十分と思うようになった。
 その代わり、どうしてもマウスジェスチャーだけは譲れなかったので拡張を入れた。

 使っていくと、基本は「新しいタブ→ブックマークかサムネイルから選択」という手順になったり、Firefoxは基本的に立ち上げっぱなしで使っていたけど、こちらは起動も早いので使わない時は終了させておくなど、概念から変えていく必要がある。
 でもその概念さえ変えれば、かなり手軽にシンプルな使い方ができるなと思った。
 ちなみにこのブログも、テストも兼ねてGoogle Chromeで書き込んでみた。

 ブラウザって10年前はIEの独断場だったけど、最近はどれも特徴があって、ユーザーの趣向に応じて選べるようになったのは面白いと思う。
 これで長年使っていたFirefoxを完全にやめるかは分からないけど、しばらくはこのGoogle Chromeを使っていこうと思う。


(2010.07.18 追記)
 結局、メインで使用するブラウザをFirefoxに戻したw

 というのも、フォームからの文字入力の時、ATOKの再変換機能(初期設定だと文字を範囲指定してSHIFT+変換)が利かないという問題があったため。
 私、現在はTwitterはクライアント使わずにブラウザで書き込んでるけど、これができないと何とも不便。ブラウザとして色々と割り切った上、入力まで割り切るかと考えて、結局戻った。

 これも、後のバージョンアップで改善されたらまた使う可能性はあるし、今回Google Chromeをじっくり使ったのは、機能的なものを見直すいい機会だったと思う。



タグ:Google Chrome

posted by 司隆 at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Internet
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。