2006年02月28日

シューティングラブのDVD

 アーケードゲームの攻略DVD&サントラCDなどのマニアックな資料をまとめた「INSANITY DVD」シリーズの新作の情報を知ったのだが、次に出すのが、シューティングラブとなるとは・・・、さすがにこれは意表を突かれた。

http://www.tanomi.com/insanity/shootinglove.html
http://www.inhgroup.com/item/love/

 このゲームのメーカーであるトライアングルサービスは、HP上で「うちの会社がピンチです!買ってください!」とか書いてるし、まあとにかく熱意は感じられるメーカーである。
 私もトライジールをゲーセンでプレイしたことあるが、確かに熱意やシューティング好きというのは感じられるのだが、DC版は買わなかった。

 このDVDについては、ページ上のサンプル曲を聴いてみたら結構いけるし、アレンジ曲のアレンジャーは九十九氏にサイヴァリアの作曲を担当した人がいたりと、興味はあった。
 サントラのみで2〜3000円だったら買うかもしれないが、さて6000円(送料等込みだったら6800円ほど)も払うかは、う〜ん・・・。というところ。

 というわけで、興味のある方はどうぞ。

余談
・ページ中にある「某名作アーケードシューティングゲーム音楽を担当していたNAOTO氏による」と書かれているが、何のゲームを作曲したのかちょっと調べてみたら「このゲームでは?」というのはあったのだが、確証が無いので控えておく。

・「いまここにSS版『ガ○○○○○ィ○』やX68K同人STG『宇○船○7○○○○○』の秘密が明らかに・・・・!?」のところは、SSのゲームで「ガ○○○○○ィ○」は一つしかないのだが・・・、マジかよ。
 買おうかな(爆)。




posted by 司隆 at 20:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | Game
この記事へのコメント
暴露話、気になりますよね。
価格がアレなので購入に踏み切れません…。
九十九氏のサントラ(サンダーフォースX)は好みなので買いたいところですが。

次回はバクレイドにしてほしいなぁ。
200万エクステンドなのに、一面で1100万点を
超える脅威のゲームゆえに、腹を抱えながら見れそうなので。
Posted by 防御力:68 at 2006年02月28日 21:45
確かにその辺も興味あるのですが、
アレンジと裏話では、6000円の購買意欲には届かないというのが
正直なところです。

ページにあるムービーを観て、安地であったり稼ぎであったり、
シューティングの要素はいろいろあるみたいですけどねえ。
Posted by 司 隆 at 2006年03月01日 15:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。