2009年11月21日

インディーズゲーム15・購入済のお気に入り Part 3

 まとめはこちLink

 正直、最近はインディーズゲームをやっていない。そろそろ体力尽きた感w
 まあこういうのは、好きな時にやって好きな時に止めればいいわけで、また気が向いたら再開する。
 という事で、インディーズゲームのまとめとして、今まで購入したものを掲載。プレイして、一発で「オオッ」と思ったものを購入している。

Dark
 ジャンプアクションゲーム。分かるのはそれだけで、何をすべきかなどが全く伝えられない。
 真っ暗な中にプレイヤーだけが映り、とりあえず移動するとオブジェがある。それらを押したり乗る、取るなどして進めていく。言葉は一切無く、独特な映像とオブジェで伝わって来る。まさに「感じ取る」ゲーム。

 でもこれにはスコアが無く、ドットのようなものを取るけどほとんど意味がない。更に面数も少ない、クリアしても何も語られなくて謎だらけ。だからゲームと言うには微妙すぎる。
 引き込まれる反面、色々な所で中途半端な印象を受ける。インディーズゲームらしいと言えばらしいが、この方向でもっと規模の大きなゲームとして出たら凄いものになるのでは、と思った。

Trino
 1画面アクション。三角形を作れば中に入った敵を倒せ、特定のアイテムを集めてから画面端のポイントを押さえれば面クリア。

 最初は簡単だが、自機を追いかける敵が出てから本番で、各面ごとに囲める数が増えるなどパワーアップしていき、また特定の敵に対してはタイミングや囲み方などの戦略が必要になる。
 まさに、進めば進む程深さを見せてくれて楽しませるゲーム。

かいてんパティシエ!
 画面の回転を利用したパズルゲーム。
 若干のタイミングが必要だけど、パズルとしての難易度も高くなく、面セレクトでどこからでも始められるし、時間的な制限はないので、じっくり楽しめる。

 ただ気になった所は、操作が「A:回転、B:ジャンプ、Y:メニュー」となっている所。DK Alphaさんのゲームは一貫してこの操作で、こだわりと言えばこだわりかもしれないが、少々使い辛い。
 キー配置が特殊なら、キーコンフィグが欲しいのが正直な所。




posted by 司隆 at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。