2009年09月20日

インディーズゲーム8・色、色々

 まとめはこちらLink
 ある程度共通の物があったらそれをテーマにまとめてるけど、最近共通点が無くなってきた。もう単にシューティングとかでまとめようかな、でも後で探しにくくなるし(私自身が)。

 そんなわけで、今回は「色」でまとめてみた。敵やターゲットなどに色の属性があって、切り替えないと進めないと言うもの。
 Xbox360パッドに付いてる4つのボタンは色分けされているので、それに対応した物が多い。

 属性があって撃ち分けるというルールは、一般ゲーマーとしては音ゲーをイメージするだろうけど、個人的はにはどうしても「斑鳩」を連想する。


PyroManic - Solo
 上から落ちてくる4色の玉を撃ち分ける、シューティングと音ゲーを一つにしたようなゲーム。
 BGMのノリ、連射で破壊したり面クリアしたら豪快にコインが降ってきたり、テンポの良さや爽快感が最高。
 インディーズゲームでは、久しぶりに一撃で気に入った。近いうちに購入予定。

Octagon
 全方位シューティング。
 4種類の色の属性を使って敵を倒すもので、溜め撃ちなどを使ってまとめて破壊すると高得点。
 またネット対戦もできるようなので、まとめ撃ちを把握できれば面白そう。

Color Break
 パドルでボールを打ち返すゲームだが、4つのボタンで色を変えて当てないといけない。
 何色かのボールが連なって来るので、テンポ良くボタンを押す所もある。この辺は音ゲーのような感覚。

Bennu
 ワイヤーと色の属性でブロックを消していくパズルアクション。
 色と言うより、操作が特殊なので、それに慣れるかによって面白さが全く変わると思う。

Duologue
 2色の属性を使い分けて敵を倒す、全方位タンクシューティング。
 ボタンはL・Rトリガーで撃ち分けるが、適当に2色両方を撃ちまくれば簡単に進めたり、敵によっては自機を動かさずにいたら攻撃もされずに無限ループになるという仕様w
 それはともかく、属性を分ける工夫が足りない気がする。




posted by 司隆 at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。