2010年02月14日

Darwinia+ 起動デモムービー集

 先日、Xbox Liveアーケードで購入して進めているゲームがこれ。

20100214-01.jpg
Xbox LIVE アーケード - Darwinia+

 ゲーム内容は、シューティングの要素を持ったリアルタイムシミュレーションゲームといった所で、すでに書きたい事は色々あるけど、レビュー的なものはそれなりにやり込んでからにするつもり。
 で、今紹介したいのは、このゲームの起動時に出るデモ。これが数種類あって味のあるものばかりなので録画してみた。
 これを見ただけで、スタッフはレトロゲームやPCについてもかなりマニアックで、更に遊び心たっぷりというか、好きなものを作っているのが伝わってくる。

 ちなみに今回、ムービーをアップする所でいいのはないかと探して、zoomeに登録して使ってみた。広告が多いけど、無料で容量が多いし。

 今のところ、見つけたデモは以下の6種類。もしかしてまだあるかも知れないので、見つけたら追加していきたい。

(2010.2.19追記)
 レビューを掲載。

Darwinia+(2010/2/18の日記)


デモ01・Amiga



 3Dのオブジェが出る中、FM音源を思わせるレトロゲーム風の音楽が流れる。
 しかしここに流れるメッセージに「7年かけたけど、この曲は12分で書き上げた」とか、面白い事を書きまくってるw

 後になって、これは何の再現?と思って調べていたら、動きや音楽など、コモドールのAmigaをモチーフにしたと思われる。

デモ02・ZX Spectrum



 俺的に一番ウケたというか、こいつを録画したくなったきっかけ。レトロPC風の画面と共に、テープロードの音が鳴る。
 昔はこんな画面で「テープロード中」ってゲーム起動を待ったものだよなあ(以下昔話を延々したくなる)。

 このムービーも何の再現か調べたら、日本では発売されなかったためにあまり知られていないが、海外では広く普及して根強い人気のあったパソコン、シンクレアのZX Spectrumの再現らしい。

デモ03・Conway's Game of Life



 グリーンディスプレイの中でドットが広がっていく感じのデモ。
 これって、レトロPCに関する何かのパロディだったと思うのだが、元ネタを忘れた。

(2010.07.14 追記)
 天の声wで、これはライフゲームということが分かった。名前を聞いて私も思い出した。
 ライフゲームとは、Wikipediaの記事参照。隣り合うドットを法則に従って変化させると、このように不思議な影像を描いていくというものだった。

 余談だが、英語表記は「Conway's Game of Life」、Game of Lifeだけだと、ボードゲームの「人生ゲーム」と混合されるため、この表記だそうな。

デモ04・レイトレーシング



 3D画面だけど解像度が荒く、音楽の中にでビープ音のようなレトロPC風の音も混ざっていて、これが延々と流れる。どことなくレトロな雰囲気を出しているムービー。
 ちなみに音が割れているけど、どう調整しても改善できなかった。原曲でわざとこうしているかも知れない。

 これも、後になって適切な表現を探していたが、このような球体などの立体を計算によって描画する方法「レイトレーシング」がいいということで。

デモ05・Soul



 ピアノ曲をBGMに、ゆっくりと緑の魂(ゲーム中に出てくる)が昇っていく、静かでとてもいい雰囲気のデモ。

 このタイトルとして、「Soul(死者の霊)」という表記があった。確かにゲームでも、その意味で出てくる。

デモ06・マトリックス



 見れば一発で分かるというか、映画「マトリックス」のパロディ。


(2011.10.22 追記)
 ムービーをアップしていたサイト、zoomeが閉鎖されてムービーも消滅したため、twitvidに再アップ。

(2015/06/20 追記)
 twitvid(Telly)が動画アップロードサービスをやめたらしく、ムービーが消滅したので、YouTubeに再アップ

タグ:Xbox360 Darwinia

posted by 司隆 at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック