2006年02月26日

ミニIBD講演会

 今日、大阪の扇町で「ミニIBD講演会」と題するIBDに関しての講演があり、外出してそれに参加していた。私と共に、親父も一緒に参加した。

 講演の内容は、潰瘍性大腸炎(UC)について1時間、クローン病(CD)について1時間、その後は「IBDキャンパス」と題する相談会・交流会として、参加者と主催しているJ-IBDのメンバーとが集まってのディスカッションというものだった。

 UCとCDについては、この病気はどんなものであるかということから始まって、患者の年齢層などの現状について、現在の療法、海外の現状、各臨床試験の結果により、今はこの治療法が有効とされているなどの話が主だった。講義をされた方は消化器内科の先生なので、内科治療としての話だった。
 中でもCDについては、治療法の一つであるレミケードについての話が長く、後の質疑応答でも、参加者からレミケードに関する質問も多かった。

 この講義については、正直言うと、本やインターネットなどをくまなく調べれば得られる内容かも知れない。でも、こういう「直接人の話を聞く」という形で、読んだり調べた限りでは得られなかった(見逃していた)内容も知ることができた。
 また、私にとって直接役に立つかは何とも言えないが、UCに関する基礎知識も得られることができたので、何かと勉強になったと思う。

 その後のディスカッションであるが、いくつかの少人数のグループに分かれて、IBD暦の長い方も短い方(やはり私が一版短かったのだが)も集まって話をした。
 この病気に関する話と共に、私も今年手術して、今も入院中で外出して来ているということも話したり、いろいろと思うことを気軽に話すことができた。

 いろいろと知ることができたり、楽しめた講演会だった、参加して良かったと思う。

 余談だが、今回の講演会のために、ICレコーダーを購入していて、今回全部録音した。
 こいつはパソコンとつなげて音声データとして取り込めるもので、今回録音したものをCDに焼いて保存しておくつもりだった。
 それで病院に戻って取り込もうかと思ったら・・・、接続ケーブルを持って来るのを忘れた(死)。ケーブルは、親父の手元にある。
 また連絡して次に来る時に持って来てもらうが、それまでパソコンに取り込めないのだった。




posted by 司隆 at 19:30 | Comment(5) | TrackBack(0) | Crohn(クローン病)
この記事へのコメント
入院中なのにご苦労さまでしたね。
私は講演会とか出席したことがないのです。
なぜか参加しにくいんですよね(^_^;)
Posted by くろーん調理師 at 2006年02月26日 21:46
お久しぶりです。術後の経過良いようでなによりです(^v^)
病気の事、前向きに向き合ってるようでブログを読んでとても頑張られてると感じました。
いろんな事がありますが、私も司さんに負けないよう頑張ります!
Posted by Little river at 2006年02月27日 12:53
IBDキャンパス、良かったみたいですね。ネットで書くのも発散できますが、実際にあって話を聞いてもらったり、聞いたりするとまた別のカタルシス(?)がありますよね。
Posted by くろーん40 at 2006年02月27日 16:54
講演会、おつかれさまでした!
外出許可をもらってまで行くなんて、素晴らしいですね♪体調は大丈夫でしたか?私のイメージでは、クールな印象の司さんですが、今回は、「熱い」ものも、感じたり。
Posted by oyukkie at 2006年02月27日 18:31
くろーん調理師 さん
 講演会は確かに良かったのですが、ネットや本などの情報を詳しく調べていて、
さらに交流の機会が多ければ、講演会という形でなくてもいいかなとは思います。

 私もこれからいろいろ交流の機会とか増やしてって、楽しむと共にいろいろと
知れるようになりたいです。


Little riverさん
 これについては一生付き合うことになりますからね。いろいろと考え方を
変えていかないといけませんから。

 そちらもいろいろと大変かとは思いますが、お互いがんばりましょう。


くろーん40さん
 そうですね。ネット上の知人とオフは何度もやりましたが、ネットの書き込み
だけでなく、直接話をすると、また違ったものが得られるものだなというのを
改めて感じました。

 大阪だけでなく、皆さんとそういうことができる機会があればまた楽しいかと
思います。


oyukkieさん
 というか、外出したかったしw

 クールというか、私の場合、はしゃいでしまうといろいろあったので、
押さえているというか、といったところですけど。
 oyukkieさんのように、明るく書いて楽しませるようになれば
いいんですけどね。
Posted by 司 隆 at 2006年02月27日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。