2010年06月10日

昭和のおもちゃとマンガの世界展

 入院前日だった6月2日、こんな所に行っていた。

20100610-01.jpg20100610-02.jpg

昭和のおもちゃとマンガの世界 北原照久 大コレクション展
開催場所:大阪歴史博物館

 タイトル通り、おもちゃコレクターでTVでも有名な北原照久氏がコレクションした昭和のおもちゃなどの展示会。
 以前たまたま駅の広告で知って、面白そうだと思い行ってみた。

 館内は当然ながら撮影不可なので写真は無いが、中には昭和初期からとされるブリキのおもちゃ、マンガ、雑誌などその時代を語るものが大量に展示されている。
 その中にはマジンガーZの超合金、ドラえもんのガチャポンおもちゃなど、ぎりぎり私の世代や実際に持っていた物もあった。

 でも感想としては、正直、少し不満が残る。

 おもちゃってやっぱり、実際に触ったり動かして楽しむもので、ブリキのおもちゃも「こうやって動いていた」という解説が書かれているが、ガラスケースに入っている動かない物を見るだけなのは、やはり物足りない。
 何かガラスが大きな壁のようで、それこそよくある光景、ショーケース越しにおもちゃを欲しそうに見る子供のような気分になってしまった。

 そんな思いはあったものの、その時代がどんな物だったか、その移り変わりを見る事ができて楽しませてもらった。


 ちなみにこのおもちゃ展は、博物館の「特別展」に当たるが、これ以外に常設展という、歴史に関する資料の展示もある。
 この観覧料は、障害者手帳等を持っていると無料になると書かれているけど、特定疾患受給者証も有効、つまり私も無料で観覧できるそうな。
 私は今回こちらは観なかったけど、せっかく無料だし、次の機会に行ってみようかと思う。


20100610-05.jpg

 博物館入り口におみやげコーナーがあったが、せっかくだからと1つ小さいのを買ってきた。一緒に写っているメモリースティックは大きさ比較のため。
 おみやげコーナーは入場前にも見ていたけど、その時は特に買いたいと思わなかった。でも見終わったら1つくらいは買っておきたくなったという不思議。

 さらにもう一つ、

20100610-04.jpg

 展示されていた中に、ドラえもんのガチャガチャおもちゃがあったが、これは自宅で撮ったもの。私は小学生の時に買ってもらったものをまだ持っていた。
 これって結構貴重なものなんだなあと会場で思いながら見ていたという。そんな新しいものを見れたというか、そう言う意味でも楽しませてもらった。


posted by 司隆 at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trip / Travel
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック