2009年12月31日

バタバタした大晦日

 さて、今現在、私も人並みに紅白を見ながらのんびりしているわけだが、もうすぐ新年を迎えると言う事で、最後の日記を書いてみようと思う。

 大晦日の日は、例年のように特に何もせずのんびりと…、と言うわけにはいかなかった。

 昨日あたりから、親が高熱を出してしまい、一晩明けても下がらない。この時期なので何軒かの救急病院に電話するが、診察はまるっきり無理という感じの対応。
 ネットで調べていたら、市が休日のための救急医療センターを設けている事を知り、電話したら何とか行けそうなので、車で送って診察。薬をもらって何とか一段落。

 自分が救急で運ばれた事もあったけど、その時はかかりつけの病院があったし、救急についての問題は色々と聞いていたが、こういう形で実感するとは思っていなかった。
 でも今回は、家族ぐるみで情報調べたり行動したので、どうするべきかオロオロするだけなんて事もなかったので、家族のありがたみを改めて味わう事になった。
 また、市がこう言う窓口を設けていなかったら、正直どうなっていたかという気もする。いざという時のために、こういう情報などをちゃんと控えておくのも大事だなと思う。


 そんなバタバタした大晦日だったが、何とか年越しができるということで、

 皆さん、良いお年を〜




posted by 司隆 at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Life / Food
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。