2009年08月30日

Wiiウェア・THE密室からの脱出

 またダウンロード購入でやっていたゲーム。
 もう最近、パッケージのソフトを全然買っていないのだが。まあ、この配信が充実しているからで、実に嬉しい事。

20090830a.jpg

WiiWare @SIMPLEシリーズVol.4
THE密室からの脱出

 上のリンク先は公式ページで、PCでできる体験版もあるので、実際触ってみるのもいいかと思う。ちなみにWiiウェアのものは、体験版と謎が全く違う。


脱出ゲームとは

20090830b.jpg

 ゲーム内容は、「ベランダで窓も閉められて閉じ込められてしまった!」と、その場にある様々な物を取ったり利用して脱出するゲーム。STAGE1〜3までの3部構成だが、全てを通して1本のストーリーになっている。
 場所が限られているし、制限時間もスコアも無い。本当に「謎を解く」だけのゲームで、じっくりと進められる。

 またWiiらしく、場面によって「リモコンを動かす」が必要な場面もある。イベントがあって動かせと指示が出る所もあれば、いきなりリモコンを振らないと反応しない場面もあるので、色々な場面、オブジェ、セリフから判断しないといけない。


クリアした感想
 実は、STAGE3の中盤くらいまでは全く自力で進めていたのだが、最後は少しネットの力を借りてしまった。それで色々言うのもアレかもしれないけど。
 感想を言うと、謎解きは面白かった。ただストーリーは、STAGE2から急に理不尽になって、ラストは呆れ返ってしまった。
 ネットの力を借りてしまったのは、ラスト近くでストーリー的にかなり嫌な気持ちがあったので。

 ただ、その理不尽なストーリーも謎やトリックに組み込んでいるのは面白かったが、STAGE3は色々なオブジェが多すぎて、どこに謎があるかの特定すらしにくかったり、何とも煮え切らない気持ちになった。

 という事で、要素によって満足度が違うのが正直な感想。点数で書くのは好きではないので、次のような書き方をするけど、

謎解き:やや満足
ストーリー:最悪
総合:やや不満

 だろうか。また、500円のソフトだから、
コストパフォーマンス:満足

 と、個人的には思う。


アドベンチャーゲームについて思う事
 ついでに書くけど、アドベンチャーゲームについて。

 アドベンチャーゲームって、PCゲームとして80年代はブームで、それからはサウンドノベルなど別のジャンルができたり、アダルトゲームなどの形式の一つにはなったけど、こういう純粋に謎を解くだけのものは、一時はほとんど見られなくなった。

 それが今になって、「脱出ゲーム」という一つのジャンルになっているのは、何とも面白いというか、当時プレイした者にとって、新作をできるのはうれしい。
 書いた通り、このゲーム自体は少々不満だったけど、これができた事はうれしいし、また別のゲームもやってみたいと思う。

 あーでも、またスケールの大きいアドベンチャー出ないかなあ、デゼニランドくらいの。
(↑贅沢な要望)




posted by 司隆 at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Game
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。